コロムビア ポータブル蓄音機 グラフォノーラ 1930年代

コロムビアの
ポータブル蓄音機
グラフォノーラです。

回転の安定性や静寂性に優れ、
スタート、ストップのメカニズムも
気持ち良く作動します。
1930年代の物とは
思えないくらい綺麗で、
大切に扱われてきたことがわかります。

サウンドボックスの音は、
やや音域が狭く感じますが、
管楽器の乾いた音は、
なかなかリアルに表現してくれます。
それほど大音響でないところも、
実直なコロムビアらしい気がします。
ビクターのビクトローラとは
違った魅力を感じさせてくれる
名機です。

グレン・ミラー楽団の
『スター・ダスト』を
SP盤で鑑賞しました。


[広告 ] VPS


コロムビア ポータブル蓄音機

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

楽しいコーナー

keiai様、始めまして。

Bravo!

とても良かったです、最後の方でジリジリの音がかすかに。
なんと懐かしい音でしょうか。
なかなか楽しいコーナーをお持ちですねv-218

また私のサイトにも遊びにお越しください。

No title

一気に読ませていただいております。
と、同時に同じようにアナログ音を追及する者として、
レベルのちがいに
気持が萎えそうです。

蓄音機とグレンミラーのジャケットとSPレコードの音質、
なんというぜいたく。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク