ベアード社 ポータブル・プレーヤー  ワンダーグラモ 1960年製

イギリスのベアード社製、
ポータブル・レコードプレーヤー、
ワンダーグラモです。

1960年に、
すでにこんなにコンパクトでオシャレな
ポータブル・レコードプレーヤーを
作っていたことに驚きました。

ベークライトのボディに
ゴールドに塗装されたアルミの
上蓋やトーンアームが、
デザイン的にも斬新でハイセンスです。

針もモーターも
スピーカーも生きており、
かなり保管状態が良かったとみえ、
目立った傷もありません。

単2電池4本で駆動します。
モーターによって回転した
本体のアイドラーと
上蓋のアイドラーでレコードを
はさみ込み半固定状態にします。
上蓋の重さとトーンアームの重さが
バランスをとり、
傾いたりしないようになっています。

当初、アイドラーとレコードの
接触が悪く、
うまくレコードが回転しませんでした。
接触圧を調節するスプリングを代え、
モーターのトルクを上げることで
解決しました。

スローテンポの曲でも、
十分鑑賞に耐えられる回転安定性と
音質が得られています。
アイドラーの振動をピックアップが
やや拾ってしまいますが、
これは構造上仕方ないでしょう。
年代を考えると、
とても品質の高い製品と
言えるかと思います。

当時このポータブルプレーヤーで
聴いていたかも知れない、
ナット・キング・コールの歌で、
1950年にヒットした
『モナ・リザ』と、
1951年にヒットした
『トゥー・ヤング』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


繧ア繝ウ繧ヲ繝・ラ+019_convert_20110522114315[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゴールドなのとアームが「く」の字なのがおしゃれですね。スピーカー内蔵なのがすごいです。音もそんなに悪くないし。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク