パイオニア フルオートマチック・ターンテーブル PL-X9 1980年代

パイオニアの
フルオートマチック・ターンテーブル
PL-X9です。

『パイオニアPL-X9』
でグーグル検索すると、
以前アップしたハイファイセットの曲を
再生した映像が見られます。

ところがその後、
このPL-X9が突然
機能停止してしまいました。
古いオーディオ機器の
寿命みたいなもので、
記録映像を残したものは、
あまり無理せずお蔵入りにしています。

ただ、非常に良い製品なのでその前に、
この機器を生かして修理できそうな
同タイプのジャンク品を探していました。
それがようやく
ネットオークションに出品され、
1000円で入手しました。

PL-X9はとても完成度の高い機種で、
高機能を維持しつつ極限まで
コンパクトに設計されており、
作り手の熱意をひしひし感じます。
ところが、ひと度修理しようとすると、
パズルのように交錯した基板や
配線や部品が大きなネックとなります。

ジャンク品の不具合は、
フロントローディング式の
ターンテーブルが動かない点で、
テーブルが出てこないと
全くレコードを再生できません。

ズシっと重いターンテーブルを
頻繁に出し入れすることは、
駆動モーターやゴムベルトには
かなりの負担がかかると思われ、
このあたりの不具合が多いようです。

今回は、
スライドテーブルを動かすための
ゴムベルトの交換手順を
録画しましたので、
同タイプのジャンク品の修理を
自分で行いたい方は
参考にして頂きたいと思います。

さすがに
ジャンク品のMCカートリッジの針は
完全に摩耗し、
レコード盤の上をスケートしていました。
使っていない他機種の
カートリッジの針のみ切断し、
PL-X9の針先に瞬間接着剤を介して
ラジオペンチで圧接し移植しました。

こういう荒っぽい裏技でも
十分機能します。

繝代う繧ェ繝九いPL-X9縲

再び作動したPL-X9で、
1978年公開の角川映画
「野性の証明」(監督・佐藤純彌)の
主題歌『戦士の休息』
(作詞・山川啓介 作曲・大野雄二 
歌・町田義人)と、
日本映画の大作「犬神家の一族」から
『愛のバラード』と、
「砂の器」から『宿命』を鑑賞しました。

「野性の証明」は薬師丸ひろ子の
デビュー作ですが、やはり〝健さん〟
(高倉健)の映画です。
何を演じさせても
〝健さん〟は〝健さん〟です。

1976年公開の「犬神家の一族」は
角川映画第一回作品です。
監督・市川崑、音楽・大野雄二で、
主演の石坂浩二はまさにはまり役です。

1974年公開の「砂の器」は
監督・野村芳太郎、脚本・橋本忍、
山田洋次、音楽・芥川也寸志で、
劇中で演奏されるピアノ協奏曲を
菅野光亮が作曲しています。
丹波哲郎の好演が印象的です。

共に、映画を勉強する人には
バイブルとなるような作品だと思います。
そして、どちらも音楽が味わい深く、
作品をしっかり引き締めています。

日本映画の黄金時代。
質の高い大作が
次々に公開されていました。
私も休日はいつも
どこかの劇場に座っていました。


[広告 ] VPS


繝代う繧ェ繝九いPL-X9縲
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画音楽
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

LPレコードぎりぎりのサイズのようですし、なんか小さくみえますね。

映像でもおっしゃってましたがアレを交換するだけでほぼバラバラにしないといけないってのは設計上まずいですよね。劣化が簡単に想像できるモノだし。

βのビデオデッキをいくつか持ってますが一台を残してフロントローディングでビデオテープを送り込むパーツが折れちゃってカセットが取り出せなくなっています。原因はわかってるんですが分解が複雑すぎてできません。しくしく。あんな力がかかるパーツをプラで作るなよ。

No title

コレクション、平気でした?私んトコロは未組立の箱が倒れたぐらいで被害はありませんでした。犬はひどく怖がってますが…。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク