ナショナル ラジオ付電蓄・スペシャル 1950年代

ナショナルの
ラジオ付真空管電蓄
「スペシャル」です。

XEHnp8QCoNz44UU1381390037_1381390053[1]
qdriMMyPxE60sQU1381390285_1381390308[1]
ナショナル・ラジオ付真空管電蓄
「スペシャル」

縦型の大型電蓄ですが、
威圧感は無く、
優しく撫でたくなるような、
温かさや懐かしさを感じます。

D8nbEvakVjcqWck1381390371_1381390382[1]
眺めているだけで心癒される

温かな音質は、
童謡や唱歌にも向いています。
丁度、松島トモ子、小鳩くるみ、
古賀さと子の童謡のSP盤を
入手したので、
この電蓄で聴いてみました。

松島トモ子の『私の誕生日』(1956年)、
小鳩くるみの『くるみとこりす』
(1953年)、
古賀さと子の『ワンワン・ワルツ』
(1955年)です。
当時のちびっ子人気スターの歌声です。

松島トモ子の声は大人になっても
あまり変わっていません。
5歳の小鳩くるみの声は
完全に幼児声で、
少々聞き取りにくいのですが、
堂々たる歌いっぷりです。
古賀さと子はちょっとお姉さん声です。
『小鹿のバンビ』は
古賀さと子のヒット曲です。

WZnejNfTbmvYQWo1381390495_1381390509[1]
童謡のSP盤(上:ビクター
下:コロムビア)

おまけとして、
以前製作した
AMトランスミッターを使い、
子ども達の合唱を電蓄のラジオに
飛ばしてみました。

音源は私の住んでいる地域で
開催された「童謡唱歌まつり」で、
地元の小学校の合唱団が歌った
『ふるさと』と『もみじ』です。
11年前、娘だけズームで録画した
親バカ映像ですが、
音声は美しい合唱で
記録されていました。
NHK全国放送音楽コンクールで
県の代表に選出された
実力チームの歌声です。

n6atpaK8b6KqAE01381390623_1381390638[1]
AMトランスミッターで
音声をラジオに飛ばす

流れるような美しいメロディや、
跳ねたくなるような楽しいメロディ。
童謡や唱歌は、
心に響く音のエッセンスの宝庫です。
そして大人がどんなに熱唱しても、
子ども達の歌声にはかないません。


[広告 ] VPS


StKIDPCkJ87l6LN1381470194_1381470281[1]
童謡のEP盤(キングレコード)と
LPレコード(日本コロムビア)

PDB0UNZYWOUhf4g1381470494_1381470585[1]
CBS・ソニーレコード
「よいこの童謡デラックス」
60年代の良い子は前歯がみんなムシ歯

日本コロムビア
「デラックスえほんレコード2」
(1969年)の挿絵を紹介します。
美しく、丁寧に描かれた挿絵は、
見る者の心を和ませます。
日本を代表する童画家たちの
素晴らしい作品です。

yL6G764M1NVQKBS1381473049_1381473086[1]
いわさきちひろの挿絵

4EhRJBjiGUFiZkA1381473224_1381473260[1]
井江春代の挿絵

YC5NQj2SHiuqmvk1381473299_1381473337[1]
駒宮録朗の挿絵

xp28tvDIjnLMtKC1381473145_1381473171[1]
深沢邦朗の挿絵

O22OS5M6R4Nio0M1381616410_1381616452[1]
他にも、世界文化社
「ドレミファブック」(1971年)、
国際情報社版
「ことりレコード」(1970年)、
キングレコード
「NHKみんなのうた」(1971年)など、
記憶に残っている人も
いるかも知れません。

Sc56bPsN1FqUrkz1381616536_1381616578[1]
上:「ドレミファブック」より
初山滋の挿絵
中:「ことりレコード」より
田中武紫の挿絵
下:キングレコード
「楽しい童謡名曲全集4」より
北田卓史、国武久巳の挿絵

ofxZ1fbJfVz5uVQ1381616617_1381616649[1]
ポリドールレコード「文部省唱歌集」

まだランドセルや服も質素ですが、
背景の鉄筋コンクリート製の校舎に
高度成長時代の訪れを感じます。

活気に満ちた
元気な昭和にふさわしい
いい笑顔です。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク