パイオニア ステレオ・レコード・プレーヤー PL-C7 1980年代

パイオニアの
ステレオ・レコード・プレーヤー
PL-C7です。

この前紹介したパイオニアのPL-X9と
ほぼ同規格のボディで、
パッと見ただけでは見分けがつきません。
(本ブログの検索フォーム
『パイオニア』で関連機器の検索可能)

プログラム選曲機能が無いので、
PL-X9のような8個の選曲ボタンが
フロントにありません。
操作ボタンは、
スタート・ストップボタンや
リピートボタンなどシンプルです。

ところが、内部を見るとその違いは
歴然としています。
PL-X9のように隙間なく詰まっていた
プリント基板は見当たらず、
むしろスカスカという感じです。
プログラム選曲機能や曲間を
検知する機能のための回路が、
いかに複雑かがよく分かります。

仕様も随分異なり、
ダイレクトドライブではなく
ベルトドライブだったり、
トーンアームも
フロントローディングする
ターンテーブルにギアをかませた、
機械仕掛けでの駆動だったりします。
つまり極めてアナログ的です。
それでも正確に作動しています。

当初ジャンク品として、
不動の状態で私の所にやって来ました。
例によって原因はスライドテーブルの
駆動ゴムベルトと、ターンテーブルの
駆動ゴムベルトの劣化です。
交換時の様子を動画で
アップしておきました。

メーカー側では、
こうしたゴムベルトを何年位の
耐用年数と想定していたのだろう。
交換することを前提にして
いないような、一番奥まった所に
設置されている設計を見ると、
ゴムの品質に相当自信があったと
想像します。

ちなみに、
ターンテーブルの駆動ゴムベルトは、
一般的なプレーヤーでは二つ折りにして
30㎝位のものが多く、
使っていないプレーヤーから
借りてくることもできますが、
このPL-C7では
二つ折り25㎝位と短く、
30cmのものではゆるゆるで
代用できません。
仕方なく市販のゴムバンドの
長めのものを、2本つなぎ合わせて
使用しています。
接着には瞬間接着剤を用いますが、
重なり部分が厚くならないように、
あらかじめ接着面のゴムを半分の厚さに、
ダイソーの電池ルーターを使い
削ぎ取ってから接着しています。

スライドテーブルの駆動ゴムベルトは、
普通の輪ゴムで代用できます。

もちろん駆動ゴムベルトは、
純正のものが一番安定していて安心です。
自作ゴムベルトはやはり厳密に言えば、
少々ワウが出てしまいます。
まあ、それも愛嬌ですが・・・。

マイケル・ジャクソンの
ピクチャーレコードを入手しました。
絵は良いのですが
音が今一つ良くありません。
PL-C7はむしろEP盤の方が
様になる気がしますので、
ジャケットもカッコイイEP盤で
『ビリー・ジーン』と
『ビート・イット』を鑑賞しました。
共にマイケル・ジャクソン作詞・作曲、
1983年のヒット曲です。


[広告 ] VPS


繝代う繧ェ繝九いPL-C7+033_convert_20110825062836[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PL-X9って7月にお会いした時にちょっとお話したびっちりメカが詰まっているプレーヤーですね。たしかにあれと比べるとちょっとシンプルな感じですね。まあ、修理ならこっちの方が楽でしょうけど(笑)。

音は似たような雰囲気かな?いい感じです。

いつもコメントありがとうございます

JackD様
いつもコメントありがとうございます。

確かにPL-X9よりも分解しやすいのですが、
ターンテーブルの駆動ゴムベルトの本当の長さが
分からず、長短いくつも作ってチェックしました。
長さが変わると、モーターへのテンションも変わり
回転速度まで変わってしまいますので、その都度
回転速度を微調整します。これが結構手間です。
そして、最も安定する長さのベルトで録画しました。

ですからやっぱりダイレクトドライブの方が、そういう
わずらわしさがないだけ楽かも知れませんね。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク