ゼニス コブラ オートチェンジャープレーヤー 1950年代

アメリカの
ゼニス・ラジオ・コーポレーション製
オートチェンジャー・
レコードプレーヤー・
コブラです。

大きなスピードメーターのような
ラジオのチューニングパネルが
特徴的で、レトロのいい雰囲気を
かもし出しています。

プラスチック製のボディの機種は
時々見かけますが、
木製でクロスを丁寧に貼り付けた
ボディのものは珍しいと思います。

4スピードプレーヤーですが、
速度はスライド式に可変でき、
微調整も一緒に行います。
レコード盤のサイズを
セレクトレバーで切り替えると、
自動演奏します。
曲の途中でも、
レコードチェンジボタンを押すと、
強制的に次のディスクに変わります。

ラジオの感度は実に良好です。
大きなボディを生かし、
背面にループアンテナを
仕込んでいます。
きっとアメリカでは、
1950年代、
各地にラジオ放送局があり、
結構強い電波を
発信していたのかも知れません。

アメリカから輸入しました。
当初、オートチェンジャーは作動せず、
プレーヤーもノイズしか
再生しませんでした。

この時代のオートチェンジャーは、
ターンテーブルの回転力を利用し、
ギア、バネ、針金を使い、
時計仕掛けのように正確に動きますが、
逆にそのどれかに不具合が生じると、
めちゃくちゃに動き出し、
レコードを傷つけてしまいます。

注意深く調べると、
バネが外れていたり、
電磁石を利用したスイッチが
断線していることがわかりました。
カートリッジも不良で、
小さなトーンアームに収まる
別のものと交換しました。

内部清掃時に、
どのようにしてスピーカーの真ん中に、
ラジオの選局用の指針を
取り付けているのか
確認できました。
(動画でアップしています)
斬新なアイデアに脱帽です。

大型電蓄なみの大きなスピーカーから、
味わい深い温かなサウンドが響きます。

佐良直美の、
1969年日本レコード大賞受賞曲、
『いいじゃないの幸せならば』と、
1967年
日本レコード大賞新人賞受賞曲、
『世界は二人のために』を、
オートチェンジャーで
連続再生して鑑賞しました。

『世界は二人のために』は、
山上路夫作詞・いずみたく作曲です。
『いいじゃないの幸せならば』は、
岩谷時子作詞・いずみたく作曲です。

まさに、昭和らしい名曲です。


[広告 ] VPS


繧シ繝九せ縲


スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ビクター ポータブル・ディスク・コンポーネントDC-5    1980年代

私の『お気に入りラジカセ』
第2位は、
ビクターのラジカセ、
ポータブル・ディスク・コンポーネント
DC-5です。

シャープのVZ-V2ほど
大きくはありませんが、
奥行きは結構あり、
重量もかなりのものです。

レコードプレーヤーは、
リニア方式のフルオートマチックで、
ターンテーブルが半分くらい
フロントローディングして出てきます。
レコード再生もそのままの状態で行い、
収納したままでは作動しません。

ラジオ、カセット、
レコードプレーヤーのセレクトが、
それぞれの操作ボタンを押すだけで
自動で切り替わる、
オートマチック・ソース・セレクターを
採用していて大変便利です。

カセットもメタルテープ対応で、
とても良い音です。

奥行きがあるだけに、
スピーカーボックスも大きく、
しっかりした重低音が響きます。
本体からスピーカーを
離すことができますから、
コンポステレオとしても楽しめます。

洗練されたデザインが見事で、
配色もハイセンスです。
自然と大切に扱いたくなります。

1970年代後半の女性アイドルで、
忘れてはならないのは、
やはり山口百恵でしょう。
歌手としてだけでなく、
テレビドラマや映画でも大活躍し、
まさに国民的アイドルに
成長した全盛期に、
いさぎよく寿引退したことで、
逆に強く記憶に残っています。

世田谷区の経堂に住んでいた頃、
〝赤いシリーズ〟のロケを
しているところに
遭遇したことがあります。
近所の外科医院の正面を、
ドラマで使っていたのです。
山口百恵が、病院玄関から
出て来るシーンでした。
短時間の撮影でしたが、
私には彼女の周りから、
黄金の後光がさしていたように、
眩しく輝いて見えました。

山口百恵は、本当に〝菩薩様〟でした。

1978年、
谷村新司作詞・作曲の
『いい日旅立ち』、
同じく1978年、
阿木耀子作詞・宇崎竜童作曲の
『プレイバックPart2』、
そして1977年、
さだまさし作詞・作曲の
『秋桜』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


繝薙け繧ソ繝シDC-5縲

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

サンスイ オートマチックDDターンテーブルP-M70     1980年代

サンスイの
COMPUTERIZED AUTOMATIC
DDターンテーブル
P-M70です。

清潔感のあるメタリック調のボディが
ちょっと未来的です。
上蓋を平らにせずアクセントを付け、
LPジャケットサイズより
やや大き目にして
窮屈感を無くしています。

操作ボタンのレイアウトは
他社とほぼ同じですが、
配色のセンスが良く、
サンスイらしい
クールな仕上げが上手です。

当初、トーンアームがはじめから
降りた状態で戻らず、
再生ボタンを押すとそのまま移動して、
レコードの淵に激突してしまうという
最悪の不具合がありました。
本体を傾けると、
何やらカラカラ小さな部品が
外れているような音がしました。
中を開けてみると、
トーンアームの昇降を駆動する部品の
一部が欠けていました。
その破片を見つけ瞬間接着剤で付けると
問題は解決しました。

針は完全に折れて無くなっていました。
曲間を感知するセンサーの
目の部分と一体になっているので、
他のもので代用できません。
ナガオカに問い合わせると
全く在庫無しとのこと。
日本になければ海外で探そうと調べてみると、
アメリカで販売している会社があり、
輸入することに。
飛行機による輸送料や関税を加えても、
日本での販売価格の4分の3程で
入手できました。
円高の影響を実感しました。
サンスイは結構アメリカで
人気のようです。

1976年のボストンの
ファースト・アルバム「幻想飛行」から
『宇宙の彼方へ
(More Than A Feeling)』と、
1978年のセカンド・アルバム
「ドント・ルック・バック」から
『ドント・ルック・バック
(Don't Look Back)』
を鑑賞しました。

シンセサイザーやコンピューターを
使用せず、大変な時間をかけ、
多重録音でミックス作業を行い
完成させたことで有名なアルバムです。

トム・ショルツが、
作詞、作曲、アレンジ、リード・ギター、
ベース、キーボード、
プロデューサー、エンジニア、
ミキサー、アルバムカバーデザイン、
サウンドプロデュースなど、
ボーカルとドラムス以外全て
一人で行っています。驚きです。
アメリカらしい
プログレッシブ・ロックの名曲です。

余談ですが、高校時代に多重録音に憧れ、
持っていたカセットテープレコーダーの
消去ヘッドの導線をカットし、
録音を重ねるという相当無謀な裏技で、
ピンク・フロイド風の短い曲
(ほとんど効果音)
を作ったことを思い出しました。
一発勝負ですが、
消去されなければ最初に録音した音が
残っていますから、
頭に戻って多重録音できます。
ただし後で入れた音の方
小さくなるので、
数回が限界です。

興味のある方はお試しを。しないか・・・。


[広告 ] VPS


繧オ繝ウ繧ケ繧、-M70縲

  

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

パイオニア フルオートマチックターンテーブルMX-80  1980年代

パイオニアの
フルオートマチックターンテーブル
MX-80です。

カセットデッキやFM・AMの
デジタルチューナー付きで、
お好みのスピーカーとつなげて、
時にはカジュアルに、
時には本格的にオーディオを楽しめます。

とても洗練されたデザインです。
トーンコントロールや
ラジオのマニュアルチューニングボタン、
ヘッドホンジャックなどは
半透明の蓋で隠し、
よく使う操作ボタンは
デザインの一部として
すっきりと配置してあります。

上蓋に開けた横長の窓の大きさも
実にバランス良く、
トータルで気品と高級感、
存在感をアピールしています。

パイオニアの家庭用LDプレーヤー
LD-1000の第1号機に少し似ています。

LDといえば、最近はすっかり
リサイクルショップの
ジャンクコーナーに
追いやられてしまいましたが、
私は今でもLPレコード同様、
『30㎝×30㎝のアート』として
コレクションし続けています。
お気に入りのジャケットを、
100円均一のイーゼルに立てかけ、
インテリア代わりに楽しんでいます。

話をMX-80に戻します。
ターンテーブルとカセットの
ゴムベルトは、
当然すっかり溶解していました。
例によって市販のゴムバンドで
代用します。
カセット部分が本体から外せたので、
今回はドラムの支柱の隙間から
ゴムベルトを入れきちんと交換しました。
速度調整を繰り返していくと、
本来の素晴らしいサウンドが
よみがえりました。

1984年公開、
宮崎駿監督のアニメ映画作品
『風の谷のナウシカ』の
サウンドトラック盤から、
クライマックスシーンと
エンディングテーマ曲を、
レコードで鑑賞しました。

映画を観た人なら、
すぐにこのシーンが頭の中に
見えてくるでしょう。
音楽はもちろん久石譲です。

兄が購入したパイオニアのLD-1000で、
私は初めてLDの映像を見ました。
それが、
映画『風の谷のナウシカ』のLDでした。
その映像の美しさと
ストーリーの素晴らしさに、
大変なショックを受けたことを
今でもよく覚えています。

まさに
「レコードから絵が出てきた」
驚きでした。
第1号機に心から敬意を表します。


[広告 ] VPS


繝代う繧ェ繝九い縲

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コロムビア ポータブルレコードプレーヤー228MD     1970年代

コロムビアの
ポータブルレコードプレーヤー
228MDです。

エンジと黒のコントラストが目を引く、
ポップな感じのカッコいい
レコードプレーヤーです。

ビクターや東芝など各社、
ほとんど同じタイプの
レコードプレーヤーを作っていますが、
上蓋に音量調節用の穴や、
スピーカーの音を開放するための穴を
あけているものはあまり見かけません。
プラスチックの利点を
うまく生かしています。

操作性良好で、
音質も中高生が手軽にレコードを
楽しむには十分です。
トランジスタラジオのような、
乾いた元気な音が飛び出します。
マイクミキシングができる
オマケ付きです。

中学生に戻って、
70年代のアイドルのヒット曲を
聴きたくなりました。

お茶の間の人気アイドルグループ、
キャンディーズのヒット曲から、
1976年の『春一番』、
1975年の『年下の男の子』と
『ハートのエースが出てこない』
を鑑賞しました。

「妻にするならスー、
恋人にするならラン、
秘書にするならミキ」
男共が夢中になるのもうなずけます。


[広告 ] VPS


繧ウ繝ュ繝
 

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク