シルバートーン ラジオ付電蓄 No.8045 1950年代

シルバートーンの
ラジオ付電蓄No.8045です。

WmqxXgptvOicB7B1416723205_1416723215[1]
fnCFuIJ199vsAzB1416723263_1416723276[1]
xfmOyvHRNHAUVNf1416722891_1416722916[1]
シルバートーン
ラジオ付電蓄No.8045

姉妹品のシルバートーンNo.7045の
オートチェンジャー用スピンドルを借りて、
連続再生してみました。

No.7045同様音質は素晴らしく、
パワフルです。
オートチェンジャーも滑らかに
作動しています。

pibciG3l45xZzXy1416723062_1416723080[1]
オートチェンジャー機能は健在。

オシャレでハイセンスなデザインが魅力的で、
いかにも“アメリカ”という感じです。
眺めているだけで、
ちょっとリッチな気分になります。

バブルの頃、
スナックで盛んに歌われたデュエット曲を、
このシルバートーンで聴いてみました。

小川知子と谷村新司の
『忘れていいの』(1984年)、
ロス・インディオス&シルヴィアの
『別れても好きな人』(1979年)。
そして、
橋幸夫と安倍里葎子の
『今夜は離さない』(1983年)、
日野美歌と葵司朗の
『男と女のラブゲーム』(1986年)
を鑑賞しました。

私もよく歌いました。
思わず口ずさんでしまいます。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


KnSlksQqxCmL53N1416720980_1416720994[1]
小川知子と谷村新司
『忘れていいの』
ロス・インディオス&シルヴィア
『別れても好きな人』

iwJK99GsxWHj_B_1416720766_1416720791[1]
橋幸夫と安倍里葎子
『今夜は離さない』
日野美歌と葵司朗
『男と女のラブゲーム』

bTj7MBp_Els5PBi1416722994_1416723005[1]
シルバートーン
ラジオ付電蓄No.8045

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ビクター ポータブル・Hi-Fi・ステレオ・エレクトローラSPE-8200 1960年代

ビクターの
ポータブル・Hi-Fi・ステレオ・エレクトローラ
SPE-8200です。

TQRj25rx469SIyt1413101082_1413101099[1]
sJmJoLXHor75OTP1413156993_1413157006[1]
yAENHwwguK5z5Ty1413100999_1413101014[1]
ビクター・ポータブル・Hi-Fi・ステレオ・
エレクトローラSPE-8200

エレクトローラとして販売していた
真空管電蓄の終わりの頃の製品です。
同タイプのICタイプ(SPE-8200IC)も
製造されていますが、エレクトローラという
名前はなくなります。

50EH5という5極管を用い、
シンプルに作られていますが、
ステレオ再生し
ポータブルプレーヤーとしては、
実用的な完成形と言えます。

CMi6FsdkAPtQRdj1413101299_1413101318[1]
DAW1W8pdcKMymSw1413101376_1413101416[1]
左がSPE-8200IC、右がSPE-8200、
規格は全く一緒。
2個のトランス分
真空管タイプの方が重いが、
ICタイプに無いヘッドホンジャックも
付いている。

真空管タイプは3スピード対応で
SP盤の再生も可能。
音質は実に素直で、
真空管の温かさを感じます。

こういうプレーヤーでは、
妙なエフェクトをかけない、
澄んだ声を聴きたくなります。
倍賞千恵子の
『かあさんの歌』『赤とんぼ』(1978年)、
『さよならはダンスの後に』(1965年)
を鑑賞しました。

美しい歌声が
心の奥まで響きます。


[広告 ] VPS


FEkZMxXDAHcsHTc1413101152_1413101174[1]
倍賞千恵子のEP盤

G9yIKNMXoWTgnrq1413100922_1413100941[1]
ビクター・ポータブル・Hi-Fi・ステレオ・
エレクトローラSPE-8200

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

シャープ デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム VZ-V30 1980年代

シャープの
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V30です。

n1uxn6boJBoXh9H1423201538_1423201551[1]
Ixb8NsKq_b5ZnUe1423201461_1423201480[1]
シャープ
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V30

zVfwArgbQM2FGsg1423201780_1423201790[1]
eZVW69laVMVSANM1423201914_1423201925[1]
縦形リニアの両面自動再生プレーヤーで、
レコード挿入口はVZ-V2やRP-V4と
全く同じです。

6jSlT6_vXqvm58l1423202042_1423202055[1]
FM・AMチューナーやプレーヤーの操作ボタン、
カセットデッキを縦型にまとめています。
ボタンが多く誤操作し易いので、
トーンコントロール、左右バランス、
ミキシング音量などのボタンやツマミは
隠してあります。
プレーヤーはプログラム選曲が可能です。

YCjvjdsnXUgUjLy1423201318_1423201333[1]
FBqEevgEHEs_3mE1423201389_1423201404[1]
ターンテーブルを固定するネジを外し、
しっかり本体から引き倒してから
ゴムベルトの交換を行います。

D6Cb_heEyipEzqq1423201239_1423201259[1]
トーンアームをスライド移動させるための
駆動ゴムベルトは、輪ゴムで代用すると
数年で溶解しています。

こういう、いかにも“メカ”っぽい機器では、
プログレを聴きたくなります。

イエスの「リレイヤー」(1974年)から
『サウンド・チェイサー』を鑑賞しました。

細心にして大胆な楽曲、
まさにイエスにしか作れないサウンドです。
あまりシンセに頼らない即興的な演奏が
初期のイエスっぽく、改めて聴くと斬新です。


[広告 ] VPS


c4ngMQKVcoGr1LX1423201839_1423201851[1]
イエスのアルバム「リレイヤー」

SvVYUwLEqKeOfR51423201623_1423201636[1]
シャープ
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V30

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク