オンキョー コンピューター・コントロール・ターンテーブル PL-500R 1980年代

オンキョーPL-500Rです。

上蓋には、ダイレクト・ドライブ・
コンピューター・コントロール・
ランダム・サーチ・ターンテーブル
PL-500Rと記載されています。

この前、コストダウンと軽量化の
極めつけみたいな、
機械仕掛けのフルオートプレーヤー、
オンキョーPL-33Xを紹介しましたが
(「オンキョーPL-33X」で
Google検索可能)、
やはりこの頃はオンキョーも
ダイレクト選曲ができる
プレーヤーを作っていました。

さて、入手したPL-500Rの不具合は、
電源を入れ再生ボタンを押すと、
ターンテーブルは回るものの、
トーンアームが動かない
いつもパターン。
駆動ゴムベルトの劣化が原因なら
楽勝と中を見ると、
リニア方式ではなく
スイングアームなので、
ゴムベルトは使っておらず、
やはりPL-33Xと同じように
ギアを使った機械仕掛けでした。

よく見ると、
モーターの回転運動をトーンアームの
スイング運動に変換するギアが割れて、
空回りしていました。
一番頻繁に使う部分が最初に壊れる、
世の常です。
この小さなギア一個の破損で、
このプレーヤーの優れた機能は
一切使えなくなります。

割れたギアを接着して
復元しようとしましたが、
半分はバラバラでうまく戻りません。
お蔵入りしている類似機種を
調べてみましたが、
使えそうなギアはありませんでした。

ホームセンターに行く度、
何かいい物がないかと
代用品を探していました。
そしてついに見つけました。
ねじ頭に滑り止めのギザギザの
プラスチックが付いたねじです。
このプラスチック部分が大小色々あり、
破損したギアに近いサイズもありました。

ねじを外しプラスチックだけにして
中心に穴を開ければ、
このギザギザの凹凸がうまくかみ合い、
ギアの代用として機能しました。

我ながら良いアイデアでした。
「私の裏技」認定にしましょう。

SANY0570_convert_20120520195512.jpg

SANY0569_convert_20120520195422.jpg

DDモーターやカートリッジは良好で、
オンキョーらしい誠実なレコード再生を
高音質で楽しむことができました。

同じ1975年にリリースされ、
ジャケットも偶然同じ構図の、
2人のギタリストの
アルバムを鑑賞しました。

一枚は、
ジェフ・ベッグの
「ブロウ・バイ・ブロウ」で、
その中から『哀しみの恋人達』、

もう一枚は
寺内タケシのベスト・アルバム
「いとしのエリーナ」で、
『君といつまでも』、『キャラバン』、
『10番街の殺人』を聴きました。

当時、このジェフ・ベックの
ソフトなのにハードなサウンドには、
すっかり魅了されました。
ピックを使わない奏法は、
YouTubeで今見ても
目が釘付けになります。

日本におけるエレキブームの
最高の功労者は、間違い無く
寺内タケシです。
ベンチャーズ、加山雄三の功績にも
敬意を評し選曲しました。

(高画質でアップしたら重過ぎて
途中で切れるようなので、
低画質で再アップしました。
音声はそのままです)


[広告 ] VPS


P1150027_convert_20120520195645 2

P1150252_convert_20120529142421.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【オンキョー コンピューター・コントロール・ターンテーブル PL-500R 1980年代】

オンキョーPL-500Rです。上蓋には、ダイレクト・ドライブ・コンピューター・コントロール・ランダム・サーチ・ターンテーブルPL-500Rと記載されています。この前、コストダウンと軽量化の極めつけみたいな、機械仕掛けのフルオートプレーヤー、オンキョーPL-33Xを紹介しま...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっとテーパーがあるようですが問題なく動いてますね。パチパチ。それにしても割れてしまったギアの変色っぷりはすごいですね。他とは別の素材なのかな。

Re: No title

JackDさま

本当に凄い変色で、完全に変性していましたが、他のギアと
同じ素材のようです。
使っていたグリスや保管場所に問題があるのかも知れませんね。
グリスが固まって、支柱にギアがくっついていました。
最新のブルーレイレコーダーも、フロントローディングのものは
皆こうしたプラスチックのギアが多く使われているでしょうから、
いずれみんな似たような運命になりそうですね。

コメントありがとうございました。

寺内タケシ

彼は「エレキの神様」の称号のわりに現代の日本では過小評価気味ですが、その日本的なサウンドはむしろ海外のほうで高く評価されており、このジェフ・ベックも寺内氏を敬愛する一人です。このジャケットはポージングがそっくりなのが面白いですね。

でも何と言っても特筆すべきは、クイーンの「ブライトン・ロック」でのブライアン・メイのギターソロです・・・彼もまた親日家として有名ですが、間奏のギターソロがどこをどう聴いても「津軽じょんがら節」そのものなのです。

Re: 寺内タケシ

まも様

まも様もギター小僧でしたね。(笑)
クイーンのレコードをまも様所有の
ヤマハYP-D7で聴いたら、
70年代に一気にタイムスリップしますね。

やはり寺内タケシのような正確なピッキングが、
ギターの神髄なんでしょうね。
考えてみれば三味線はノンフレットですから、
究極のテクニックですよね。
津軽の荒波が見えてくるような、
津軽三味線の表現力も素晴らしいですね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク