ビクター ポータブルレコードプレーヤーPK-2 1970年代

ビクターの
ポータブルレコードプレーヤー
PK-2です。

取っ手が付いたポータブルタイプで、
カセットとラジオ付きですから、
ラジカセの分類としました。

カセットとレコードプレーヤーは、
ゴムベルトと滑車を上手に使い、
一つのモーターで駆動しています。
カセットは早送りを省略し、
モーターの負担の少ない
巻き戻しのみとしています。
とても回転が安定していて、
懐かしいテープを
再生してみたくなります。

ラジオの感度も良好で、
上蓋を閉じたままでも音量調整が
できるようになっています。
まさに、シンプルisベスト
という感じです。

この12月公開の
山崎貴監督の実写版「宇宙戦艦ヤマト」、
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
も楽しみですが、
1974年にテレビで放送された全26話を
ノ―カットで完全収録した、
カセットの「ヤマト大全集」
(オールカラー別冊解説書付き)
を最近入手しましたので、
今回はこのカセットテープの中から、
最終回
「地球よ!!ヤマトは帰ってきた!!」
の一部を鑑賞してみたいと思います。

本当に面白い時代で、
当時18000円のこの貴重なお宝は、
カセットということで、
リサイクルショップの
ジャンクコーナーに、
500円の値札を付けられ、
ジャンクレコードと一緒に
埃をかぶっていました。
しかも全くの未使用状態で。

「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」
もいいけれど、やっぱり発想の斬新さや、
感情移入しやすい個性的な登場人物など、
他に類を見ないアニメです。
若かりし松本零士の気合いを感じます。
また、宮川泰のオーケストラを使った
音楽も見事です。

アニメの金字塔と言っても、
言い過ぎではないと思います。


[広告 ] VPS


繝薙け繧ソ繝シPK-2+013_convert_20101003193313[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポータブル機ですのでシングル盤のみの再生ということでしょうか。当時としてはレコードにテープにラジオと鳴るモノ全部聞けるわけですから究極ツールですね。

ヤマトのグッズは買いまくったのですがこのカセットテープと8mmフィルムはついにお眼にかかることはありませんでした。なかなかのレアアイテムではないでしょうか。実家に最終回を録音したカセットテープがまだあるはずw。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク