ビクター・エレクトロサーボ・ターンテーブル QL-Y44F 1980年代

ビクターの
クォーツロック・フルオートマチック・
ターンテーブル
QL-Y44Fです。

cLWvdAMdL_HHnIf1384686020_1384686039[1]
RZsWOX9tXjwonfk1384686274_1384686286[1]
ビクター
クォーツロック・フルオートマチック・
ターンテーブル
QL-Y44F

光沢仕上げされたウッドボディが美しい、
ビクターのフルオートプレーヤーです。

洗練されたデザインですっきりまとめ、
10kgの重量を感じさせません。

クォーツロック・サーボモーターが、
安定した回転と静寂性を可能に
しました。
エレクトロサーボ方式のトーンアーム
の動きは滑らかで正確です。

Mh9AsG4_sSi1LoJ1384686335_1384686366[1]

フルオートプレーヤーとしての完成形
と言って良いかと思います。
ビクターの人気機種です。

知人から頂いたクリス・コナーの
アルバム「ジャズ・デイト・ウィズ・
クリス・コナー」より、
『ムーン・レイ』
『プア・リトル・リッチ・ガール』
『君と踊るときだけ』
(全て1956年の録音)
を鑑賞しました。

JBLのスピーカーが、
今すぐそこで演奏しているかのような、
生き生きした、都会的でモダンな音を
聴かせてくれます。


[広告 ] VPS


もう一つ、こちらはお友達からの
リクエストにお答えし、
シャカタクの大ヒットアルバム
「インヴィテーション」(1982年)より、
『インヴィテーション』
『ロンリー・アフタヌーン』
を鑑賞しました。

なんと心地良いサウンドでしょう。
全く古さを感じません。
むしろ今の時代に合っているようにも
感じます。
実に新鮮です。


[広告 ] VPS


I_ZQtpSpMIKZHuZ1384686588_1384686598[1]
ビクターのアンプJA-G6と
JBLのスピーカーLX600の組み合わせ

v8hLPSZB1VAMHJU1384857737_1384857758[1]
クリス・コナー
「ジャズ・デイト・ウィズ・
クリス・コナー」(左)
シャカタク
「インヴィテーション」(右)
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

サンヨー ラジオ・ステレオ・フォニック PG-18D 1960年代

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2014年のオープニングは
三洋電機のラジ付卓上型真空管電蓄、
ラジオ・ステレオ・フォニック 
PG-18Dです。

ZjlyQExIsmN2iAW1387223247_1387223267[1]
rvU37aj81JZnPlk1387223335_1387223350[1]
サンヨー・5球1ダイオード・ 
ラジオ・ステレオ・フォニック 
PG-18D

リビングボードやタンスの上などに置き、
カジュアルにラジオやレコードを楽しむ、
卓上型ステレオです。
団地や社宅など、この頃の住宅事情を
垣間見ることができる、やや控えめな
サイズです。

4lZaXBNlfBqXkJp1387223079_1387223097[1]
NNiN4RXh5df1PNb1386670252_1386670266[1]
ツマミは上から、
ラジオのチューニングツマミ、
ラジオ・フォノ切り替えスイッチ、
右と左の音量調整ツマミの4個。
スライドスイッチはトーンの高低の
切り替え用。

HpGxUMWPb1j_a4T1387222940_1387222961[1]
スピーカーネットの交換や
駆動モーターの調整など行う。

整備後、音割れがなくなり、
マイルドなサウンドを楽しむことが
できるようになりました。
こういう電蓄では、
アコースティックな演奏を
聴きたくなります。

マイルス・デイヴィス・クインテット
のアルバム
「RELAXIN'」(1956年)より
『IF I WERE A BELL』と
『YOU'RE MY EVERYTHING』
を鑑賞しました。

オトナイトを最高に演出してくれる、
耳に優しいアルバムです。
聴く度新鮮で、癒されます。


[広告 ] VPS


kqgxGHpBzc1eO0s1387265620_1387265643[1]
「RELAXIN’ WITH
THE MILES DAVIS QUINTET」

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク