三菱電機  ダイヤトーン バーチカル・ミュージック・センター X-10  1980年代

本ブログを見て、
三菱電機のダイヤトーンX-10
(DIATONE VERTICAL 
MUSIC CENTER X-10)
のカセットのベルト交換についての
問い合わせがありましたので、
そのポイントを記載したいと思います。
動画と合わせて参考にして下さい。

①カセットのゴムベルトは
3本あります。
その全てを交換するためには、
少々面倒でも、本体(プレーヤー部分)
とその下のコントローラー部分
(アンプやチューナーやカセット部分)
を完全に分離して作業する方が、
結果的には効率的で、
また感電防止の上からも安全です。

②背面を覆う黒いボードを外します。

③下部のコントローラー部分を覆う
鉄製の覆いも外します。
(電源トランスが付いていて
重いので注意して下さい)

④コントローラー部分は、
10か所大きめのネジで
固定されています。

まず、コントローラー内の
固定ネジを外します。
6か所あります。(動画参照)

⑤本体を横に寝かせ、
底面のネジ4か所を外します。
(動画参照)

⑥本体を再び立ててから、
少しずつコントローラー部分を
押し出して、本体から引き出します。
(数センチにとどめて下さい)

⑦改めて本体内部を観察します。
コントローラー部分と上の
ターンテーブル、
又コントローラー部分と
スピーカー出力端子や
FMなどのアンテナ端子、
電源トランスなどとつながっている
配線で、ハンダ付けされていないもの
を外します。
(コネクタやネジ止めによって
つながっているものです)

⑧それから、さらに注意深く
コントローラー部分を本体から
引き離していきます。

⑨途中、何か引っかかった
感触があれば、
配線がまだどこかつながっています。
念入りに探して下さい。
全て外れていると
コントローラー部分だけ分離できます。
(動画参照)
大切なことは、コネクタ類は外す前に、
番号などを油性ペンで書いておき、
元に戻す時どこに付いていたか
分かるようにしておくことです。
(記憶力に自信があれば別ですが・・・)
デジカメで記録しても良いと思います。

⑩外したターンテーブル部分が
倒れやすいので、
あらかじめ倒しておいて下さい。

⑪引き出したコントローラー部分を
よく観察して下さい。
ドラムを覆っているプレートに、
軸受けが付いています。
このプレートを外すと
ドラムがそっくり取り出せます。

⑫最初に、モーター部分を外します。
ネジとバネを外して分離します。
モーターには溶けたゴムが
付着していますから、
根気よくアルコールで清拭して下さい。
(動画参照)

⑬続いて、軸受けの付いたプレートを
外します。
プレートは、2か所のネジで
固定されています。

⑭劣化したゴムベルトを取出し
ドラムを引き抜きます。
ドラムが取り出せたら、
アルコールで溶けたゴムをふき取り、
基板に付いた汚れも綺麗にします。

⑮新しいゴムベルトを付けます。
(動画参照)
ドラムが取り出せるのですから、
ゴムの取り付けは難しいことでは
ありません。
先に内側のゴムから
取り付けていきます。

⑯モーターには後でゴムを
引っ掛けるので、ドラムにゴムを
巻いたら外側のゴムを取り付け、
プレートを元に戻します。
プレート内に、球状の真鍮製の軸受けが
収まっています。
落として無くさないように
気を付けて下さい。
(動画のように真鍮の軸受けが
無いタイプもあります)

⑰プレートを付けてから、
ラジオペンチなどでドラムのゴムを
掴み、モーターに引っ掛けて、
そのままモーターもネジ止めします。
(動画参照)

⑱ゴムの交換が終わったら、
電源を入れ作動確認します。
音はヘッドホンで確認すれば、
スピーカーをつなげなくても
チェックできます。

⑲テープの回転速度は、
モーターの背面の黒いゴムで覆われた
調整ネジを左右に回すことで
調整できます。
(微調整です)

⑳調整が終わったら、
再びコネクタ類を全て接続し、
背面の覆いをネジ止めして
終了となります。


これだけの作業を行っても、
カセットのゴムベルトは
なかなか代用品が合わず、
しばらく使っていると
外れてしまったり、
回転ムラが出やすいのが難点です。
劣化も早く2年もすると
伸びてしまいます。
ネットなどで規格化された
良質のベルトの購入をお勧めします。

コネクタ類を外す時も、
注意しないと細いピンを破損したり
断線したりして、
肝心のプレーヤーまで使えなく
してしまう恐れもあります。

あくまでも内部をいじる時は
自己責任で行って下さい。
ちょっと難しいなと感じたら、
無理をしない方が得策かと思います。

もともと年代物で、
現状で精一杯の所がありますので、
あまりいじらず、
眺めてその雰囲気を楽しむ
という割り切りも大切だと思います。

以上、カセットのゴムベルトの
交換につて記載しました。
参考にして頂ければ幸いです。

整備が終わったX-10のカセットで、
1991年のASKAのシングル
『はじまりはいつも雨』
(作詞・作曲 飛鳥涼)
を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


繝?繧、繝、繝医・繝ウX-10縲?繧ォ繧サ繝・ヨ繝・・繝励??繧エ繝?莠、謠・033_convert_20111124061233
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

エジソン蓄音機(1915年製)ナショナル真空管電蓄(1950年代)  ダイヤトーン「たてコン」(1980年代)

巷では11月ともなると
クリスマスセールが
始まっています。

本ブログでも、
少し早目の『クリスマス特集』
を企画してみました。
『蓄音機・電蓄・
レコードプレーヤーで
聴くクリスマスソング』です。

エジソン蓄音機では、
電気による増幅無しの
SP盤そのままの温かな音を
鑑賞していただきます。

ナショナル電蓄では、
大型の真空管電蓄ならではの
やわらかな音を
鑑賞していただきます。

ダイヤトーンの「たてコン」では
ICを使った増幅回路で、
アナログレコードの音質を
最大限に引き出した、
ダイナミックなサウンドを
鑑賞していただきます。

鑑賞曲として、
エジソン蓄音機では
SP盤で、ビング・クロスビーの
『ホワイトクリスマス』(1942年)、

ナショナル電蓄では、
LP「クリスマス・ドリーミング」で
フランク・シナトラが歌った
『ホワイトクリスマス』(1947年)、

そして「たてコン」では、
LP「ザ・ファイナル/ワム!」より
『ラストクリスマス』(1984年)
をセレクトしました。

オーディオ機器、
60年の音の変遷をお楽しみください。


[広告 ] VPS


繝帙Ρ繧、繝医け繝ェ繧ケ繝槭せ+縲?繝薙Φ繧ー繝サ繧ッ繝ュ繧ケ繝薙・縲?・撰シ撰シ斐??縲?縲?縲?縲?縲?縲?縲?縲?縲?_convert_20111110190122

繝翫す繝ァ繝翫Ν髮サ闢・??繧キ繝翫ヨ繝ゥ縲?018_convert_20111110190607

繝ゥ繧ケ繝医け繝ェ繧ケ繝槭せ+010_convert_20111110191306


繧ィ繧ク繧ス繝ウ繝サ繝?繧、繝、繝医・繝ウ繝サ繝翫す繝ァ繝翫Ν縲?021_convert_20111110190826

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

国産 ラジオ付き真空管電蓄 1940年代

国産のラジオ付き真空管電蓄です。

ピックアップはタヤセイキ、
アンプやチューナーはキクナデンキ、
真空管はマツダと、
まさに純国産電蓄です。
使用している真空管のタイプ(ST管)
から1940年代の機種と思われます。

繝薙け繝医Ο繝シ繝ゥ縲?縲?蝗ス逕」逵溽ゥコ邂。髮サ闢・006_convert_20111113120654

2バンドラジオの
チューニングパネルに、
国内はもちろん世界中の都市の名前が
印記されていて、相当感度に自信が
あったと思われます。

繝薙け繝医Ο繝シ繝ゥ縲?縲?蝗ス逕」逵溽ゥコ邂。髮サ闢・009_convert_20111113121018

ピックアップは、
ゼンマイ式の蓄音機と同じ
鉄針を使用しています。

この時代のピックアップは、
ほとんどが腐食していて
正常には作動しません。
この機種のように
機能しているものは大変貴重です。

繝薙け繝医Ο繝シ繝ゥ縲?縲?蝗ス逕」逵溽ゥコ邂。髮サ闢・012_convert_20111113125019

アンプも様々なパーツの劣化がみられ、
決して良い音とは言えませんが、
どっしりとしたバランスの良い外観や
素朴で優しい感じの装飾に
すっかり癒され、
味わい深い音色に聴こえてきます。

モーターは結構大きな音で
うなりますが、
回転は安定しています。
初期の電蓄のモーターは、
大きさや重さがちょうど砲丸投げの
鉄の玉くらいあり、
パワーはありますが
静かとは言えません。

機能的なことはともかく、
何と言ってもこの存在感は格別です。
眺めているだけでも十分楽しめます。

ルイ・アームストロングのSP盤を
入手したので、
この電蓄で聴いてみました。
『スター・ダスト』と
『ザ・ハックルバック』です。

ルイ・アームストロングが
自分で曲紹介をして、
コルネットを演奏しています。

ライブ録音の良い雰囲気が
伝わってきます。
ご鑑賞ください。


[広告 ] VPS


縲?蝗ス逕」逵溽ゥコ邂。髮サ闢・015_convert_20111113121647

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

ビクター 円盤式磁気録音機 マグナファックスMDR-1 1960年製

ビクターの
円盤式磁気録音機、マグナファックス
MDR-1です。

ナショナル製のマグナファックスの
紹介が続いたので、
メンテも兼ねてビクター製も
動かしてみました。

マグナファックスより少し前に、
日本で初めて磁気録音により
多重録音した加山雄三に敬意を表し、
加山雄三のレコードを鑑賞しました。
(ワイヤーレコーダーを
使用したそうです。
詳しくは『大人の科学』Vol.23
〝進化する磁気記録〟
をお読みください)

マグナファックスの
音声外部出力端子を使って、
当時の方法でステレオ再生
してみました。
つまり、この頃のポータブル電蓄は
音声の増幅回路が当然一つだけなので、
左チャンネルの音声だけ本体で増幅し、
右チャンネルは外部出力してラジオなど
増幅回路のある機器と接続して、
同時に鳴らすことでステレオ再生する
という方法です。
ちょっと手間ですが、
結構立派なステレオになります。

下の写真はマグナファックスの
〝ご愛用のしおり〟の中に入っていた
取説やステレオのカタログです。
ステレオ再生できる電蓄を
〝立体電蓄〟と紹介しています。
現代の3Dテレビのような
インパクトだったのかも知れません。

繝薙け繧ソ繝シ縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ+002_convert_20111106062251


加山雄三全曲集より
『夜空の星』(1965年)を
鑑賞しました。

作詞・岩谷時子、作曲・
弾厚作(加山雄三)です。

マグナファックスのカートリッジを
録音用に換え、
1965年公開の映画
「エレキの若大将」のLDより、
音声のみマグナファックスに外部入力し
録音しました。

寺内タケシも共演者として演奏している
〝GO!GO!エレキ合戦〟の一部と、
星由里子とデュエットしている
『君といつまでも』を録音し、
再生しました。

『君といつまでも』は
1965年の大ヒット曲。
やはり作詞・岩谷時子、
作曲・弾厚作(加山雄三)です。

【注】多分、著作権の関係だと
思いますが、LDから録音した部分が
観られないことが多いようです。
謹んでお詫び申し上げます。

加山雄三は、
ベンチャーズからのエレキブームを
さらに進化させ、
次のグループサウンズ時代への
足場を作ったと言っても
言い過ぎではないと思います。
さしずめ、
〝爽やかな体育会系GS〟です。


高校時代、
同級生から映画で加山雄三が弾いて
いたようなモズライトのギター
(ただしボロボロ)を安く譲って
もらいました。
ところが70年代後半になると
グレコやフェルナンデスから
カッコいいモデルが沢山登場し、
あっさり手放してしまいました。

今見ると
60年代の良い雰囲気が出ていて、
ちょっと悔やまれます。


[広告 ] VPS



繝薙け繧ソ繝シ縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ+008蜉?螻ア髮・ク雲convert_20111104194635

現在、作動品3台、
部品取り用1台所有しています。
独り占めしてすみません。
大切にしていますからお許しを・・・。

繝薙け繧ソ繝シ縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ+008_convert_20111106174706

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク