ビクター ラジオ・エレクトローラ RE-316 1960年代

ビクターの 
ラジオ・エレクトローラ
RE-316です。 

fz2GGBQTWS68etW1408232001_1408232019[1]
0lgPX2iMkyvOcgH1408232081_1408232099[1]
ビクター・ラジオ・エレクトローラRE-316

ラジオ・エレクトローラの中では中型で、
タンスの上に置けるサイズです。

1960年頃、日本の一般的な家庭では、
ラジオやラジオ付電蓄の設置場所は、
小タンスの上と決まっていました。
その位置で、
ラジオのチューニングや音量調整が
しやすいよう設定されています。

真空管はお馴染みの、
12BE6(周波数変換)、
12BA6(中間周波増幅)、
12AV6(検波+低周波増幅)、
35C5(低周波電力増幅)、
35W4(整流)の5球です。
埃がたばこのタールと混ざって被膜を作り、
真空管の接触不良をおこしていました。

yQh2OGEJe02dZbn1408231697_1408231722[1]
Mu4aAVvrIhPsprI1408231811_1408231873[1]
タールべっとり。
ハンダも脆くすぐに断線する。

Z5yhK2eG_f3KRdt1408231928_1408231945[1]
復活した電蓄は、
ノイズの少ない温かなサウンドを
聴かせてくれました。

伊東ゆかりのヒット曲
『小指の想い出』(1967年)
『あの人の足音』(1967年)
『恋のしずく』(1968年)を鑑賞しました。

愛しくて優しい、
60年代のラブソングです。


[広告 ] VPS


8yrwpMUaQFKR0dR1408232172_1408232190[1]
伊東ゆかりのEP盤
eFJ9CKDxLScmmbq1408232255_1408232277[1]
アルバム「ゆかりとともに」より
アルバム見開きの写真が嬉しい

オマケとして、
2009年12月にアップしたRE-316の
映像も載せておきます。
SP盤でグレン・ミラー楽団の
『イン・ザ・ムード』と、
EP盤で梓みちよの
『こんにちは赤ちゃん』(1963年)です。

心温まる名曲です。


[広告 ] VPS

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

三菱電機 ダイヤトーン セットアップコンポX-10 1980年代

三菱電機、
ダイヤトーン・たて形ミュージックセンター・
セットアップコンポX-10です。

mzYZ_OIm2f90Cqq1418720718_1418720733[1]
WxeWiVjWE7VeJ_q1418719794_1418719843[1]
CXz7KiXx3ddObsl1418720444_1418720461[1]
三菱電機、
ダイヤトーン・たて形ミュージックセンター・
セットアップコンポX-10

縦型リニアの原点、X-10。
機能的にもデザイン的にも素晴らしく、
オーディオファンの心をとらえて離しません。

その後、スタイルや機能を変えた機種が
同社や他社から販売されましたが、
現在も正常に作動する機種は少なく、
私の家の物置にも数台眠っています。

コンパクトにし過ぎたり、
凝り過ぎたりしなかったことが、
故障の少ない大きな要因です。

原点だけれど完成形です。

BY4c9rsuyhjui3J1418720645_1418720660[1]
ターンテーブル部分とコントローラー部分の
バランスが良く、安定感があります。

YWBhMMzi9iDaSOZ1418720579_1418720599[1]
ツマミやスイッチ類の加工が美しく、
高級感もあります。

先日、WOWOWで
映画「ファイナル・カウントダウン」を
久し振りに観ました。
公開当時の1980年から40年前にタイムスリップ
する話ですが、私も今から40年前の70年代なら
タイムスリップして新品のオーディオ製品を
買いあさりたいものです。(笑)

劇中の音楽を聴いていると、
懐かしいメロディが流れてきました。
日本の作曲家が盗用したあの曲。
日本で大ヒットしたため、
結果的には作曲者ジョン・スコットとの
共作扱いになりましたが
明らかにそっくりで、
そのまま使ってしまう大胆さには
驚いてしまいます。

その楽曲、
岩崎宏美の『聖母たちのララバイ』(1982年)を
聴きたくなりました。
一緒に『万華鏡』(1979年)と
『二十歳前』(1978年)も鑑賞しました。

岩崎宏美もデビュー当時から
“完成形”です。


[広告 ] VPS


BPyLZkGHqk8JMdu1418887423_1418887474[1]
1980年の雑誌「激写」のX-10の広告。
アイドル写真の中に岩崎宏美の妹も
写っています。(右上)
今や全員50歳を超えています。

RG7nGxCpRrNKqO91418720940_1418720960[1]
岩崎宏美のEP盤

オマケとして、
X-10の後継機X-11も載せておきます。
X-10より優しい感じで、
女性向きかも知れません。

X-10 X-11
左がX-11 右がX-10 


[広告 ] VPS


80年代のアイドルたちの
生き生きとした歌声を聴いていると、
すっかり私も二十歳の頃に
タイムスリップしていました。(笑)

河合奈保子 石川ひとみ 柏原芳恵 杏里
河合奈保子・石川ひとみ・
柏原芳恵・杏里のEP盤レコード

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コロムビア 3スピード・グラフォノーラ RGー700 1952年製

あけましておめでとうございます。
2015年も
古い機器を整備しながら、
好きな曲を楽しみたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。


日本コロムビアの
3スピード・グラフォノーラ
RGー700です。

N3HAgUVDqIQuaxQ1415524694_1415524717[1]
TBY3GSXZrTJtIb71415346827_1415346879[1]
日本コロムビア
3スピード・グラフォノーラ
RGー700

1952年、第一回工業デザインコンクール
(現・毎日デザイン賞)で第一席に輝いた、
柳宗理のデザイン製品です。

j6nmSyg591g9Hrx1415525054_1415525067[1]
K3JFRMJQvznvDJ61415524844_1415524875[1]
漆工芸のような和のテイスト。
インパクトのある大胆なデザイン。

pFSv27ciVtuxWQf1415525110_1415525122[1]
「毎日新聞 第一回工業デザインコンクール
 第一等作品」と記載された金属製プレートが
背面に付けられています。

SVEKLCBofmnOcky1415346218_1415346582[1]
内部清掃と注油。
bbyaOivpY1j8GNF1415346133_1415346151[1]
オリジナルのピックアップ。
よく頑張っています。

元日の朝からCSでクレージーキャッツの
懐かしい映画を放映していました。
やはり年の初めはパーッと
元気に行きたいものです。

ハナ肇とクレージーキャッツの
『スーダラ節』(1961年)、
『ハイそれまでヨ』(1962年)、
『これが男の生きる道』を鑑賞しました。

曲調に植木等のキャラクターが
ぴったり合い大ヒットしました。
曲中の
「ふざけやがって、コノヤロー!」は
今聴いても痛快です。
この時代の明るさ、大らかさが
感じられます。


[広告 ] VPS


OEq0WuUrMdLMiBm1415869279_1415869340[1]
ハナ肇とクレージーキャッツのEP盤

lBae3NPT_KDm6PD1415513147_1415513179[1]
陰翳礼賛。
周りの明るさで色々な表情を見せます。

_3wt8BNp379DsoF1415524926_1415524942[1]
日本コロムビア
3スピード・グラフォノーラ
RGー700

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク