ビクター HiーFiステレオ オーディオラ STL-661C 1965年製

私のブログの
オープニングに紹介するのは、
ビクターのオーディオラ、
STL-661C、
1965年製の真空管ステレオ
レコードプレーヤーです。

幅が114cm、
高さが80cm、奥行きが36cm。
軽く両手を広げたくらいの大きさです。
家具調の大型電蓄で、
細い4本足がこの時代を象徴しています。

使用時に前面の扉を開けて
レコードをセットします。
上面がフラットなので、
ついつい物を乗せたくなります。

オートチェンジャー機能、
エコー機能付きで、
操作性良好です。
エコーは、
スプリングを用いたもので、
この頃のギターアンプに
付いていたのを思い出します。
ホールのように反響し、
どの曲もみんなムーディーになります。

洗練されたデザインで、
エンブレムやコントロールパネルや
ターンテーブルまでが
ゴールドに輝き、
高級感にあふれています。

左右に計6個のスピーカーが、
大きなボディ内に密閉型に
収められているため、
部屋が共振するような
重低音が鳴り響き、
迫力満点です。

この頃のグループサウンズを
聴いてみたくなりました。

ザ・タイガースの
『花の首飾り』と、
ピンキーとキラーズの
『恋の季節』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


ビクターHi-Fiステレオ オーディオラ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク