ダイヤトーン うす形オーディオ・システム・たてコン X-1000  1978年製

ダイヤトーンの
うす形オーディオ・システム
「たてコン」X-1000です。

前回アップした動画は
「ダイヤトーン X-1000」
でグーグル検索できます。

すっかり
「お気に入りプレーヤー」になり、
我が家への来訪者には必ずこの機種で
レコード鑑賞してもらいます。

「たてコン」は
スピーカーは別売になっていて、
大小色々なタイプが選べたようですが、
やはり高さや奥行が同じこのSS-1000が
最もバランス良く、
完成された美しさを感じます。

カートリッジを
オルトフォンに変えてから、
さらにレコード鑑賞が楽しみに
なりました。

ビル・エヴァンスのLP
「ポートレイト・イン・ジャズ」から
『降っても晴れても』、
『枯葉』(1959年録音)と、
モダン・ジャズ・カルテットの
LP「ジャンゴ」から
『ジャンゴ』(1954年録音)
を鑑賞しました。

是非、コーヒでも飲みながら
ヘッドホン又はイヤホンで
お聴きください。

あなたの部屋が
ジャズ喫茶に変わります。 


[広告 ] VPS


P1130399_convert_20120126185246.jpg

P1130437_convert_20120128193639.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モダンジャズはそれほど昔と進行が変わらないので今聞いても古くないですね。Fantastic !  まあ、新しい音はフュージョンになっちゃうのか。

コメントありがとうございます

JackDさま

とても心地良いサウンドですね。
こういう寒い季節に聴くと、ちょっと胸の奥の方が
温かくなっていいですね。
最近「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」が
隔週刊で発売になりましたが、〝お決まり〟で創刊号のみ
購入しました。
その一曲目が「枯葉」でした。奏者の個性や表現力を
聴き比べるのも、ジャズの楽しみですね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク