三菱電機 ダイヤトーン たて形ミュージックセンター セットアップコンポX-10 1980年代

三菱電機 
ダイヤトーンの 
たて形ミュージックセンター、 
セットアップコンポX-10です。

7utFyv6rgPqbiN51395384250_1395384266[1]
codKmRXiirQJxcb1395384672_1395384683[1]
ダイヤトーン 
セットアップコンポX-10

メーカー推奨のスピーカー、
ダイヤトーンSS-11を入手したので、
さっそく組み合わせてみました。 

mWlxwVVkuNDr79M1395383885_1395383894[1]
ZVD0SgrvxBnERpO1395384412_1395384422[1]
たて形ミュージックセンターX-10と
ダイヤトーン・スピーカーSS-11
(2ウェイ・パッシブラジエータ方式)

高さも奥行もX-10に合わせてあり、
横にぴったり並べても威圧感が
ありません。

私はカウンターテーブルの上に置き、
結構近くで眺めながらレコード鑑賞
するのが好きです。

zfWZYf3qduqY_k_1395393580_1395393618[1]
好みのオーディオ機器を楽しむ
私の〝隠れ部屋〟

60年代から70年代の音楽シーンを飾った
黒人グループの楽曲を聴きたくなりました。

「ダイアナ・ロス シュープリームス
エクセレント20」より
『ストップ・イン・ザ・
ネーム・オブ・ラブ』(1965年)
『恋はあせらず』(1966年)、
「スリー・ディグリーズ&
フィラデルフィア・サウンド」より
『天使のささやき』(1974年)、
「セプテンバー/ベスト・オブ・
アース・ウインド&ファイアー」より
『宇宙のファンタジー』(1977年)
を鑑賞しました。

21歳のダイアナ・ロスの歌声が
キュートでポップです。


[広告 ] VPS


muf9vk0fhePPSUN1395384610_1395384621[1]
シュープリームス、スリー・ディグリーズ
アース・ウインド&ファイアーのアルバム
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コロムビア 3スピード・グラフォノーラRG-513 1952年製

コロムビアの電蓄、
3スピード・グラフォノーラ
RG-513です。

kLKqh4RDzKFty3Y1389986722_1389986737[1]
コロムビア、
3スピード・グラフォノーラ
RG-513

rx6Gd6RHJhYnrwC1390159086_1390159099[1]
この時代らしいレトロな〝いい顔〟

s7TStboUGkM_qtc1389987050_1389987061[1]
トーンアームやツマミの形状は
コロムビアRG-700と同じ

hW5C2LknGH7PSFz1389986581_1389986623[1]
3個のプーリーを使いスピード変換

IR347O_UcSsJCBL1389986411_1389986427[1]
メンテは劣化した電源コードの交換と
内部清掃、注油のみ行う

BjQmDZzguMAy7jm1389986974_1389986992[1]
福岡、大阪、東京、仙台、札幌など
放送局名が記載されている

柳宗理がデザインしたRG-700のような
強いインパクトは感じませんが、
機能的で丁寧に作られています。

ピックアップも当時のままで、
大きなスピーカーからはパワフルな
サウンドを聴かせてくれます。

ウェス・モンゴメリーのギターを
聴きたくなりました。
1962年のライヴを収録した
「フル・ハウス」より
『FULL HOUSE』
『COME RAIN OR COMESHINE』を
鑑賞しました。

ジョニー・グリフィン:テナーサックス、
ウイントン・ケリー:ピアノ、
ポール・チェンバース:ベース、
ジミー・コブ:ドラムス
という最強のクインテットです。


[広告 ] VPS


RfZ8zim9umm85ar1389986897_1389986910[1]

qfuVKUTwBgTBZ2w1390159284_1390159300[1]
コロムビア、
3スピード・グラフォノーラ
RG-513

sRLC0MRBXN270Zd1390158925_1390158941[1]
ウェス・モンゴメリー
「フル・ハウス」

ちなみに、歌謡曲を再生すると
こんな感じになります。

1970年、水前寺清子の
『ありがとうの歌』、
1966年、坂本九の
『レットキス(ジェンカ)』、
そして1967年、黛ジュンの
『恋のハレルヤ』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


繧ウ繝ュ繝

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク