オーギ電子 バンロックレコーダー E-101 1980年代

オーギ電子の
レコードカッティングマシン
バンロックレコーダー E-101です。

kLvgFDpPYiDkI6b1491458845_1491458869[1]
VANROC RECORDER E-101

stqjpS4lQuW9tE41491459936_1491459960[1]
y5pOgl3Dd5Dfe0g1491460028_1491460051[1]
左がバンロックレコーダー、
右がアトムレコーダー。
VUメーターの色が違うだけで、
基本的には同じものです。

実は随分前にバンロックレコーダーの
カッター針を壊してしまい、
お蔵入りしていました。

60fAgXB0JmSrQ5u1491091211_1491091234[1]
最近、
海外のカッティングマシン用の
カッター針を見つけました。
かなり古い物ですが
未使用品だったので
入手しました。

bl_nsFb_PBEefia1491460116_1491460139[1]
針先は金属です。
(ひと目盛り0.5ミリ)
いかにも切れそうです。

pMheimq5cvZOGB11491459110_1491459131[1]
iNPcX_rPLRSj7bS1491459209_1491459239[1]
カッター針の把持部分が、
バンロックレコーダーには
やや太かったので、
少し削ってセットしました。

zq7e6pDpGIQCNdJ1491459622_1491459651[1]
HNaXjxlURYtIYFu1491459331_1491459357[1]
プラバンでのカッティングは
極めて良好で、
ベストな状態で
録音できました。
やはりカッティングマシンは
針が命です。

6vakU2Zq90zcyJm1491459714_1491459759[1]
バンロックレコーダー復活記念に
オリジナルレコードを作製しました。

OL8XK55nLOLY6Gf1491459835_1491459878[1]
外部入力で、
CD・MDコンポと接続しました。
マニュアルモードで、
やや大きめの音量で録音します。

GAyELI4igNq1MAD1491458647_1491458687[1]
サンプル音源は、
私と小2の娘がカラオケで歌った
『True Love Story』(2000年)です。
(郷ひろみと松田聖子のデュエット曲)
“究極の親バカ”承知です(笑)。


[広告 ] VPS


_zcAwzb0B9_krQE1491458752_1491458775[1]
プラバンレコードは、
レーベル作りも含め
一度作ると癖になります(笑)。

さらにタイミングよく、
ポリカーボネート板が入手できたので、
同様に録音実験してみました。
プラバンより硬いので、
若干針圧を上げました。
(コイン2個分)
評判通り、なかなかの音質です。
今後はポリカーボネート板が
カッティングマシンの
主流になるかも知れません。

私がカラオケで歌った
吉幾三の『酒よ』(1988年)を録音しました。
カップリングは、
テレビ番組で坂本冬美がカヴァーした
『酒よ』です。

こんな“あり得ない一枚”が作れるのも
カッティングマシンの醍醐味です(笑)。


[広告 ] VPS


zM_Qz7N_g6bcitL1491902917_1491902952[1]
ポリカーボネートレコード
坂本冬美『酒よ』

YA14ojYqxj2hzdN1491459023_1491459051[1]
バンロックレコーダー E-101
スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

アトムレコーダー A-101 レコードカッティングマシン 1980年代

アトムレコーダー
A-101です。

jDQjELrjP6W8SZ11458472415_1458472426[1]
アトムレコーダーA-101

pB75bmT0GFBSmDB1458545497_1458545509[1]
ポータブルの
レコードカッティングマシンです。
銀行からこれを持って出て来たら、
間違いなく多額の現金が入っていると
勘違いされます(笑)。

G9QkF6muDmPDx5m1458472361_1458472372[1]
6TWmLbAL963aFkc1460602472_1460602710[1]
Hz8V5xu6BMzTB5K1461228244_1461228341[1]
サファイヤ針でカッティングします。
鉄針やミニドリルの先など
色々代用して実験してみましたが、
サファイア針に勝るものは
見つかりませんでした。

5ZlwDqfJWg9G7_C1458545058_1458545088[1]
トーンアームの中には、
カッティング針を振動させるコイルが
入っています。
スピーカーと同じ原理です。

sNB0gjDaOkVi5Zw1458545285_1458545296[1]
RGFsztKIdzMJU3h1458545386_1458545398[1]
トーンアームは固定され、
ターンテーブルの方が
スライド移動していきます。

取扱説明書を読むと、
ラッカー盤に録音した後、
「専用のレーベルに
お店の名前やお客さんの名前を書き、
貼り付けてお渡しください」といった
記載があり、どうもカラオケスナックでの
業務用として作られた感じです。

OYszOTjzr7uUrrI1458472466_1458472477[1]
ミキサーを使わなくても、
本体でマイクと外部入力(カラオケ音声)を
ミキシングする機能があり、
お店の雑音の中でも
ヘッドホンで確認できるように
なっています。

いずれにせよ、
アナログレコードファンが
遊ぶにはもってこいの
ユニークな製品です(笑)。

qbblPfKErjOlGvh1458472311_1458472325[1]
時々メンテを兼ねて動かします。
ラッカー盤の代用として、
安価なプラバンを使い
オリジナルレコードを作製しました。
今回は0.3ミリの薄いプラバンで、
ソノシート様のレコードにしました。

YouTubeで見つけた音楽番組の音声を
外部入力し、オート録音しました。

長山洋子と坂本冬美が歌った
『風雪ながれ旅』、
坂本冬美と藤あや子が歌った
『越冬つばめ』を、
それぞれ録音した後で貼り合わせ
一枚のディスクにしました。


[広告 ] VPS


RJ6jOe59YWgPxQ21458472528_1458472538[1]
自作のプラバンレコード。
レーベル作りも結構楽しい。

もう一枚、
やはりYouTubeから、
坂本冬美と藤あや子が
ふたりのビッグショーで歌った
『逢いたくて逢いたくて』
『恋の奴隷』
『時の流れに身をまかせ』
を録音しました。


[広告 ] VPS


RiOQFmaY0g2X2zG1459451556_1459451596[1]
こちらはマニュアル録音で作製。
レベルメーターが振り切れないように
やや控え目に録音すると、
普通のポータブルプレーヤーの出力では、
最大でも音量不足を感じます。

xwSziiZq8OBmXsU1461228120_1461228155[1]
カッティングしたプラバンの
50倍拡大です。
(マイクロスコープ使用)

ySQP0vjVpsOlyKk1461227969_1461228007[1]
500倍に拡大すると
音溝が見えてきます。
ささくれたカット面が、
ノイズの原因の一つに
なっているのかも知れません。

V8bY7MOxIjvQwsY1458545445_1458545459[1]
以上、おじさんの自由研究でした(笑)。

jDQjELrjP6W8SZ11458472415_1458472426[1]
レコード・カッティングマシン
アトムレコーダーA-101

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

アトムレコーダーA-101 レコードカッティングマシン 1980年代

レコードカッティングマシン、
アトムレコーダーA-101です。

Tnh_DGgrI3MwB331406428241_1406428253[1]
vAAJW1dHaNYf8pj1406427744_1406427762[1]
KoTWXRdgOxj0mZn1406427846_1406427896[1]
アトムレコーダーA-101

家庭で簡単にアナログレコードを
作製することができる、
レコードファンにとっては
夢のような機械です。

ポータブルで意外に軽量なので、
出張録音も十分可能です。

時々動かしたくなります。
貴重なラッカー盤は使わず、
タミヤのプラバンで代用します。

今回は1ミリ厚のものを使用し、
滑沢な表面のみ使って2曲をそれぞれ
片面録音し、後で2枚を貼り合わせて
両面ディスクにしてみました。

プラバン自体のノイズにかき消されないように、
やや大きめの音量でマニュアル録音します。
鑑賞に堪えられるギリギリの音質です。

19zEPEQsImwVeqB1406427587_1406427627[1]
プラバンをEPサイズに切り出しセッティング。
音源はCDプレーヤーより外部入力する。

dAurHcCrAHnq66j1406427991_1406428007[1]
鋭いカッティング針

当然、CDのまま聴いた方が
良い音に決まっていますが、
この無駄な手間が、
〝昭和のいたずら小僧〟
の好奇心を刺激して、CDで聴くより
何倍も楽しませてくれます。

辻ちゃん・加護ちゃんのユニット(ダブルユー)が、
昭和の女性デュオの名曲をカヴァーした
アルバム「デュオU&U」を、
2004年にリリースしています。
その中から、
『好きよキャプテン』と
『白い色は恋人の色』の2曲を音源として、
プラバン録音してみました。

活動期間の短いデュオでしたが、
2人の天性の才能が本アルバムには
凝縮されています。
忘れ去られてしまうには惜しい、
完璧なデュオです。


[広告 ] VPS


_no7TzkYT5iNwap1406433440_1406433465[1]
トーンコントロールの無い
ナショナルSG-503Nで再生。
プラバンレコードそのままの音が聴こえる。

is8APJpctgSzpEB1406428444_1406428473[1]
手作りのレーベルとレコード袋
世界に一枚の限定生産レコード

出来上がったプラバンレコードを眺めていると、
今度は無性にラッカー盤でレコードを
作りたくなりました。
すぐに欲が出る悲しい性です。

同じくダブルユーの歌った
『待つわ』をサンプリングしました。


[広告 ] VPS


EhRQP7qeWjIIVyS1407872897_1407872919[1]
アトムレコーダーに用いる
EP盤サイズのラッカー盤(当時モノ)

明らかに音質は向上し、
愛用のダイヤトーンX-1000でも
十分再生可能です。

アナログレコード時代の忘れ形見A-101。
放送博物館に展示して欲しい一台です。

__B0XO2V3cMhHXE1407872999_1407873019[1]
ダイヤトーンX-1000で再生。
縦型リニアで自動再生できるのは、
高い精度でカッティングされている証拠。





テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

アトムレコーダー A-101 レコード・カッティングマシン  1980年代

レコード・カッティングマシン・
アトムレコーダー
A-101です。

メンテを兼ねてレコードを
作製してみました。

アトムレコーダーA-101
アトムレコーダーA-101
レコード・カッティングマシン

ポータブルのレコードカッティングマシン
ポータブルのレコードカッティングマシン 
出張レコード製作可能です

貴重なラッカー盤は使わず、
「タミヤのプラバン」で代用します。
1.2mm厚B4サイズですと
EP盤が2枚作れます。
以前使用したプラ板は薄くて、
出来上がりはソノシート様でした。
そこで今回はやや厚めのプラ板にし、
通常のレコードに近づけました。
(ラッカー盤録音の映像は
「アトムレコーダー A-101」
でグーグル検索可能)

例によってゴムベルトは
ヘナヘナに伸び切っていたので
交換します。
(少し幅のある輪ゴムでOK)
内部にもプラ板の削りカスが
入っているので清掃します。
注油して回転速度の微調整をすれば
準備完了です。

アトムレコーダーA-101 駆動ゴムベルト
トーンアームではなく、
ターンテーブル自体を正確に
リニアトラッキングさせるための
工夫がみられる

アトムレコーダーA-101 駆動モーター
駆動モーターは大きく、
トルクもありそう
ターンテーブルの移動は、
長い棒のネジ溝に
スライドテーブルの
一部をかませる
エジソン蓄音機と同じ方法

気分はすっかりレコーディング・
エンジニアです。
録音する音源がCDですから、
明らかに音質は劣化します。
これは「レコーディングごっこ」です。
アナログレコード化されていない曲を、
CDからシングルカットします。

坂本冬美「Love Songs」より
『恋』
(作詞・作曲:松山千春 1980年)を
サンプリングしました。
松山千春のオリジナルも
素晴らしいけれど、
女性の声でも
聴いてみたかった曲です。
坂本冬美が、
見事に繊細な女心を
歌い上げてくれました。

レコード製作過程と、
松山千春のオリジナルも
録画しておきました。

もう一枚、同じく坂本冬美
「Love SongsⅡ」からも
サンプリングしました。
1973年、かぐや姫のヒット曲
『神田川』
(作詞:喜多條忠・作曲:南こうせつ)と、
1975年、小坂恭子がヤマハのポプコンで
最優秀歌唱賞を受賞した曲
『想い出まくら』
(作詞・作曲:小坂恭子)を、
一枚のプラ板に両面録音しました。

坂本冬美が歌う『神田川』を聴いていると、
男ども(おじさん)は皆、
三畳一間の小さな下宿で、
坂本冬美と暮らしているような
イメージをふくらめることでしょう。
貧乏暮らししたくなります。
(1週間くらいなら・・・)

『想い出まくら』は、
坂本冬美らしい爽やかな
青春演歌になっています。
まさにプロの演歌歌手の実力を
感じさせる一曲です。

なお、再生機として
ダイヤトーンX-1000と
ナショナルSG-501Nを使用しました。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


アトムレコーダーでレコード製作
アトムレコーダーA-101でレコード製作

松山千春アルバムと坂本冬美オリジナルレコード 
松山千春アルバムと
坂本冬美プラ板レコード

プラバンレコード録音 坂本冬美
プラ板レコード
坂本冬美 神田川/想い出まくら

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

アトムレコーダーA-101 ラッカー盤録音 1980年代

レコードカッティングマシン
(アトムレコーダーA-101)で
録音するために作られた
ラッカー盤を入手しました。

現在国内では、
LP盤サイズのラッカー盤を
製造している会社がありますが、
EP盤サイズのものは作っておらず、
大変希少なディスクです。
EP盤サイズのラッカー盤しか
カッティングできない
アトムレコーダーが
市場に出回っていた頃は、
当然普通に購入できたはずですから、
その頃のデッドストック品と思われます。

以前、ラッカー盤の代用品として
プラ板をEP盤サイズに切り、
録音実験しました。
(本ブログ「カッティングマシン」
で検索できます)
プラ板でも十分鑑賞に耐えられる
音質が得られましたが、
本来のラッカー盤では
どんな感じになるのか、
大変興味がありました。
そこで早速録音実験してみました。

ラッカー盤は
薄い金属製のプレートの表裏に
ラッカーを吹き付け、
鏡面仕上げされています。
通常のレコード盤よりやや重く、
鼻を近づけると
ラッカーのにおいがします。

プラ板で何度も
カッティングしていたので、
同じ感覚でレコーディングを始めました。
すると、たちまち軟らかな削りカスが
加熱されたカッター針の周りに
からみつき、モクモク白煙を上げました。
あわててブラシで
取り除こうと試みましたが、
溶けたラッカーがポタっと盤上に落ちて
くっついてしまいました。

プラ板よりも溶けやすい点は要注意です。

さらに、針圧も結構シビアで、
圧がかかり過ぎると下地の金属まで
針が入ってしまい、
引っかかると
カッティングできなくなります。
もちろん圧が弱過ぎても
カッティングできません。
微妙なさじ加減が必要です。
失敗したラッカー盤で練習です。

素手でしばらく触っていると、
しっかり指紋の凹凸が
付いてしまうような
軟らかなラッカー盤は、
相当デリケートなものだと実感しました。

それでも完成したディスクは、
録音素材とほぼ同じ音質で、
十分鑑賞に耐えられるレベルの
レコードになっていました。
当時、自分で楽器を演奏する人や
歌の好きな人などは、
オリジナルのレコードを作って
楽しんでいたことでしょう。
レーベルをパソコンで作り貼り付ければ、
市販のレコードと
見分けがつかなくなります。

録音実験には、
素材として私の娘が小学校2年の時
カラオケで歌った
松田聖子の『恋する想い』を使い、
MDから外部入力で
アトムレコーダーに入力して
カッティングしました。
(親馬鹿承知です)

なお、『恋する想い』は、
松田聖子が1998年に
年下の歯科医師と
二度目の結婚をした際の、
幸せ一杯のアルバム
「Forever」の中に収録されています。
メロメロのラブソングばかりですが、
私の好きなアルバムです。


[広告 ] VPS


繝ゥ繝・き繝シ逶、+019_convert_20110515182535[1]

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

アトム レコードカッティングマシン アトムレコーダー 1980年代

アトム社の
レコードカッティングマシン・
アトムレコーダー
A-101です。

この前紹介したバンロックの
カッティングマシンと瓜二つで、
録音レベルメーターの色と
機種名のステッカーが違うだけです。 
全く違う会社で、こんなことをやったら
訴えられてしまうでしょうから、
同じ会社で、
国内用と輸出用で名前を変えたのか、
ただ単にバンロック社からアトム社に
社名変更しただけなのか、
どちらの社名も
グーグル検索にはヒットせず、
詳細は不明です。

当初、ターンテーブルは回るものの、
全くスライド移動しませんでした。
つまり、
カッティングマシンとしては
致命的な不具合です。
そのため810円で入手できました。

バンロック用の
部品取りにするつもりでした。
驚いたことに本体は、
とても綺麗でほとんど未使用でした。
正常作動しなくなってすぐに
お蔵入りしてしまったようです。
これは腕の見せ所です。

精査していくと
駆動ベルトが欠品しているだけで、
あとは問題ないことがわかりました。
かくして小さな輪ゴム一個で
完全作動品に復活しました。

早速、録音してみたくなりました。
今回は、プラモデル用の薄い板
(プラ板)を円形に切り取り、
ラッカー盤の代用として使用しました。
表面がとても滑沢で、
硬さも丁度良く、
カッティングマシンの針も
新品に近いこともあり、
出来上がったディスクは
完璧なレコードになっていました。
これなら十分鑑賞に耐えられます。
一気に5、6枚作成しましたが、
全て良好でした。

オリジナルレコードを
作成しなければ意味がないので、
恥ずかしながら、
サンプルとしてカラオケで私が歌った
『ガキの頃のように』
(1988年、堀内孝雄のヒット曲)
を聴いていただきます。

再生プレーヤーは
ビクターのクォーツロック
ターンテーブルQL-Y44Fです。
こういうデリケートなプレーヤーで
再生できるというのは、
高い精度でカッティングされている
証拠です。

念願のレコードデビューです。


[広告 ] VPS


繧「繝医Β繝ャ繧ウ繝シ繝




テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

バンロック レコードカッティングマシン 1980年代

バンロック
レコードカッティングマシン
(Vanrock Recorder)です。

7インチ(17センチ)
シングル盤専用の、
カッティングマシンです。

アナログレコードファンにとっての
究極の憧れ、
それはオリジナルのレコードを
自分で作ることです。

もちろん現在でも、
オリジナルレコードを
受注生産している会社がありますが、
やはり少々お値段がよろしいようです。
とは言え、
個人でカッティングマシンを
所有するというのはさらに不経済です。
(ベスタクスの新しい
カッティングマシンは124万円)
そこで、かつて活躍していた
ポータブルのカッティングマシンを整備し、
その雰囲気を楽しむことにしました。

バンロックのレコードカッティング
マシンはモノラル録音のみですが、
オート機能で簡単にシングル盤の
レコードを作製できます。

通常のレコードプレーヤーと
同じくらいのサイズで、
しっかりしたポータブルの設計です。
きっとあちこち出張して
レコードを作製していたのでしょう。

本来は、
ラッカー盤と呼ばれる専用のディスクを
カッティングするのですが、
国内では7インチのものは
製造していないので、
ホームセンターやホビー店で
代用品を探しました。

アクリル板や下敷きなど
色々試行錯誤し、
結局100円ショップの
B4硬質カードケースに
落ち着きました。
これだと、
ドーナツ盤2枚分のスペースがあるため、
計4枚作ることができます。

始めに無音部分を少し入れてから、
レコーディングを開始します。
カッティングマシンの針先は
ヒーターで加熱され、
ディスクを刻みやすくしています。
削りかすが見る見るうちに
たまっていきます。

出来上がったディスクには、
確かに細かな溝が刻まれています。
実際に再生してみると、
スクラッチノイズが多いながら、
まぎれもなくオリジナルレコードに
なっていました。
自分で作る楽しさを、
十分味わうことができました。

サンプルとして、娘が7歳の時、
私と一緒にカラオケで歌った
『True Love Story』
(郷ひろみと松田聖子の
デュエットで話題になった曲)
をレコーディングしています。
(親馬鹿承知です)
再生プレーヤーは、
以前紹介したナショナルの
SG-503Nです。


[広告 ] VPS


繝舌Φ繝ュ繝・け繝ャ繧ウ繝シ繝

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク