コロムビア ポータブル・レコードプレーヤー SE-8 1970年代

コロムビアの
ポータブル・レコードプレーヤー
SE-8です。

赤てんとう虫のタイプを
1台所有していますが、
新たに緑てんとう虫タイプを
入手しました。
以前アップした映像は
「コロムビアSE-8」
でグーグル検索できます。
(「およげ!たいやきくん」を再生)

2台並ぶと楽しさも倍増します。
色や形など、
どこか今の時代にもマッチしています。
遊び心というのは、
いつの時代も
変わらないのかも知れません。

懐かしいアニメソングを
聴きたくなりました。
コロムビアの
「テレビまんがヒットシリーズ」より
『アタック№1』と、
『ひみつのアッコちゃん』、
『すきすきソング』を鑑賞しました。

どちらのアニメも1969年に放送され、
レコードも当時のものです。
子ども達が好んで
聴いていたレコードは、
ジャケットもレコード盤も
ほとんどが傷だらけで、
針がジャンプするものもあります。
このレコードはきっと、
しずかちゃんみたいな
物静かな女の子が聴いていたのでしょう。
とても良い状態でした。

『アタック№1』は
大杉久美子のパンチの利いた歌声が、
アタックする鮎原こずえと
ぴったり合って記憶に残りました。

『ひみつのアッコちゃん』は岡田恭子が、
『すきすきソング』は水森亜土が
歌っています。
共に、井上ひさし作詞・小林亜星作曲です。

子どもたちを惹きつける
インパクトのある名曲です。
亜土ちゃんの歌声は、今聴いても新鮮です。


[広告 ] VPS


アタック繧ウ繝ュ繝?繝薙いSE-8縲?P1130490_convert_20120224043739

P1130499_convert_20120226132004.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニソン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【コロムビア ポータブル・レコードプレーヤー SE-8 1970年代】

コロムビアのポータブル・レコードプレーヤーSE-8です。赤てんとう虫のタイプを1台所有していますが、新たに緑てんとう虫タイプを入手しました。以前アップした映像は「コロムビアSE-8」でグーグル検索できます。(「およげ!たいやきくん」を再生)2台並ぶと楽しさも倍?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

緑バージョンってあったんですね~。なんか赤のイメージがあります。特に回転ムラとかも感じませんし長生きな機械ですね。

納豆売りって記憶にないですね。自転車での豆腐売りはガキの頃まだいましたけど。

コメントありがとうございます

JackDさま

時代を超えて愛され続けている製品には、
必ず作り手の製品に対する愛情みたいなものを
感じる所があります。
このてんとう虫もデザインだけでなく、使用してみると
内部のパーツひとつひとつの品質の良さを実感します。
きっと作り手達が、楽しみながら丁寧に製作したのでしょう。
職人のプライドまで感じる逸品です。

コメントありがとうございました。

No title

お初です^^
あまりにも懐かしく
そして緑タイプがあったなんて知らなかったので
思わずTwitterで紹介させていただいちゃいました!!!

アカウント
@noguoyu

コメントありがとうございます

のぐぞう様
色々なジャンルのレコードを、色々なプレーヤーで再生しています。
リラックスタイムに、ワインでも飲みながら楽しんで頂ければ幸いです。
コメントありがとうございました。

てんとう虫プレーヤー

これ、欲しかったんですよー(笑)

可愛くて優秀なデザインですよね。

緑色があったなんて知りませんでした。
確かにアニメソングとかが似合うかもです(≧▽≦)

Re: てんとう虫プレーヤー

じゅんいち様

おはようございます。

グッドデザインの製品ですね。
眺めているだけで
気持ちも明るくなります。

ヒットしたアニメは、
主題歌も名曲が多いですね。
朝、ラジオを聞いていたら、
バレーが話題になっていて、
女性、子供のスポーツとして考案されたと
言っていました。
この「アタックNo.1」が中高生のバレー人気の
火付け役になった功績は大きいことでしょう。
「だって涙がでちゃう、女の子だもん…」
という歌中のセリフは、
相田みつをに通じる名言かも知れません(笑)。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク