コロムビア レコードプレーヤーSE-3 1970年代

コロムビアの
トランジスタアンプ内蔵
レコードプレーヤー
SE-3です。

プラスチックのボディで軽量化をはかり、
片手でも持ち上がります。
センスの善し悪しは別として、
パッと見てすぐに
70年代のコロムビアの
レコードプレーヤーだとわかる
特徴的なデザインです。

機能的には極めてシンプルですが、
中高生が色々考えずに
ラジオ感覚で
レコードを聴くには十分です。
ナショナルのクーガなんかと並ぶと
ちょっと絵になります。

マイクジャックが付いていて、
レコード再生時のみミキシングできます。
アイドル全盛期で、
カラオケレコードが出始めた頃なので、
四畳半のステージで、アイドル気分を
楽しんでいたのかも知れません。

落合恵子と同様、
ラジオ少年たちの憧れのお姉さんで、
ラジオ東海の人気DJだったあべ静江が、
1973年に歌って大ヒットした
『みずいろの手紙』と、
デビュー曲『コーヒーショップで』を
鑑賞しました。

どちらも
阿久悠作詞、三木たかし作曲です。

この清潔感のある歌声に、
すっかり悩殺されました。


[広告 ] VPS


繧ウ繝ュ繝

13日の日曜日、
大地震の後の混乱の中、
東京からわざわざ私の自宅まで、
サンデー毎日の記者の春日井さんと
写真家の佐々木さんが、
取材に来て下さいました。

約5時間かけて、
60年代から80年代の電蓄や
レコードプレーヤーを中心に、
丁寧に機器の写真を撮影されました。

読者に合わせ、
今回はマニアックな蓄音機は
取り上げないということで、
ちょっと懐かしさを感じるような、
わかり易い機器をセレクトしました。
4月中頃のサンデー毎日巻末カラー
「ONandOFF」に掲載予定とのこと。
楽しみです。

古い機器にとっては最後の晴れ舞台です。
お二方に、
機器に代わって感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

P1100196_convert_20110316211935[1]

vcm_s_kf_repr_500.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ、なんか憶えてますよ。懐かしいなあ。おお、クーガ112!クーガ2200が欲しくってねえ。高嶺の花でしたが…。高校の友人が持っててすげーうらやましかったです。

雑誌掲載とはうらやましい。完動・美品ばかりですので選択にはさぞかし苦労したことでしょう。keiai 様も雑誌デビュー?

No title

あらら私が出てます(笑)
取材協力ありがとう御座いました。

そろそろ編集作業に入りますので、出版まで楽しみにして下さいね!
それにしても、綺麗だしセレクトも悩みましたが残念なのは音を
聞けなかった事ですね。。。。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク