三菱電機 ダイヤトーン オーディオ・システム X-1000 1978年製 

三菱電機のダイヤトーン・
うす形オーディオ・システム
X-1000です。

新しいコンセプトで、プレーヤー、
チューナー、テープデッキ、
そしてアンプを、
なんと25㎝の奥行で縦形に
まとめ上げた通称「たてコン」
(縦形のシステムコンポ)です。

ミニコンポが登場するまでは、
セット物のシステムコンポは
かなりのスペースを必要とし、
狭いリビングに置くとラックの角に
足の小指をぶつけたりして、
結構邪魔な存在になっていました。

「たてコン」の製作者たちはきっと、
薄くても倒れない程度の安定感が得られ、
さらに邪魔にならないギリギリの奥行が
どの程度になるのか、
何度も何度も試作したことでしょう。

ラックと一体になっているので、
ちょっと大きめのCDラックを
配置するような感覚で、
家具の一つとして室内にレイアウト
できます。

木製ラックは美しく高級感もあります。
以前から、
ダイヤトーンの縦形プレーヤー
(ダイヤトーン X-10、
ダイヤトーン X-11
でグーグル検索可能)
のデザインセンスの素晴らしさに
感心していましたが、
このX-1000はスピーカーも含めた
トータルの印象が実に優雅で上品です。

私は一目で気に入り、
不動のジャンク承知で入手しました。
もし、どうしても直らなければ、
機器を外してレコードキャビネットに
するつもりでした。
幸い、プレーヤー、テープデッキの
不動の原因は、例によって
駆動ゴムベルトの劣化と溶解で、
交換すると元気に作動しました。
アンプもチューナーも正常に
作動したため、徹底的に清掃すると
ほぼ一日でピカピカの完全作動品に
回復しました。

プレーヤーのカートリッジを
新品に交換すると、
驚くほどクリアーなデジタルに
近いサウンドが、大迫力で部屋中に
広がりました。

ラックと同じ高さのスピーカーは
格調高くハイセンスです。
5㎝の高音用と25㎝の低音用の他に、
同じ25㎝のパッシブラジエータ方式
のスピーカーを備え、
共鳴による低音域の増幅を図っています。
音量を上げるとその効果を直ぐに
実感できます。

カセットも安定した再生で、
昔のテープを次々聴きたくなりました。

眺めて半分、
聴いて半分楽しめる「たてコン」。
細部まで手を抜かず丁寧に仕上げた、
本当に見事な逸品です。

よみがえったテープデッキで、
竹内まりやの『駅』(1987年)、
ダイヤトーン自慢のプレーヤーで、
バリー・マニロウの
『ふたりのオールド・ソング』
(1981年)と、
エルトン・ジョンの
『グッバイ・イエロー・
ブリック・ロード』(1973年)
を鑑賞しました。

ミニコンポでは絶対に味わえない、
スケールの大きなサウンドです。


[広告 ] VPS


繝?繧、繝、繝医・繝ウX-1000+060_convert_20110917124457[1]

繝?繧、繝、繝医・繝ウX-1000+026_convert_20110918152124[1]



スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ナショナル ステレオ・サウンド・システム SF-540      1960年代

ナショナルの卓上型ステレオ・
ステレオ・サウンド・システム
SF-540です。

コンパクトにチューナーと
プレーヤーをまとめています。
木製のボディはしっかりした作りで、
多少の衝撃にはびくともしません。
また、ツマミ類は機能性を重視した
飾り気のないシンプルなものです。
だからこそ今まで現状を
保ってこられたのでしょう。

前面の開閉扉を持ち上げ格納すると、
プレーヤーが操作できるように
なっています。
ラジオはFM/AMの2バンドで、
感度良好です。
スピーカーは内蔵されていませんから、
もともとは同じ高さで、
同じ材質で作られた
左右のスピーカーボックスが
付属していたのかも知れません。

プレーヤーのモーターや
アイドラーも状態が良く、
安定した回転が得られています。
レコード針はこの時代の
最も一般的なタイプで、
新しいものと交換しています。
ボリューム、トーンコントロール共に
良好に作動します。

黛ジュンの『雲にのりたい』
(1969年 大石良蔵作詞・
なかにし礼補作詞・鈴木邦彦作曲)と、
島倉千代子の『愛のさざなみ』
(1968年 なかにし礼作詞・
浜田庫之助作曲)を鑑賞しました。

島倉千代子は50年代のアイドル、
黛ジュンは60年代のアイドル。
今でもどこかカワイイ印象が
残っているのは、
みんなに愛されたアイドルの
証しでしょう。
二人の爽やかな歌声が、
味のあるステレオの真空管サウンドに
乗って優しく広がります。


[広告 ] VPS


繝翫す繝ァ繝翫ΝSF-540+012_convert_20110904104933[1]

ちょっと遊びたくなり、
この真空管アンプに
同じ60年代のビクターの
Hi-Fiステレオプレーヤーを
つないで再生してみました。

この時代のアメリカンポップスの
代表みたいなニール・セダカと
ポール・アンカの曲を鑑賞しました。

ニール・セダカで、
『恋の片道切符』(1960年)、
『恋の日記』(1958年)、
そして『小さい悪魔』(1961年)。
ポール・アンカで、
『ダイアナ』(1957年)、
『君は我が運命』(1958年)、
そして『あなたの肩に頬うめて』(1959年)。

心地良いメロディです。
何曲でも聴きたくなります。


[広告 ] VPS


繝翫す繝ァ繝翫ΝSF-540+013_convert_20110904105225[1]

 
 

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク