アトム レコードカッティングマシン アトムレコーダー 1980年代

アトム社の
レコードカッティングマシン・
アトムレコーダー
A-101です。

この前紹介したバンロックの
カッティングマシンと瓜二つで、
録音レベルメーターの色と
機種名のステッカーが違うだけです。 
全く違う会社で、こんなことをやったら
訴えられてしまうでしょうから、
同じ会社で、
国内用と輸出用で名前を変えたのか、
ただ単にバンロック社からアトム社に
社名変更しただけなのか、
どちらの社名も
グーグル検索にはヒットせず、
詳細は不明です。

当初、ターンテーブルは回るものの、
全くスライド移動しませんでした。
つまり、
カッティングマシンとしては
致命的な不具合です。
そのため810円で入手できました。

バンロック用の
部品取りにするつもりでした。
驚いたことに本体は、
とても綺麗でほとんど未使用でした。
正常作動しなくなってすぐに
お蔵入りしてしまったようです。
これは腕の見せ所です。

精査していくと
駆動ベルトが欠品しているだけで、
あとは問題ないことがわかりました。
かくして小さな輪ゴム一個で
完全作動品に復活しました。

早速、録音してみたくなりました。
今回は、プラモデル用の薄い板
(プラ板)を円形に切り取り、
ラッカー盤の代用として使用しました。
表面がとても滑沢で、
硬さも丁度良く、
カッティングマシンの針も
新品に近いこともあり、
出来上がったディスクは
完璧なレコードになっていました。
これなら十分鑑賞に耐えられます。
一気に5、6枚作成しましたが、
全て良好でした。

オリジナルレコードを
作成しなければ意味がないので、
恥ずかしながら、
サンプルとしてカラオケで私が歌った
『ガキの頃のように』
(1988年、堀内孝雄のヒット曲)
を聴いていただきます。

再生プレーヤーは
ビクターのクォーツロック
ターンテーブルQL-Y44Fです。
こういうデリケートなプレーヤーで
再生できるというのは、
高い精度でカッティングされている
証拠です。

念願のレコードデビューです。


[広告 ] VPS


繧「繝医Β繝ャ繧ウ繝シ繝




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レコードデビュー、おめでとうございます!

ジャンク品が息を吹き返すのはドキドキする感じがありますね。keiai 様の豊富な知識と経験が見事に開花しました。パーツ取り用と考えてた方が綺麗ってのもコレクターっぽくっていい話です。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク