シャープ デュアルプレイディスクステレオシステム VZ-V2 1980年代

私の
『お気に入りラジカセ』の第1位は、
シャープのラジカセ
VZ-V2です。

70年代のラジカセブームの
延長線上にあり、
ある意味ではその最終形とも言える
ラジカセです。

高性能・多機能ゆえ
巨大化したラジカセは、
その後のCD、MDの登場で
再度小型化・軽量化されたり、
ミニコンポの形に変化していきました。

持ち運びに便利という
本来のラジカセの目的からすれば、
大きさや重さの点で、
完全に逸脱していますが、
レコードをカセット感覚で利用
できるよう縦型にセッティングしたり、
反転せずに両面自動再生ができるよう
工夫されており、
その画期的な発想には敬服します。

ツマミやスイッチ類が機能的にも
デザイン的にも上手に配置され、
ボディも細部にわたり
丁寧に作られています。

手で撫でるように触っていくと、
つなぎ目の段差が無く、
高い加工技術が施されていることが
分かります。

チューナーの感度も良好で、
カセットのマイクロスイッチも
機敏に反応します。

そしてなにより、
レコードの両面自動再生が
大変安定していて正確に作動しています。

スピーカーもパワフルで、
重低音は迫力満点です。

作り手たちの、熱意をひしひし感じる、
完成度の高い名機です。

このラジカセで、
1980年代を代表する女性アイドル、
松田聖子の曲を聴きたくなりました。
今でも、
長年の〝聖子ちゃんファン〟
が沢山いるのは、
現役アーティストとして、
また一人の働く女性としての
生きざまに、
多くの人を引き付ける
何かがあるのでしょう。

松本隆プロデュースにより、
一流のミュージシャン達と
作り上げた様々な楽曲は、
いつまでもダイヤモンドのように、
キラキラと輝き続ける名曲ばかりです。

1983年の『秘密の花園』と、
1982年の『赤いスイートピー』を
鑑賞しました。

共に、松本隆作詞、
呉田軽穂(松任谷由実)作曲、
松任谷正隆編曲で、
オリコン1位を獲得しています。

時々、松田聖子のディナーショーの
広告をみかけると、
一度は行ってみたいと思いつつ、
その破格の高値に躊躇してしまう
〝隠れ聖子ファン〟の私です。


[広告 ] VPS


繧キ繝」繝シ繝励
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

VZ-V2は、よく話のネタになりましたね。まあ、でっかいから目立つし。友人か親戚か、誰かが持っていた記憶があるんんですが思い出せません。四半世紀もたつんだから仕方ないか。

女房が聖子ちゃん大好きで実家に帰る時なんかにiPod→カーステで鳴らして聞いています。さすがに3周目とかなるとチェンジを要求しますけど。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク