デノン クォーツ・ダイレクトドライブ・フルオートマチック・ ターンテーブルDP-7F  1980年代

デノンの
ダイレクトドライブ・
フルオートマチック・
ターンテーブル・システム
DP-7Fです。

操作ボタン部分を除くと
ほぼLPジャケットサイズに
まとめていますが、
トーンアームはリニアではなく、
スイングアーム方式を採用しています。

クォーツロック・
サーボコントロールモーターで、
安定した回転を得ています。
とは言え、実は当初、
考えられないような
回転ムラがありました。
長く使っていなかったようで、
モーターがスムーズに回りませんでした。
モーター部分を外し、
軸受にしっかり注油し、
さらに〝気合い〟を入れると
正気を取り戻し
正常に回り始めました。
こういう調整が効くのが
アナログのおもしろいところです。

その他の回路には異常は見られません。
正確にフルオートで作動します。

シンプルですがデノンらしい
きちっとした作りで、
オーディオファンの心をとらえます。
テクニクスほど重くなく、
妙な威圧感もありません。
さり気なくオーディオコーナーに
置いておきたくなります。

やっぱり、レコードプレーヤーは、
スイングアームが絵になりますね。

斬新な衣装で強烈なインパクトを与えた、
80年代を代表するアイドル、
小泉今日子の1984年のヒット曲
『ヤマトナデシコオ七変化』と、
1982年のデビュー曲
『私の16才』を鑑賞しました。

オリコン1位を獲得した
『ヤマトナデシコオ七変化』は、
康珍化作詞、筒美京平作曲です。
康珍化は、
他にも『まっ赤な女の子』、
『艶姿ナミダ娘』、
『渚のはいから人魚』
など作詞していますが、
いずれもそのユニークな歌詞と、
それを上回るド派手な衣装が
思い出されます。
キョンキョンでないと
成り立たない楽曲でした。

元気一杯の日本を象徴するような
80年代の
底抜けの明るさが懐かしい、この頃です。

がんばれ!ニッポン!!


[広告 ] VPS


蟆乗ウ我サ頑律蟄・019_convert_20110327181612[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気合(笑)。
前回と違ってシンプルなルックスで今っぽいデザインですね。内部も最近の家電のようです。フルオートもみごとに稼動しています。

最初に勤務したところで同世代のスタッフと話になり、キョンキョン派かミポリン派に別れたことを思い出しました。私はキョンキョンのすばらしさをトクトクと説いたのですが聞き入られず宗派間の対立は根深いものがありました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク