三洋電機 ステレオ・ビジョン 14-FP1 1960年製

三洋電機の
ステレオ・ビジョン
14-FP1、
1960年製です。

ラジオ付き電蓄は珍しくありませんが、
テレビ付きとなると珍品です。
1960年製ということで、
一般家庭にも普及してきた
白黒テレビがメインとも言えますが、
箱型テレビの中の、
ブラウン管上部の空きスペースと、   
テレビの音声増幅回路を有効利用した、
アイデア商品です。

三洋 14-FP1 正面
三洋電機・ステレオビジョン 
14-FP1

プレーヤー部
テレビ付き電蓄orプレーヤー付きテレビ
     
当時の定価が75000円で、
大卒初任給の約4.7倍にあたります。
庶民にはちょっと厳しい金額です。
きっとお金持ちのお屋敷のリビングで、
あまり酷使されることもなく、
カラーテレビの導入と共に
お蔵入りしてしまったのかも
知れません。

落ち着いた木製のボディを基本に、
プラスチックの造形を生かした、
当時としては結構斬新なデザインです。

ガチャガチャ回すチャンネルや、
四本足が懐かしく、
オブジェとしても十分楽しめます。
 
電源も入らないジャンク品として
入手しましたが、
ほとんどのパーツを取り外し、
埃とタバコのタールを丁寧に
清掃していくと、
音声のアンプ部が復活しました。
プレーヤーも作動したので、
レコード再生が可能となり、
本体のスピーカーで当時の音を
聴くことができました。

内部
本体内部

テレビ受像回路部
テレビ受像回路部

音声増幅回路部
音声増幅回路部

 プレーヤー部
プレーヤー部 
    
三段階のトーンコントロールを
曲調に合わせセレクトすると、
生き生きした良い音を
聴かせてくれました。
     
テレビの回路については、
全く知識が無いのと、
全てのパーツにべっとり付着した
タールを完全に清拭するには、
相当な根気が要るため、
今回はある程度で妥協しました。
それでも真空管は点灯し、
何か受信しようとしている
ノイズを確認しました。

まあ、希少な機種はあまりいじらず、
オリジナルを尊重することにします。

チャンネル
懐かしいチャンネル
        
三洋電機 14-FP1 ステレオビジョン
三洋電機・ステレオビジョン 
14-FP1 
  
1950年代から60年代の
洋楽を聴きたくなりました。
ヘレン・メリルの
『帰ってくれれば嬉しいわ』(1954年)、
アンディ・ウィリアムスの
『ミスティ』(1962年)、そして
パット・ブーンの
『アイル・ビー・ホーム』(1956年)
を鑑賞しました。

しっかりした木製ボディが
良質のスピーカーボックスとなり、
なかなかの音質です。
2ウェイスピーカーも健在です。

三洋電機に大きな拍手を送ります。 

 
[広告 ] VPS
   
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

東芝 マツダ・フォノラジオ TREー7 1960年代

東芝・マツダの
フォノラジオ
TREー7です。

マツダから東芝ブランドに移行した
1962年頃の製品と思われます。
以前アップした映像は
「マツダ・フォノラジオ TREー7」で
グーグル検索できます。
      
マツダ フォノラジオ
マツダ・フォノラジオ TREー7

プレーヤーの上蓋を閉めると、
まさにこの頃の大型ラジオの外観です。
シンプルなデザインですが、
機能的で操作性は良好です。
さすがに「マツダのラジオ」は
素晴らしい感度で、
とても50年前の製品と思えません。

東芝 マツダフォノラジオ
もちろん「マツダの真空管」です

レコードも
温かみのある優しい音質で、
やはり60年代の歌謡曲と相性が
良いようです。

1965年、日野てる子のヒット曲
『夏の日の想い出』と、
1968年、奥村チヨのヒット曲
『涙いろの恋』
を鑑賞しました。
      
まだ5歳の私でしたが、
白黒テレビに映る、
耳にハイビスカスの花を飾った
日野てる子に、
何故か不思議な魅力を感じていました。
5歳にしてそんなですから、
8歳では当然、
奥村チヨのお色気を
しっかり感じ取っていました。
(イヤなガキだね・・・)


[広告 ] VPS

 
マツダ・フォノラジオ
東芝・マツダ・フォノラジオ
TREー7
 

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク