ソニー サーボ・ターンテーブル・システムPM-1200A 1970年代

ソニーの
サーボ・ターンテーブル・システム
PM-1200Aです。

sh2B7HpyIIXBNBV1451801519_1451801535[1]
U4CF4o4z6iCtHdD1451801151_1451801170[1]
gYdGAZIcdOGsRyy1451801673_1451801688[1]
ソニー
サーボ・ターンテーブル・システム
PM-1200A

1974年頃、私の父が購入した
ターンテーブルです。
同じ物が高校の視聴覚室に
設置されていて、
驚いた記憶があります。

いつからか動かなくなり、
ガレージの片隅で埃をかぶっていました。
(基本的に捨てない性分です)
ここ数年色々な機種を整備してきて、
この時代のターンテーブルが
結構丁寧に作られていることを知りました。
そこで何十年振りかで引っ張り出し、
何故動かなくなったのか調べてみました。

結果は、
トーンアームと連動して
モーターの電源を入れる
マイクロスイッチの不良でした。

YWOKplbfAx6jSw_1451936448_1451936468[1]
一番使う頻度の高い部品から
壊れるのが世の常。
画面中央が壊れたマイクロスイッチ。

JnQqkakNLqvVSaC1451802016_1451802029[1]
持っているのが不良のマイクロスイッチ。
交換した新しいものは随分小型です。

たったこれだけのことですが、
マイクロスイッチが壊れると
全くターンテーブルが動きませんから、
当然レコードは聴けません。
そうこうしている内に、
ミニコンポの時代がやって来て、
10㎏の大きなプレーヤーは
修理されずにお蔵入りとなりました。

Yq8brEwH9ZnIXBy1451802113_1451802148[1]
画面左下に大きなサーボモーターがあります。
その右のボックスの中に、
それを制御する回路が入っています。

O_G_4F8VmXb1p1f1451801923_1451801939[1]
サーボモーターは、
振動やノイズがほとんど無く、
回転も極めて安定しています。
反射式の大型ストロボスコープも
見やすく速度の微調整が容易です。

YHFYlx89ZeuBNLH1451801973_1451801987[1]
電源ONを示すランプが、
停止ボタンを兼ねています。
蓋が結構大きくて重いので、
外部のこの位置は便利です。

70年代、
このプレーヤーでも聴いた南沙織の
「南沙織ベストヒット全曲集」(1975年)より、
『哀愁のページ』
『潮風のメロディ』を鑑賞しました。

癒し系の
知性を感じる歌声です。


[広告 ] VPS


FqsRsqKDC8sFGQv1451884509_1451884527[1]
南沙織のLP「南沙織ベストヒット全曲集」と
付録の大型ポスター
(1976年のカレンダー付き)

3x9Ysk0eJo4Sbph1451801735_1451801753[1]
ソニー
サーボ・ターンテーブル・システム
PM-1200A
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ビクター マグナファックス MDR-1 1960年製

ビクターの
マグナファックス
MDR-1です。

GFHJuxVmShuA1km1452800825_1452800841[1]
lklcAVLKN0Njad11452800715_1452800729[1]
ビクター・マグナファックスMDR-1

探しものをしていたら
納戸の奥にしまい込んでいた
ビクター・マグナファックスを見つけ、
思わず引っ張り出してしまいました。

nk5xraNntskbjFx1456827683_1456827816[1]
xdcCTZ0U9l4IXGP1452800664_1452800679[1]
私はマグナファックスが好きなので
4台持っていますが、
出てきた2台は部品取り用のジャンクです。

もはや不具合の理由すら忘れていました。
確かに、
レコードをかけてみると
蚊の鳴くような音しか出ませんし、
回転も安定しません。

ちょっと腕試ししたくなりました。
レストア開始です。

9FokOTDFi_sDIow1452798795_1452798814[1]
洗濯機にも使えそうな
大きなモーターです(笑)。

Di0JH22m9aVIPlr1452800105_1452800121[1]
部品は全て揃っています。

5M84UQAB5WEYao51452799622_1452799641[1]
不安定な回転の原因になっている
モーターの防振ゴムを交換します。

v2wQVIbwywfLAqg1452800500_1452800515[1]
コンデンサーの交換はあまり無理せず、
明らかに不良のものだけにしました。

0J7HyNT9ezngF_11452800770_1452800784[1]
ピックアップはまだ使えそうです。

さらに機械部分の清掃・注油で
正常作動しました。
やはり丁寧に作られた当時の高級機種は
違います。

PL4OWFlWdujtbZL1452800608_1452800623[1]
マグナファックスの特徴である
磁気録音・再生機能も復活しました。

レコードをかけると、
とてもクリアーな音質で、
生き生きと再生してくれました。
マグナファックスが若返ったようです(笑)。

テイチクレコードの
「ゴールデンスター・カスタム・デラックス」
(1974年)より、
八代亜紀の『なみだ恋』と
石原裕次郎と八代亜紀のデュエットで
『銀座の恋の物語』を鑑賞しました。

八代亜紀は熊本市に近い八代市の出身。
水前寺清子も石川さゆりも熊本市出身。
10年程前、観光旅行で訪れた熊本で
タクシーの運転手が、
地元出身の演歌の女王たちを
自慢していたことを思い出します。


[広告 ] VPS


CPiI8ugR4gYM9TM1452800882_1452800895[1]
LP「ゴールデンスター・カスタム・デラックス
石原裕次郎/八代亜紀 二人の旅路」
24歳の八代亜紀が、
お人形さんのようにキュートです。
声はすでに完成形ですが・・・。

6tFiWSHgHhw_obx1452858306_1452858324[1]
ピンクがオシャレな
ビクター・マグナファックスMDR-1

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ビクター ビクトローラ VV-Ⅵ 1911年頃

ビクターの 
卓上型蓄音機
ビクトローラVV-Ⅵです。

b3mctMq_X76da241456652315_1456652328[1]
mRQiLT6YJTp6XbA1456652258_1456652270[1]eBcwmhNmZGW_4Gc1456652364_1456652376[1]
ビクター・ビクトローラVV-Ⅵ

nn8qPNtB0N7aPwq1456652416_1456652429[1]
10インチのターンテーブルが付いているので、
VV-Ⅵの中でも初期型と分かります。

5DqMgMmVnH80PcH1456652707_1456652719[1]
ホーン内蔵型です。
大型のボディを生かし、
無理な屈曲をなくして
ストレートに大開口します。

jFpTvOXdbnUp48u1456652759_1456652769[1]
2丁ゼンマイモーターで、
長時間の安定した回転が
得られます。

JWAnysfbrzla6g71456652657_1456652669[1]
オリジナルのサウンドボックスは、
ビクターエキシビションで、
ほぼ新品の極上物でした。
ビビりの全くない、
クリアーなサウンドを
初めて聴きました。

Knx6ok4LxsyUx7u1456652205_1456652217[1]
オーク材の木目を生かし、
美しく丁寧に作られています。
思わず撫でたくなります。

DVbw2Pzbzy9DOtE1456653028_1456653039[1]
1911年のクリスマスセールの時の
ビクトローラの広告です。

NG9TZNMLywFbjaq1456653070_1456653082[1]
高額の大型の蓄音機とは別に、
求めやすい価格のビクトローラⅥを、
1911年に25ドルで販売しました。

ehofTLbvfjawUzS1456652812_1456652824[1]
本体の底面に、
25ドルより安値での販売を禁じる
注意書きが貼り付けてあります。
正規の値段で買った場合のみ、
サウンドボックスの使用を認めると
記載されています。
「特許を取っているサウンドボックスを、
25ドルで使わせてやろう」と
言っているのと同じです。
さすが特許の国です。

Cj8oO4cG8HFh3WT1456652512_1456652526[1]
DJ5qJiWrRmEUf_M1456652605_1456652625[1]
同じサウンドボックスを、
ラッパ型蓄音機ビクターⅢに装着し、
同じレコードを再生して
聴き比べてみました。

大きなラッパと、
内蔵ホーンの違いから、
ビクターⅢの方が音量が大きく、
音も明瞭に聴こえますが、
ビクトローラⅥの方が上品な音とも
言えます。
まあ、基本的にサウンドボックスが
同じなら、ラッパ型も内蔵ホーンも
大差無い感じです。

ドリス・デイの
『ケ・セラ・セラ』(1956年)を
聴き比べました。


[広告 ] VPS


l_7ug_PLNvsbAIx1456652881_1456652891[1]
ドリス・デイのSP盤
『ケ・セラ・セラ』
(映画「知りすぎていた男」の主題歌)

Q9Xn_TEKNLXK3JE1456652930_1456652942[1]
ラッパ型蓄音機ビクターⅢ(上)と
ホーン内蔵型蓄音機
ビクター・ビクトローラⅧ(左)とⅥ(右)

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コロムビア ポータブル・プレーヤーGP-3 1980年代

コロムビアの
ポータブル・レコードプレーヤー
GP-3です。

bHO3KeEdpHcVI2l1446095728_1446095741[1]
AQbuQnflOiUJows1446093367_1446093381[1]
th760anKriNMTGq1446095900_1446095913[1]
コロムビア
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3

eMb6ds7aSX5GuSI1446095815_1446095826[1]
uMrDRjKoAY92gRh1446093279_1446093291[1]
73G272c0pmsYDw_1446093215_1446093237[1]
優しい空色のスケルトンで、
内部の回路やスピーカーが透けて見えます。

PyZbkuNwgTB5Grh1446095993_1446096004[1] - コピー
OAIIpygx8ISECMF1446096045_1446096056[1] - コピー
スピンドルの凹みにアダプターを
かませるとレコードが固定され、
立ててもひっくり返しても落ちてきません。

Pkk4nSqahhMp8ri1446095943_1446095955[1] - コピー
eWj8nDmjZIq90Ts1446096097_1446096111[1]
トーンアームのスプリングにより、
やや強めの針圧でレコードと接し、
本体を立ててもトーンアームがずれません。

m4g2U_bo7j9Vwcr1446093730_1446093767[1]
4sl0y3xsP0cw7a11446093940_1446093951[1]
したがって、
壁掛けプレイも可能です。
LPも同様に再生できますから、
寝ころびながらBGMのように聴きたい時は、
こういうセッティングもありかも知れません。

今の20代の人たちに何気無く見せて、
反応を楽しむのもいいかも知れません。
きっと
「ナニコレ」を連発すると思います(笑)。

松任谷由実のEP盤で
『ダンデライオン』と
『時をかける少女』(1983年)を
壁掛けプレイで鑑賞しました。

長く活躍している歌手の楽曲を聴くと、
何か御利益がありそうです(笑)。


[広告 ] VPS


eyrgYUOe8COids81446095565_1446095581[1]
lAF7_U5xXyjcBJk1446095679_1446095691[1]
ちょっとセクシーな
松任谷由実(29歳)のEP盤

hwWumJZHxi7H8Hv1446095774_1446095785[1]
コロムビア
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク