シャープ ラジカセ VZ-V2 1980年代 

シャープのラジカセ
VZ-V2です。

ラジカセに、
レコードプレーヤーを
組み込んでいます。

レコードを縦に入れ、
反転せずに両面再生ができます。
レコードの表と裏の二箇所に
針がセットされ、
リニアトラッキング方式で再生する
という、斬新な発想です。

カセットテープを
操作するような手軽さで、
レコード再生ができるのが魅力です。
サウンドも、
大きなボディ(しかも相当重い)が
中低音をフォローし、
大型ラジカセらしい
迫力のある良い音です。

デザイン的にもすっきりと
上手にまとめられており、
操作性も良好です。

中村雅俊の
『いつか街で会ったなら』と、
かぐや姫の
『赤ちょうちん』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


シャープラジカセVZ-V2


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

VZ-V2懐かしいです

 こんばんは! この機種は昔、新品で購入した想いでがありますが、ラジカセ史上超弩級の製品だと確信しております。確か取り説には「あまりに重いから足に気をつけなさい」というような文言が書かれていた記憶が・・・。レコードは両面再生ですがカセットはリバースしないんですよね(汗)。

 故障も多く、2回修理に出しました。3回目はプレーヤーの故障。ベルトが伸びちゃったんですが、もう部品在庫もなく、その時メーカーさんは「もしベルトがあれば直せるように」と分解図のコピーをつけて返却されました。スライドボリュームの爪が劣化して折れやすい欠点があります。
背面のSP端子から外部スピーカーにつなぐと意外といい音がするのは知られていない事実です。

結局。この巨大ラジカセはオークションでストリート系の若者が買ってくれました。

選曲が素晴らしいですね、懐かしく聴かせていただきました。
ありがとうございます。

コメントありがとうございました

リュウセイ太郎様
私のブログ『浪漫紀行』にコメントを入れてくださり、
ありがとうございました。

当時、シャープVZ-V2を実際に所有されていたとのことで、
そういう方から感想をいただき大変嬉しく思います。

70年代後半から80年代にかけてのオーディオ機器は、
当時の私には高嶺の花のものが多く、残念ながらVZ-V2も
リアルタイムでの体感はできませんでした。
その反動なのか、ジャンク品で当時欲しかった機器を
見つけると、ついつい入手したくなります。

当時の名機が、ちょっとした不具合でお蔵になっている
ケースが多く、いつしか自分で整備して元気に復活した
ところを記録して残しておこうと思うようになりました。
一人アーカイブスです。

VZ-V2もそうですが、当時の機器をいじってみると、
個性的なもの、独創的なものが多く、作り手たちの好奇心や
こだわり、遊び心を強く感じます。
そして、どこかに人の肌の温もりみたいなものを感じる
ことができます。

いじって半分、眺めて半分楽しめるジャンクオーディオ。
お楽しみはこれからです。

VZ-V2の進化形「シャープVZ-V30」や、同じ縦型のヒット製品
「ダイヤトーンX-11」や「ダイヤトーンX-1000」などもアップしています。
グーグル検索でお楽しみください。

コメント本当にありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク