精工舎 ポータブル蓄音機 三笠蓄音機 1930年代 

精工舎製の
ポータブル蓄音機
ミカサ(三笠蓄音機)です。
1930年代のものと思われます。 

見るからに壊れていたり、
触るのも気が引けるくらい
汚れているジャンク品の中から
〝当たり〟を発掘するのも
ジャンクオーディオコレクションの
醍醐味です。

ゼンマイ式蓄音機の〝当たり〟の
基準はやはり、
レコードプレーヤーの
カートリッジにあたる
サウンドボックスが良好なこと。
最悪、ゼンマイモーターが不良でも、
サウンドボックスが良ければ
他の機種で使うことができます。

この三笠蓄音機も、
上蓋が本体から分離し
壊れていましたが、
逆に内部のダメージはほとんど無く、
80年の時の流れを考えると、
意外に保存状態は良かったとも
言えます。
そこで、修理・整備を始めてみると、
直ぐに〝当たり〟ということが
分かりました。

外装はとても手が込んでいて、
クロスの下に軟らかい緩衝材を入れ、
肌触りがソフトな感触になっています。
磨くと直ぐに美しさを取り戻しました。

本体内部のホーンは、
分厚い木材を使い丁寧に作られ、
サウンドボックスの音を効率良く
拡声してくれます。

ゼンマイモーターの動きは滑らかで、
スピードも極めて安定しています。
「SEIKOSHA」の刻印が、
高品質を保障しているかのように
見えます。

サウンドボックスは大変状態が良く、
SP盤の味わい深い音質を、
十二分に引き出してくれます。

トーンアームは精巧に作られ、
動きも良好です。

まさに、磨くと見事に輝き出す
〝当たり〟のジャンク品です。
ジャンク品が
ヴィンテージ・オーディオに
変わる瞬間です。

修理・整備を終えた三笠蓄音機で、
ビング・クロスビーの『枯葉』
(1950年)と、
ナット・キング・コールの
『ザッツ・マイ・ガール』
(1951年)を
鑑賞しました。

ワインが最も美味しく感じられる、
至福のひと時です。


[広告 ] VPS


邊セ蟾・闊・19繝溘き繧オ_convert_20111027170823[1]


邊セ蟾・闊弱??繝溘き繧オ縲?022_convert_20111025150218[1]
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ナショナル マグナファックス 7F-16 1960年代

ナショナルの
マグナファックス7F-16です。

ソノシートのような専用の
磁気ディスクに録音・再生が
できるレコードプレーヤーです。
カートリッジを交換することで
通常のレコードも再生できます。

1960年代、
ビクターとの共同開発によって
製品化したと思われ、
「マグナファックス」という製品名も
共通です。
カートリッジに付ける録音・再生用の
チップも同じ物が使われています。

私はこのマグナファックスの
大ファンで、いつも新たな
出物がないかチェックしています。
ナショナル製は何種類もあるのに対し、
ビクター製は一つの機種しか
見当たりません。
「ビクター マグナファックス」
でグーグル検索できます。

ビクターは1号機のMDR-1が
最高の出来で2号機を作る必要が
無かったのか、
高額であまり売れず製造を
打ち切ったのか、
その両方かも知れませんが、
MDR-1もあまり見かけません。
(私は4台所有していますが・・・)

とても高品質で完成度の高い
優れた製品です。

一方ナショナルは価格帯に幅を設け、
機能的に少し簡略化したり、
小型化したりして、
いくつか違う機種を製造したと
思われます。
ナショナルらしい商業的な戦略を
感じます。

他の2機種は
「ナショナル マグナファックス」
でグーグル検索できます。

実際この7F-16には
トーンコントロールが無く、
音質は少々物足りません。
その代りマイクジャックが、
他の機種のような特殊な
形状のものではなく、
一般的なミニプラグを採用し、
子供用のマイクでも録音できるため、
気軽に録音・再生が楽しめるように
なっています。

色や形がレトロな良い雰囲気です。
ツマミ類やトーンアームなどは
使い易さを重視した形状で、
デザイン的にはいたってシンプルです。
でもそのシンプルさが、
今見ると実に個性的で特徴ある
デザインに感じたりするのが不思議です。

せっかく磁気録音できる機種ですから、
録音実験をしてみました。

マイクジャックに
エレキギターを直結して、
ダイレクト録音してみました。
入力レベルがやや大きかったため
オーバードライブ(歪み)がかかり、
『ノルウェイの森』がロックぽい
トーンになりました。
それでも十分に楽しめそうです。

とにかくこのペラペラの
磁気ディスクに
録音・再生することを可能にした
作り手たちの熱意に
感動するばかりです。

カートリッジを交換し、
60年代のレコードを再生してみました。
プラスチックのボディを
フルに共鳴させて、
なかなかのサウンドを
響かせてくれました。

GSブーム全盛期の1968年、
ザ・タイガースのヒット曲、
『花の首飾り』と『銀河のロマンス』、
そして同年に200万枚を超える
大ヒットとなった
ピンキーとキラーズのデビューシングル
『恋の季節』を鑑賞しました。

『花の首飾り』は
菅原房子作詞・なかにし礼補作詞・
すぎやまこういち作曲編曲、
加藤かつみヴォーカルです。

『銀河のロマンス』は
橋本淳作詞・
すぎやまこういち作曲編曲、
沢田研二ヴォーカルです。
あの王子様のような衣装は斬新でした。

『恋の季節』は
岩谷時子作詞・いずみたく作曲編曲です。
当時高校生の今陽子の爽やかな歌声は、
今聴いても心地良く
胸の奥に届きます。


[広告 ] VPS


繝翫す繝ァ繝翫Ν縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ縲?7F-16+繧カ繝サ繧ソ繧、繧ャ繝シ繧ケ縲?繝斐Φ繧ュ繝シ縺ィ繧ュ繝ゥ繝シ繧コ縲?007_convert_20111020144223[1]

繝翫す繝ァ繝翫Ν縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ縲?7F-16+009_convert_20111020163412[1]

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ナショナル ポータブル・レコードプレーヤー SG-501N 1980年代

ナショナルの
ポータブル・レコードプレーヤー
SG-501Nです。

以前紹介したSG-503Nと同タイプです。
(ナショナルSG-503Nで
グーグル検索可能)

SG-503Nは、
ターンテーブルに子供が喜びそうな
カラフルな絵が描かれていましたが、
SG-501Nでは普通の黒色のシートに
なっています。
SG-503Nのブログに
「2,3台ストックしておきたい
お薦めの逸品」と記載していますが、
本当にレコードを手軽に楽しむには
とても良い製品です。

もちろんプラスチック製で、
内蔵スピーカーも小さいので、
小さなラジオ並みの音質ですが、
イヤホンジャックを利用して
使っていないCDコンポのスピーカー
などと接続すれば、
結構落ち着いた良い音になります。

こういうポータブルプレーヤーでは、
ちょっとほのぼのするような
曲が聴きたくなります。

1983年にミリオンセラーとなった
TV「欽どこ」の挿入歌、
わらべwith KINDOKO FAMILYの
『もしも明日が・・・』と、
1984年の
『時計をとめて』を鑑賞しました。
どちらも作詞・荒木とよひさ、
作曲・三木たかしです。

『もしも明日が・・・』の編曲は佐藤準
(『セーラー服を脱がさないで』では
作曲と編曲担当)ですが、
イントロのマンドリン演奏が
哀愁を誘い、
何故か〝胸キュン〟になります。
実に見事な編曲です。


[広告 ] VPS


繝翫す繝ァ繝翫Ν縲?SG-501N+004_convert_20111010155400[1]

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ケンウッド ダイレクトドライブ・リニアトラッキング・ターンテーブル KP-747 1980年代

ケンウッドの
ダイレクトドライブ・
リニアトラッキング・ターンテーブル
KP-747です。

この前紹介したケンウッドP-3Jより
やや小振りで、
ほぼLPジャケットサイズです。
システムコンポのA-5Jのアンプや
GE-5Jのグライコの上に
乗せるとサイズの違いが分かります。

プログラム選曲機能を備えた
ダイレクトドライブのプレーヤーも、
1985年頃にはほぼ各社出揃いました。
形やデザインも似た感じで、
コストダウンや効率良い量産体制を
重視しているような印象を受けます。
遊び心が感じられず、
見ていてもあまり面白くありません。
ただ、機能的には驚くほど高水準で、
プログラム選曲の精度はダントツです。
このあたりが、
オーディオファンを引き付ける
ケンウッドの魅力かも知れません。

CDに負けない澄んだ音質ですが、
高音は金属的な音にならず、
レコードの魅力を最大限に
引き出してくれます。

このプレーヤーでの鑑賞に、
シカゴとビリー・ジョエルを
選びました。

1982年のアルバム
「シカゴ16/ラヴ・ミー・トゥモロウ」
から
『素直になれなくて/ゲット・アウェイ』
『ホワット・ユアー・ミッシング』、
そして1978年の
ビリー・ジョエルのアルバム
「ニューヨーク52番街」から
『マイ・ライフ』『オネスティ』
を鑑賞しました。
プログラム選曲での再生です。

「シカゴ16」は
デイヴィッド・フォスターが、
「ニューヨーク52番街」は
フィル・ラモーンが
プロデューサーを務めています。

どちらもレコード史に残る
名盤となっています。
聴けば聴くほど奥の深さを感じます。
ちなみに、「ニューヨーク52番街」は、
世界で初めてCDとなったアルバムです。


[広告 ] VPS

 
繧ア繝ウ繧ヲ繝・ラ縲?KP-747+004_convert_20111002192847[1]

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク