マランツ ラジカセ CRS-6000 1980年代

マランツのラジカセ
CRS-6000です。

ターンテーブルを縦に収納し、
前面に引き倒して
セッティングするタイプです。
トーンアームは手動で操作します。
いかにも、
マランツらしいデザインです。

ターンテーブルもトーンアームも、
しっかりした作りになっています。
雰囲気そのものが、
いい音を期待させてくれますし、
事実その期待を裏切りません。

都会的で、
大人のラジカセです。

小林明子の『恋におちて』と、
マイケル・ジャクソンの
『ビート・イット』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


マランツラジカセ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク