コロムビア 3スピードグラフォノーラRG-513                    1952年製

コロムビアの
3スピードグラフォノーラ
RG-513です。

1952年製で、
この前紹介した柳宗理のデザインした
レコードプレーヤー(RG-700)
と同じ製造年です。

ターンテーブルのツマミの形状は
同じです。
こちらの機種は、
いかにも「昭和」という雰囲気で、
まさに電蓄らしい電蓄と言えます。

速度切り替え方式で多いのは、
モーター軸に付いている
プーリーの直径が三段階になっていて、
一つのアイドラーがそのどれかに接し、
さらにそのアイドラーが
ターンテーブルと接して
回転させるタイプですが、この機種では、
モーター軸のプーリーは同じ径で、
直径の異なる三つのアイドラーが
移動して接し、
回転速度を変換するタイプです。
当初、このアイドラーの接触が悪く
不動でしたが、
調整して元気に復活しました。

トーンアームのピックアップは
正常に出力しています。
針の摩耗も少なく
まだまだ使用可能です。

ラジオも選局しやすく、
感度も良好です。
チューニングパネルの下半分に、
福岡、大阪、名古屋、東京などの
都市の名前が記載されています。
主な放送局の周波数に合わせて
記載されているようです。
今よりもはるかに飛び交っている
電波が少ない時代ですから、
遠くの放送局の電波も
キャッチできたのかも知れません。

真空管はGT管とmT管が
使用されていて、
1952年製を物語っています。

本当に、
いつまでも聴いていたくなる
温かな音質です。

1970年、水前寺清子の
『ありがとうの歌』、
1966年、坂本九の
『レットキス(ジェンカ)』、
そして1967年、黛ジュンの
『恋のハレルヤ』を鑑賞しました。

脚本平岩弓枝、
プロデューサー石井ふく子の
ゴールデンコンビで手掛けた大ヒット
TVドラマ「ありがとう」。
子どもの頃、
こういう質の良いドラマを
見ることができ幸運でした。
将来の職業を考える時、
多少なりとも影響を受けた気がします。

坂本九の懐かしい歌声。
フォークダンスでジェンカの
ステップで踊ったことを思い出し、
思わず足が動きだすのは
50歳以上でしょうか。

黛ジュンのミニスカートは、
強いインパクトで
記憶に残っています。
最近の懐メロの番組で、
60歳を過ぎてもやっぱり
ミニスカートで歌っているのを見ました。
これはさすがに、
別の意味で驚きましたが・・・。


[広告 ] VPS


繧ウ繝ュ繝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

定期的な更新、ご苦労さまです。コレクション系のブログ更新はたいへんなのですが質の高いグッズで毎回驚かされます。シックな感じで綺麗な本体です。デザイン的には必要最小限のものしかついていないのでちょっと淋しい感じですがそこがアンティークマニアにはたまらない仕様なんでしょうね。

音楽とは関係ないのですがドラマ「ありがとう」はCSで時々放送しています。懐かしさから視聴してみるのですが当時ののんびりとしたテンポについ眠くなってしまうのが玉に傷です(笑)。レコードは婦人警官のジャケットですので第一シーズンのもののようですね。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク