ビクター フルオートマチックターンテーブル L-E30     1986年製

ビクターの
フルオートマチックターンテーブル
L-E30、
1986年製です。

ベルトドライブのリニアトラッキング
レコードプレーヤーです。

ビクターでは、比較的珍しい
プログラム選曲ができるタイプです。
選択ボタンのレイアウトが、
例によって他社と同じです。
要するに、ターンテーブルの下にある
プリント基板にマイクロスイッチを
付けているので、スペース的にも
この配置が都合良いみたいです。

当初の不具合は、
プログラム選曲が全く作動しないことと、
Rの音声出力が出ていないことでした。

そっとカートリッジを外してみると、
案の定断線していました。
曲間を検出するセンサーに、
赤・紫・青の三本の髪の毛のように
細い導線が配線されていましたが、
元からきれいに切れていて、
どれがどこに付くのか分かりません。

配線方法は、3×3の9通り。
順番にハンダ付けしていくと、
6通り目に正常作動しました。
さながら、
一本ずつ導線をカットする爆弾処理班の
逆バージョンです。
もっとも、こちらの方は
間違ってもパチッと火花が散るくらいで、
爆発したりしませんが・・・。
Rの未出力も、断線が原因でした。

ダストカバーが着脱できたので、
わざと外して使用してみました。
この方が、むしろ新鮮で、
全体的に格好良く見えます。

MMカートリッジが、
嬉しそうに生き生きした良い音を
聴かせてくれました。

石川セリの1976年のアルバム
「ときどき私は・・・」から
『セクシィ』と、
八神純子の1978年のヒット曲
『思い出は美しすぎて』を鑑賞しました。

『セクシィ』は
下田逸郎の作詞・作曲です。
「ときどき私は・・・」はユーミンや
陽水(ダンナ)が楽曲を提供していて、
とても質の高いアルバムに
仕上がっています。

『思い出は美しすぎて』は、
ヤマハのポプコンでお馴染みの
八神純子の作詞・作曲。
カルロス・サンタナ風の
ギターアレンジが見事で、
アレンジの戸塚修の遊び心を感じます。

サンタナは、
ヤマハのギターを愛用していたので、
「サンタナモデルを使えば
この音が出せるんです」
というヤマハのPRも兼ねていたのかも
知れません。

余談ですが、
当時ギター小僧だった私は、
サンタナのサスティーン
(音を長く伸ばす奏法)について、
ギターに秘密があるとか、
エフェクターを使っているとか、
レコードが擦り切れるほど聴きながら、
友達とよく議論していました。

その時丁度タイミング良く、
NHKでサンタナのライブを
放送しました。
サンタナは、音を伸ばしたい時、
大型ギターアンプの方を向き、
スピーカーにギターのピックアップを
近づけたり離したりして、
ハウリングさせていました。
スピーカーとの距離が合うと、
同じ音がエンドレスに鳴りつづけます。

え?! 
目から鱗が落ちた瞬間でした。


[広告 ] VPS


繝薙け繧ソ繝シ繝励Ξ繝シ繝、繝シL-E30縲
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

火花が散るってのはブッソウだなあ。基盤が痛むといったことはないんでしょうか。当時モノなら平気なのかな。

女房がポプコンがわかる世代なので時々当時の音楽の話になります。まあ、ふたりともラジオ番組のコッキーポップを聞いていただけなんですけどね。ロングサスティーンは周りにギター奏者がいなかったので深刻な話題にはなりませんでしたがどこどこを改造してるだのエフェクターのおかげだの仮説や妄想で話をしたものです。

突然の書き込み失礼します。

こちらの記事に紹介されているプレイヤーをオークションにて購入しました。
動作に問題はほぼなかったのですが、一点だけありまして
再生速度が若干遅いため、ピッチが低くなっています。
恐らく速度偏差の調整の仕方があるにでしょうが
方法がわからなく、もしご存知でしたら教えて頂きたく
コメントさせて頂きました。
可能であればで結構ですので、よろしくお願いします!

いつもこちらのブログのいくつものプレイヤーの記事を拝見する度
尊敬の気持ちと、いつかコレクションを生で拝見出来る機会があれば
是非とも沢山お話しを聴いてみたいなと思っています。
いつか展覧会をされる事を心より願っております。

Re: 突然の書き込み失礼します。

川上様

こんばんは。
初めまして。
色々お褒め頂きありがとうございます。

こちらの機器は現在ガレージで
休眠中のため、明日にでも起こして
調べてみたいと思います。
まずは探さないといけませんが・・・。
100台を超えると探すのもひと苦労です。(笑)
夜の物探しは危険なのでお許しを。

一般的には、
本体背面を注意深く探すと、
小さな穴が二つあり(33と45回転用)、
そこに小さなマイナスドライバーを
入れると、速度調整用のVRを回すことができ、
それで微調整できます。

背面に無ければ、
本体に内部にあります。

ちょっといじってみませんか。
(自己責任で)(笑)

それでは見つかったら連絡します。

コメントありがとうございました。

確認しました

川上様

問い合わせの件にお答えします。
本機種底面、
再生ボタン位置からの5センチほど内側に
2つ小さな穴があいています。
33と45の記載があります。
その奥に速度調整用のVR(ボリューム)があります。
テーブルに乗せたプレーヤーを
調整穴が顔を出す程度ずらし、
LPやドーナツ盤を再生しながら、
+の小さめのドライバーなどで
VRを少し回し微調整してください。

VRの接触が不良で回転が不安定になる場合は、
何度か左右に大きく回してから、
微調整した方が良いことがあります。

ゴムベルトがきつ過ぎたり、
逆にゆる過ぎても
速度が不安定になります。

所詮、古い機器ですので、
私はある程度で良しとしています。

参考になれば幸いです。
それでは、また。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク