テクニクス DD・オートマチック・ターンテーブル・システム SL-6 1982年製

私の『お気に入りレコードプレーヤー』
第4位は、
テクニクスのダイレクトドライブ・
オートマチック・ターンテーブル・
システム
SL-6です。

フルオートで、
10曲プログラム選曲など
便利な機能を備え、
しかもLPジャケットサイズのボディに
スリムにまとめ上げた、
テクニクス自慢の
レコードプレーヤーです。

〝コンサイス〟という
コンポのプレーヤーで、
レシーバやイコライザなど、
同じジャケットサイズで
多種類の組み合わせを楽しめます。

針のみ新品に交換しましたが、
プラグインコネクタタイプの
MMカートリッジは、
とても美しい音質を聴かせてくれます。

SA-K6WというFM/AM・ステレオ・
ダブルカセット・レシーバも
なかなかの優れもので、
シンクロ録音やマイクミキシングなど、
必要な機能は全て揃っています。
これ以上絶対にコンパクトにできない
という限界にチャレンジしている
感じがします。

以前、SL-D4というプレーヤーと
接続した所をアップしましたが
(「SL-D4 アニー」で
グーグル検索可能)、
SL-6とも相性が良く、
元々はこの組み合わせを
推奨しているようです。
とにかくトータルでグッドデザインです。

セット物のスピーカーでも
十分楽しめますが、
今回は少し大きめのスピーカーに
接続して聴いてみました。
クリアーなサウンドに
重低音が加わって、
音の深みがさらに増します。
「凄いぞ!テクニクス」って感じです。

スペイン出身の世界的ラテンシンガー、
フリオ・イグレシアスの
1982年のアルバム
「愛の瞬間」から、
ラテンのスタンダードナンバー
『ラ・パロマ』と、
大ヒットした『黒い瞳のナタリー』を
鑑賞しました。

フリオ・イグレシアスが
テクニクスのCMに出ていた時の、
懐かしいカタログが
出てきましたので
一緒にアップしておきます。

もう一つ、
ボストンと並んでアメリカン・ロックの
一つのスタイルを作ったTOTOの、
1982年のアルバム
「TOTOⅣ 聖なる剣」から、
『ホールド・ユー・バック』と
『ロザーナ』も鑑賞しました。

ジャンルは違っても、
どちらもまさに80年代のサウンドです。


[広告 ] VPS


繝・け繝九け繧ケ縲?SL-6+033_convert_20110725210708[1]

繝・け繝九け繧ケ縲?SL-6+043_convert_20110725210919[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはまたコンパクトですね~。SL-D4が厚ぼったく見えてしまいます。

TOTOは、いまだによく聞きますよ。まあ、移動してる時ですけどね。♪あい ぶれす ざ れいんず だうん いん あ~ふりか~
商業ロックとか悪口を叩かれましたが今にして思えばプログレと商業ロックのいいとこ取りみたいな感じですよね。

コメントありがとうございます

JackD様
やはりヒットした曲は、時間をかけて丁寧に作っていることが
感じられますね。まさに一つの作品として完成していて、無駄な
音がありません。
レコードプレーヤーも、作り手のこだわりみたいなものを感じられる
機器、丁寧に作っているなぁと感じられる機器は、後々まで
残っていますね。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク