テイチク ポータブル蓄音機 T-23 1940年代

テイチクの
ポータブル蓄音機
T-23です。

Iph7UlKbABZ_5ul1490265265_1490265332[1]
eT3sm4EqWDeekPJ1490265914_1490265938[1]
テイチク ポータブル蓄音機T-23

pilhfnyfYExlb5_1490265808_1490265840[1]
演歌のレコードでお馴染みの
トレードマークです。

nWyxjx9U7bXFAlA1490266297_1490266336[1]
nuYZnDcs3ZGrltb1490266411_1490266435[1]
Qt9oKCZZVUuFGYN1490266512_1490266542[1]
Yjq7bXwsny2I7D41490268454_1490268672[1]
久し振りに動かすと、
ゼンマイモーターのトルクが弱く、
回転も不安定でした。
モーターを開けてみると
固まったグリスがベットリ付着し、
正常な動きをさまたげていました。
捨てずに取っておいた古い歯ブラシで
丁寧にかきとります。

QOxUwP2ZLKiENiD1490265999_1490266025[1]
dPhQlBaZGxsvhpN1490269324_1490269358[1]
QjVQodQSMWoM9EN1490266081_1490266106[1]
1957年のカレンダーになっている
テイチクの宣伝用ピクチャーレコードです。
童謡、唱歌が入っていました。
還暦とは思えない
きれいな盤です(笑)。

テイチクの
1957年のピクチャーレコードで
『蛍の光』と、
1957年公開の映画「嵐を呼ぶ男」の主題歌、
石原裕次郎が歌う『嵐を呼ぶ男』を
鑑賞しました。
もちろん裕次郎はテイチクレコードです。

1957年はこの作品を含め
10本もの裕次郎映画が公開されています。
まさにスーパースター誕生の年です。


[広告 ] VPS


gVpy3ysfNcstS4a1490335807_1490335839[1]
石原裕次郎のSP盤「嵐を呼ぶ男」

EN49AlKHLcQj3Lo1490265390_1490265421[1]
テイチク T-23
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

エジソン ディスク・フォノグラフC-150 1915年製

エジソン社の大型蓄音機
ディスク・フォノグラフ
C-150です。

ybi9FwnSuSU2rNj1481781073_1481781147[1]
Swb7u591B_h5V6H1481781900_1481781923[1]
エジソン
ディスク・フォノグラフC-150

yTf74J08FQqNT6M1481782000_1481782033[1]
全体的にどこか控えめで、
温かさや懐かしさを感じます。
100歳ですが、
まだまだ足腰も丈夫で、
現役で仕事をしています(笑)。

pYHL6ZY8NNzfD7P1481780921_1481780986[1]
C2BfIQxVoeBzOGE1481782118_1481782157[1]
2h0J8qJUl0NiGGa1481781810_1481781834[1]
縦振動で録音された
エジソンのダイヤモンド・ディスクを
再生する蓄音機ですが、
再生装置を変えると
通常のSP盤も再生可能です。

ブロードウェイ・レビューで
演奏されたデキシーランド・ジャズを
入手しました。
ゴールデン・ゲート・オーケストラで
『マンハッタン』と
『OH SAY! CAN I SEE YOU TO-NIGHT』
(1925年)を鑑賞しました。

マンハッタンの活気が
伝わってくるような、
明るく楽しいジャズです。
行ったことはありませんが…(笑)。


[広告 ] VPS


061vENJTCZYEGxn1481782325_1481782350[1]
エジソン・ダイヤモンド・ディスク

oE3IGeVI5QL3bo11481781382_1481781462[1]
ziEc6IhyNzy1hCB1481781720_1481781746[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ニッポノフォン 卓上型蓄音機 1910年代

ニッポノフォンの 
卓上型蓄音機です。

IMG_4127_convert_20160626192228.jpg
IMG_4128_convert_20160626192328.jpg
ニッポノフォン 卓上型蓄音機

IMG_4131_convert_20160626192442.jpg
やや小振りのサイズですが、
作りはしっかりしています。

IMG_4137_convert_20160626192805.jpg
IMG_4045_convert_20160626191719.jpg
小さなホーンです。
無理なくストレートに開口し、
音が一気に広がります。

IMG_4050_convert_20160626191830.jpg
約100歳のゼンマイモーター。
今でも回転は安定しています。

IMG_4136_convert_20160626192708.jpg
ラッパ型蓄音機に匹敵するような
パワフルな音で鳴り響きます。

ビング・クロスビーの
『ハッシャ・バイ』(1955年)、
『バラ色の人生』を鑑賞しました。

機械音やSP盤が擦れる音は、
頭の中でノイズ・キャンセリングして
鑑賞します(笑)。


[広告 ] VPS


IMG_4142_convert_20160626193229.jpg
ビング・クロスビーのSP盤

IMG_4125_convert_20160626191931.jpg
ニッポノフォン 卓上型蓄音機

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コロムビア ロウ管蓄音機 グラフォフォン タイプQ 1897年頃

コロムビア・フォノグラフ社の 
円筒型蓄音機
グラフォフォン・タイプQです。

IMG_3835_convert_20160605183119.jpg
IMG_3859_convert_20160605184257_20160605190228d25.jpg
COLUMBIA PHONOGRAPH CO.
GRAPHOPHONE TYPE Q

IMG_3875_convert_20160605184543_201606051902333df.jpg
IMG_3877_convert_20160605184626.jpg
1897年頃に製造された
コロムビア・フォノグラフ社の製品です。
日本には三光堂が輸入し販売しました。

IMG_3908_convert_20160605184940.jpg
IMG_3847_convert_20160605183907.jpg
オリジナルは
平板に機械部分を取り付け
コンパクトにまとめていますが、
本機種は
しっかりした木製ボディに付け替え、
丁寧な装飾も施しています。
日本仕様でしょうか。

IMG_3895_convert_20160605184728.jpg
ボックス内部の空間を生かし、
ロウ管の収納ができるよう
工夫されています。

IMG_3899_convert_20160605184820.jpg
勧進帳、義太夫、長唄などの記載があり、
日本でのロウ管レコードの楽しみ方が
想像できます。
残念ながら蜜ロウの変性でしょうか、
レコード表面がザラ付き、
再生不能となっています。
(食べ忘れたマーブルチョコ状態)

IMG_3863_convert_20160605184350_20160605190230f32.jpg
かなり小さなゼンマイモーターで、
フルに巻いて丁度2分再生します。
シンプルな構造が観察できます。

P1320420_convert_20160605185107.jpg
IMG_3853_convert_20160605184051.jpg
再生装置の針が
ロウ管に直角に接します。

IMG_3846_convert_20160605183827.jpg
再生装置がスライド移動する仕組みは、
エジソンの蓄音機と同じです。
シリンダーのサイズもほぼ同じで、
エジソンのロウ管レコードも再生可能です。

オリジナルのラッパを付けると、
その重さで再生装置のスライド移動が
不安定になりました。
とは言え、
機械部分はいじりたくなかったので、
清掃・注油し
簡易的にコピー用紙一枚でラッパを作り
再生実験してみました。

素晴らしい!
再生できました。

115年を超える時間の経過を考えると、
作動するということが
どんなに凄いことか、
ロウ管レコードを聴きながら
ただただ感動していました。

『The Star-Spangled Banner』
(星条旗 アメリカ合衆国の国歌)を
鑑賞しました。

まさに、
国旗掲揚、
国歌斉唱に値します(笑)。


[広告 ] VPS


IMG_4912_convert_20160717105231.jpg
IMG_4915_convert_20160717105357.jpg
コロムビアのロウ管レコードの
ケースには、箱型の台付の機種が
印刷されていますが、
この箱の中には
ゼンマイモーターが収納されています。

IMG_3844_convert_20160605183600.jpg
コロムビア・フォノグラフ社
ロウ管蓄音機
グラフォフォン・タイプQ

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ペンギンブランド 卓上型蓄音機 1920年代

ペンギンブランドの
卓上型蓄音機です。

IMG_5284_convert_20160731143311.jpg
IMG_5287_convert_20160731143409.jpg
IMG_5272_convert_20160731142753.jpg
ペンギンブランド 卓上型蓄音機

IMG_5282_convert_20160731143217.jpg
IMG_5292_convert_20160731143510.jpg
SP盤の収納棚の上にでも乗せれば、
フロアー型の蓄音機に変身しそうな
大きな卓上型蓄音機です。
決して上等な木材を
使っているわけではありませんが、
センスの良いデザインで
高級感を出しています。
一度見ると記憶に残ります。

IMG_5300_convert_20160731143936.jpg
90年前のゼンマイモーターですが、
安定した回転が得られています。
オートストップ機能も良好です。

IMG_5278_convert_20160731143017.jpg
IMG_5307_convert_20160731144130.jpg
大きな内蔵ホーンが無理なく大開口し、
サウンドボックスの特性を
最大限に引き出します。
ホーンを二分するしきいと、
f 字孔の役割は不明ですが、
ホーンの不要な振動を防ぎ
効果的に反響させるためかも
知れません。

鶴田浩二のSP盤で
『好きだった』(1956年)、
『小雨が降るから』を
鑑賞しました。

憶えやすく、
口ずさみたくなるような
メロディラインは
吉田正の作曲です。


[広告 ] VPS


IMG_5314_convert_20160731144335.jpg
鶴田浩二のSP盤

IMG_5295_convert_20160731143559.jpg
ペンギン 卓上型蓄音機

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ビクターⅢ 1904年製 ビクター ビクトローラⅥ 1911年頃

ビクターの
ラッパ型蓄音機
ビクターⅢ、
ホーン内蔵型蓄音機
ビクトローラⅥです。

bFpbR76X0AaCk5d1438977190_1438977204[1]
ビクターⅢ

eBcwmhNmZGW_4Gc1456652364_1456652376[1]
ビクトローラⅥ

rKHsGLLhPRgHB1e1476044040_1476044156[1]
ビクターⅢ(上)
ビクトローラⅧ(左下) ビクトローラⅥ(右下)

共に100年以上も前に
作られた蓄音機ですが、
極めて良好に動きます。

サウンドボックスは
どちらもビクター・エキシビションで、
感動的なサウンドを聴かせてくれます。

ビクトローラⅥでは
ビング・クロスビーの『枯葉』を、
ビクターⅢでは
高英男の『枯葉』(1953年)を
鑑賞しました。

足早に過ぎゆく短い秋に、
どうしても聴いておきたい一曲です。


[広告 ] VPS


エディット・ピアフの『枯葉』と
ペギー・リーの『ローマの秋』(1953年)も
鑑賞しました。
『ローマの秋』はビクトローラⅧ
で再生しました。


[広告 ] VPS


3kvn1EPiidnnNCf1476045056_1476045150[1]
自宅の「SP盤鑑賞コーナー」
ビクターⅢ(上左) 
エジソン・スタンダード・フォノグラフ(上右)
ビクトローラⅧ(下左)
ビクトローラⅥ(下中)
HMV102(下右)

wkLXdCwRSJK5iNL1476052163_1476052375[1]
金沢蓄音器館にてビクターⅢと一緒に。
(左から二番目)

YoLdEyAQgoi_CyF1476052669_1476052779[1]
メタルホーンのビクターⅢ。
当時、追加料金を支払うと
ウッドホーンに交換できたそうです。

gouXtWnmFhk74GA1476052446_1476052608[1]
ビクトローラと一緒に。
(一番左はビクトローラⅧ)

Cu8UCRCvqSO_JJR1433637755_1433637770[1]
ニッパーのオマケ付きポストカード。
こちらはビクターⅡにウッドホーンを
付けたタイプです。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

HMV ポータブル型蓄音機 モデル102 1930年代

HMVの
ポータブル型蓄音機 
モデル102です。

IMG_4524_convert_20160708151430.jpg
IMG_4518_convert_20160712145537.jpg
IMG_4577_convert_20160712150342.jpg
HMV MODEL 102

IMG_4575_convert_20160712150211.jpg
IMG_4573_convert_20160712150123.jpg
ゼンマイの軽やかな巻き上げ、
ターンテーブルの回転安定性、
そしてオリジナルのサウンドボックスの
優れた音質、豊かな音量に、
品質の高さを実感します。

IMG_4527_convert_20160708151513.jpg
蓋を閉じると、
実に気品のあるトランクになります。
丁寧な仕上げです。

IMG_4590_convert_20160712150544.jpg
軽量ポータブルの持ち運び易さを生かし、
一度鳴らしてみたいと思っていた場所に
持って来ました。
私のクリニックの、
漆喰壁の2階吹き抜け待合室です。

IMG_4566_convert_20160712145934.jpg
ヒノキのいい香りと
木の温もりが楽しめる
ヒノキ玉のプールです。
子どもが中に入って遊びます。

IMG_4570_convert_20160712150038.jpg
IMG_4546_convert_20160712145654.jpg
2000個のヒノキ玉は、
触るととても心地よく、
寝転がるとツボ刺激にもなります。
初めて見る人は
必ず触ってかき混ぜます(笑)。

ビング・クロスビーの
『ビギン・ザ・ビギン』
『夜も昼も』を
鑑賞しました。

HMVは音量が大きく、
通常の太さの針で再生すると
ビデオの許容音量を超え
再生音が歪んでしまうので、
細いソフト針で音量を抑えました。


[広告 ] VPS


IMG_4463_convert_20160922182914.jpg
HMV ポータブル型蓄音機 モデル102

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

エジソン スタンダード・フォノグラフ A型 1903年製 

エジソン社の
円筒型蓄音機
スタンダード・フォノグラフA型です。

WOK74MRyqYjMZxS1463904652_1463904665[1]
X71ZAPRJ3j788So1463904419_1463904432[1]
q8lyUa8pX7pRorv1463904798_1463904811[1]
エジソン
スタンダード・フォノグラフ タイプA

iAXVkWo8UayuKwW1463904697_1463904710[1]
メンテを兼ね、
エジソン・レコーダー(録音装置)で
録音実験しました。

IGGKaQI9lsFnNmV1463904359_1463904380[1]
EedTArO35nDpuds1463904188_1463904205[1]
ホーンに向かって
奇声を発するのはやめて(笑)、
小型スピーカーからの音声で
振動板を震わせて録音しました。

qHj_ehNkufe6Ead1463904241_1463904255[1]
_iFYPJsglQWT3pS1463904310_1463904321[1]
エジソン・レコーダーの鋭い針先が
ブランクロウ管に音溝を刻むと、
削りカスがロウ管にまとわり付きます。
これが振動板に接触すると
「カタン カタン」という大きなノイズが
録音されるので要注意です。

PC用のエアーで吹き飛ばそうとすると、
風圧で振動板が動いてしまい、
「シュー シュー」という音が
きれいに録音されていました(笑)。
筆などで優しく取り除く方が無難です。

f3ROnlCWx03vynj1463904467_1463904483[1]
kYuK13jul5PJtD21463904528_1463904541[1]
再生時は
通常のリプロデューサー(再生装置)に
取り替えてロウ管を再生します。

録音時間は約2分なので、
サンプル音声は短めの曲を
セレクトしました。
NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌、
宇多田ヒカルの
『花束を君に』(2016年)です。

こんな手間のかかる聴き方をしている人は、
我が国では私だけでしょう(笑)。


[広告 ] VPS


PG5EDmHPTOPPLCD1463905173_1463905186[1]
エジソン・スタンダード・フォノグラフ(上右)
ビクターⅢ(上左)
ビクトローラⅧ(下左)
ビクトローラⅥ(下中)
HMV102(下右)


テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

エジソン ディスク・フォノグラフ C-150 1915年頃

エジソンの
ディスク・フォノグラフ
C-150です。

AAl0r2CyRKyOEhu1460663101_1460663195[1]
7sNj1cpbI_XxHap1460663266_1460663368[1]
Ahqp_v_XSIrvlQT1460661556_1460661580[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ C-150

zjTDzJBkSNX459V1460662257_1460662402[1]
装飾は質素で
優しい感じです。
職人の肌の温もりが感じられます。

Tc5vZNpCVijzQpB1460661683_1460661702[1]
縦振動で録音された
エジソンのダイヤモンドディスクを
再生します。

DcdhpDVf1CZvOLO1460664151_1460664194[1]
iXRkD0LS0DoQop41461353164_1461353189[1]
再生装置も
縦にダイヤモンド針が動く
専用のリプロデューサーを用います。
一定の針圧がかかるよう
工夫されています。
とてもナチュラルな音質で、
ライブ演奏を聴いているようです。

ZRvQdsRl2_doySs1460664298_1460664327[1]
eOkrg3DZ922Mc921460664576_1460664606[1]
エジソンレコードで、
「TOKIO BLUES」という興味深い
タイトルのものを見つけました。
「1925年 レビュー」の記載があります。
当時の歌やダンスのショーに使われた
楽曲と思われます。

B面は
「I'LL SEE YOU IN MY DREAMS」です。
演奏は、
エース・ブリゴードの楽団
(Ace Brigode and His 14 Virginians)です。

横浜辺りをイメージして
作曲したのでしょうか。
なんともリズムカルで、
和服姿の女性が、
繁華街を忙しく行き交う、
当時の記録フィルムのBGMに
使えそうです(笑)。


[広告 ] VPS


wEgP3CJC2l3HsTg1460662521_1460662644[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ C-150

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ビクター ビクトローラ VV-Ⅵ 1911年頃

ビクターの 
卓上型蓄音機
ビクトローラVV-Ⅵです。

b3mctMq_X76da241456652315_1456652328[1]
mRQiLT6YJTp6XbA1456652258_1456652270[1]eBcwmhNmZGW_4Gc1456652364_1456652376[1]
ビクター・ビクトローラVV-Ⅵ

nn8qPNtB0N7aPwq1456652416_1456652429[1]
10インチのターンテーブルが付いているので、
VV-Ⅵの中でも初期型と分かります。

5DqMgMmVnH80PcH1456652707_1456652719[1]
ホーン内蔵型です。
大型のボディを生かし、
無理な屈曲をなくして
ストレートに大開口します。

jFpTvOXdbnUp48u1456652759_1456652769[1]
2丁ゼンマイモーターで、
長時間の安定した回転が
得られます。

JWAnysfbrzla6g71456652657_1456652669[1]
オリジナルのサウンドボックスは、
ビクターエキシビションで、
ほぼ新品の極上物でした。
ビビりの全くない、
クリアーなサウンドを
初めて聴きました。

Knx6ok4LxsyUx7u1456652205_1456652217[1]
オーク材の木目を生かし、
美しく丁寧に作られています。
思わず撫でたくなります。

DVbw2Pzbzy9DOtE1456653028_1456653039[1]
1911年のクリスマスセールの時の
ビクトローラの広告です。

NG9TZNMLywFbjaq1456653070_1456653082[1]
高額の大型の蓄音機とは別に、
求めやすい価格のビクトローラⅥを、
1911年に25ドルで販売しました。

ehofTLbvfjawUzS1456652812_1456652824[1]
本体の底面に、
25ドルより安値での販売を禁じる
注意書きが貼り付けてあります。
正規の値段で買った場合のみ、
サウンドボックスの使用を認めると
記載されています。
「特許を取っているサウンドボックスを、
25ドルで使わせてやろう」と
言っているのと同じです。
さすが特許の国です。

Cj8oO4cG8HFh3WT1456652512_1456652526[1]
DJ5qJiWrRmEUf_M1456652605_1456652625[1]
同じサウンドボックスを、
ラッパ型蓄音機ビクターⅢに装着し、
同じレコードを再生して
聴き比べてみました。

大きなラッパと、
内蔵ホーンの違いから、
ビクターⅢの方が音量が大きく、
音も明瞭に聴こえますが、
ビクトローラⅥの方が上品な音とも
言えます。
まあ、基本的にサウンドボックスが
同じなら、ラッパ型も内蔵ホーンも
大差無い感じです。

ドリス・デイの
『ケ・セラ・セラ』(1956年)を
聴き比べました。


[広告 ] VPS


l_7ug_PLNvsbAIx1456652881_1456652891[1]
ドリス・デイのSP盤
『ケ・セラ・セラ』
(映画「知りすぎていた男」の主題歌)

Q9Xn_TEKNLXK3JE1456652930_1456652942[1]
ラッパ型蓄音機ビクターⅢ(上)と
ホーン内蔵型蓄音機
ビクター・ビクトローラⅧ(左)とⅥ(右)

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コロムビア ポータブル型蓄音機 No.164 1930年代

コロムビアの 
ポータブル型蓄音機No.164です。

XUqDpkQdtgSbULi1449719093_1449719141[1]
EG3O7lM_xyBp0eY1449719507_1449719535[1]
コロムビア 
ポータブル型蓄音機No.164

GN8lmk0zs0BzVGP1449719427_1449719454[1]
卓上型に匹敵する大きさの
堂々とした蓄音機です。

0p6WwQtUXl8buiT1449719585_1449719612[1]
オリジナルのサウンドボックスも良好で、
広い音域のリアルな音で再生します。
とくに管楽器の再現性が素晴らしく、
目の前で演奏しているような
空気振動を感じます。

njq5vn5cKvIQVeP1449719674_1449719707[1]
取っ手を持って片手で移動できる
ギリギリの重さです。
でも、5メーターで嫌になりますが・・・(笑)。

管楽器の音が心地よい
グレン・ミラー楽団の
『スター・ダスト』と
『ムーンライト・セレナーデ』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


QzEP2nNbMN1nVv81449721612_1449721645[1]
グレン・ミラー楽団のSP盤

KcLdnoflnqWiGvN1449775906_1449775927[1]
コロムビア 
ポータブル型蓄音機No.164

NHK BSプレミアム ドラマ
「世界はひばりを待っている 第二回」を
ご覧いただきありがとうございました。

aiOWM8bP8Ji5n7x1451419927_1451419958[1]
貸し出したコロムビアSTL-111を、
DV親父役の滝籐賢一さんに
乱暴に扱われてしまいましたが、
何度観てもプレーヤーが
いい演技をしていました(笑)。

長いドラマを3回に分けたため、
少しナレーションや挿入写真を追加し、
再編集していました。

V7o695xNFueGGVa1455738291_1455738307[1]
今回は縦に流れるエンドロールに
名前を入れていただきました。

私が観たいところだけ
30分にまとめられていたので、
丁度いい保存版となりました(笑)。

標高900mの私の職場でも、
ようやく少しだけ春の気配を
感じられるようになりました。

pFyvCFd1kr91zjI1455737648_1455737679[1]
最低気温マイナス10℃の後、
日中1℃位に上がり、
微妙にとけないと
長いつららにはなりません。

hnFoS50nVg3E3991455737431_1455737454[1]
撮影の後、
このつららがドサッと落ち、
それ以降長いつららはできていません。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

エジソン ディスク・フォノグラフC-150 1915年製

エジソンの
ディスク・フォノグラフ
C-150です。

EmKopAkLTFYuvNx1448259620_1448259635[1]
Ddk3rTRvvAiRucg1448258870_1448258885[1]
WsCPpEtB404HHLE1448259279_1448259292[1]
エジソン社
ディスク・フォノグラフC-150

BJe8EcqJqWHkrOg1448259153_1448259182[1]
oIwT5GQ8p9KEIp71448259222_1448259234[1]
100年の時の流れを感じさせない
安定した回転です。
再生装置(リプロデューサー)も良好で、
完成度の高さを感じます。

tcDuNd58i0qPVHb1448259735_1448259747[1]
縦振動で記録された、
厚くて重いダイヤモンド・ディスクに、
エジソンの音に対するこだわりを感じます。
確かに良い音質です。

商店街のディスプレイが、
すっかりクリスマス・モードになりました。
我が家では、蓄音機での
クリスマス・コンサートです。

1910年代の
ダイヤモンド・ディスクを入手しました。
エリザベス・スペンサー、
ジョン・ヤング、
バーノン・アーチボルドのトリオで
『きよしこの夜』、
メトロポリタン・カルテットで
『神の御子は今宵しも』を鑑賞しました。

100年前のクリスマス。
アメリカのどこかの街の誰かの家で、
こんな風に蓄音機コンサートを
楽しんでいたのかも知れません。



KJbtdPtdVMEmgYy1448258792_1448258812[1]
エジソン社
ディスク・フォノグラフC-150

ロウ管レコードの
『きよしこの夜』も入手したので、
エジソン・コンサート・バンドの
『Ring Out Bells For Christmas』(1907年)
と一緒に、エジソン・スタンダード・フォノグラフ
で鑑賞しました。

楽しいクリスマスをお過ごしください。


[広告 ] VPS

 
PvIY0PW32pB1MZy1449118133_1449118152[1]
エジソン社
スタンダード・フォノグラフ

テーマ : 聖歌・讃美歌
ジャンル : 音楽

HMV ポータブル型蓄音機 モデル102 1930年代

HMVの
ポータブル型蓄音機
モデル102です。

PGBK8jdPZhz1xwo1439110786_1439110801[1]
wVSaUYI5nGBRvTM1439110715_1439110729[1]
HMV 102 ポータブル

ポータブルと言えども、
音量・音質に優れ、
英国の気品に満ちた、
堂々たる蓄音機です。

RBu5ipY5WUFspy01439110638_1439110658[1]
このHMV102は、
ポータブル型蓄音機の中でも
軽量・コンパクトで、
コロムビアNo.164と比べると
子どものようです。

_o9w9u1QSHJVHnM1438976883_1438976896[1]
卓上型のビクトローラⅧと比べると、
大きさの違いは明らかです。

43udx0pi6ROJfEG1438977108_1438977124[1]
アメリカのビクターⅢ(ラッパ型 1904年製)、
ビクトローラ(ホーン内蔵型 1920年代)と
イギリスのHMV102(ポータブル型 1930年代)。

もともとひとつの会社が、
アメリカのビクターと
イギリスのHMVに独立したので、
トレードマークは同じです。
ただ、HMVのニッパーは額に入っています。

大きさで比べると見劣りしますが、
「山椒は小粒でもぴりりと辛い」、
表現力では負けていません。

実際に聴き比べてみました。
ビング・クロスビーの『ドミノ』を
鑑賞しました。
針は同じ種類のものを使用しています。

蓄音機の大きさ、形状によって、
得意な音域や音質の違いがあります。
生の音を聴きたい方は、
自宅に招待します、
交通費自己負担で(笑)。


[広告 ] VPS


vVHPDZEY8MRIlKz1438976822_1438976834[1]
    ビクターⅢ
ビクトローラⅧ HMV102

テーマ : オールディーズ
ジャンル : 音楽

ペンギンブランド 卓上型蓄音機 1920年代

ペンギンブランドの
卓上型蓄音機です。

DvasIwwyjyCKkKF1431244576_1431244592[1]
ERmjvnpZsnQtBjP1431245152_1431245167[1]
ペンギンブランド
卓上型蓄音機

ペンギンのトレードマークが可愛い、
やや大きめの卓上型蓄音機です。

和モダンを感じる上品で、
高級感のあるデザインです。
職人の粋な遊び心を感じます。

GyPssw7kzXdm0FU1431244886_1431244900[1]
NyGJVCdoIpuj8og1431244634_1431244649[1]
聴いて半分、眺めて半分楽しめます。

2gjDV1rNl5mudix1434242746_1434242764[1]
ゼンマイモーターの状態も良好です。

0GSlo6hD3ZsLSR01434242619_1434242652[1]
必要最小の厚さの木材を使用し、
大きさの割には軽量です。

0E3XqrZbfesQ5mw1431244939_1431245101[1]
OfvNOmdQRSIIlYk1431239777_1431239789[1]
落ち着いた聴きやすいサウンドです。
前面の開閉扉の開き具合で、
音量だけでなく、
音質も若干変化します。

CBgFSTDZMRpzpqE1433667494_1433667519[1]
木製ホーンには、
バイオリンのような
f(エフ)字孔の細工がしてあり、
楽器と同じ繊細な手作りであることを
さり気なく示しているのかも知れません。

ベルリン・ドイツオペラ管弦楽団で
円舞曲『美しき五月』、
バルナバス・フォン・ゲッツ楽団で
円舞曲『ウィーンのボンボン』
を鑑賞しました。

これが90年も前の機械であることや、
電気を全く使っていないことを、
忘れてしまいそうです。
ウィンナワルツどころか盆踊りも
踊ったことがありませんが、
聴いているだけでも、
ちょっと優雅で楽しい気分になります。


[広告 ] VPS


qokQJZMFHM0EjlI1434247334_1434247349[1]
ヨハン・シュトラウスの円舞曲のSP盤

iVCRYfVYyhfwphA1431239591_1431239615[1]
uWLHh8ffjVmcCBh1431239720_1431239733[1]
ペンギンブランド卓上型蓄音機

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ビクター 卓上型蓄音機 ビクトローラⅧ 1920年代

ビクターの
卓上型蓄音機 
ビクトローラⅧ(8型)です。

mz_S7MWpkgNjInl1432776908_1432776923[1]
auzAz8InlVlhsij1432776986_1432777006[1]
hGT2nrJOQxR4E_R1432777137_1432777160[1]
ビクター
卓上型蓄音機 ビクトローラⅧ(8型)

Wtm6xP1UEZ9uaOS1432207454_1432207464[1]
ホーン内蔵型で、
鋳物と木製のホーンのハイブリッドです。

大きな4つのネジ(コインでも回せる)を
外すだけで、容易にモーター部の
メンテができます。
他のどのメーカーよりも親切で
丁寧な設計です。
メンテし易いからメンテしてもらえる、
扱い易いから大事にしてもらえる、そんな
作り手の機器に対する優しさや愛情を、
この大きなネジ一つに感じたりします。

TfaLgrm3rbEcx4r1432207267_1432207290[1]
90年前と変わらず正確に回転する
2丁ゼンマイモーター。
部品一つ一つが高い品質でないと
出来ないことです。

sg9EuUgvXMklesS1432776478_1432776547[1]
ビクトローラ№2のサウンドボックス。
雲母板の状態も良く、
まだまだ元気よく鳴り響きます。

S79Q6FFZBqj9W5U1432207116_1432207134[1]
mBt3kdggwofN8Nc1432208218_1432208231[1]
Ia3DXT4VUYOlVU01432776749_1432776769[1]
オーク材の木目が美しく、
気品を感じます。
細部まで妥協せず丁寧な仕事をしていて、
眺めれば眺めるほど、
芸術作品を鑑賞しているように
惹き込まれてしまいます。

このビクトローラⅧのように
曲線、曲面が魅力的な(笑)
マリリン・モンロウの
『帰らざる河』『わたしの要求』(1954年)と、
雪村いづみの『帰らざる河』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


y8DtxHDr5sh2bKT1433637880_1433637893[1]
マリリン・モンロウのSP盤『帰らざる河』

UbPZX_cRJO8KxqZ1433637936_1433637949[1]
雪村いづみのSP盤『帰らざる河』

fmc3vV1WJehUlsa1433989953_1433989963[1]
ビクター卓上型蓄音機 ビクトローラⅧ(8型)

TyOjl65GXilOGrH1433590930_1433590951[1]
金沢蓄音器館にて、
当時家が一軒買える価格だったという
ビクトローラ・クレデンザの前で記念撮影。
2015年6月

テーマ : 映画音楽
ジャンル : 映画

ビクター ラッパ型蓄音機 ビクターⅢ(3型) 1904年製

ビクター の
ラッパ型蓄音機 
ビクターⅢ(3型) です。

kvMHthxY4w0qqwn1433990090_1433990103[1]
rIkwOs3bQ0PFWZ71433670299_1433670314[1]
ビクター ・ラッパ型蓄音機 ビクターⅢ(3型)

木製のラッパが美しい、
趣のある蓄音機です。
〝レコードを再生する機械〟というより、
〝音を奏でる楽器〟という感じです。
その場合は〝蓄音器〟と記載した方が
適切かも知れません。
やはり、管楽器の音色がリアルで
目の前で演奏しているような迫力です。

8pGdTGH31ljWX3W1433670378_1433670389[1]
サウンドボックスは
ビクター・エキシビションです。
当時物ですがビビりも少なく、
鑑賞に十分堪えられます。
小振りなのにズシッと重く、
ビクターの技術と作り手の夢が
ギュッと詰まっている感じがします。

様々な管楽器の音が楽しめる
グレン・ミラー楽団の演奏で、
『真珠の首飾り』『茶色の小瓶』(1939年)を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


G2KkGVBT7tota171434086644_1434086669[1]
グレン・ミラー楽団のSP盤アルバム

hWTPeTu8vmm3Er01433670477_1433670489[1]
ビクター ・ラッパ型蓄音機 ビクターⅢ(3型)

qkjAcRIHIj6SiWX1433990186_1433990196[1]
ラッパ型、卓上型、ポータブル型の蓄音機

金沢百万石まつり(6月6日)に合わせて、
金沢蓄音器館に行って来ました。
150台の国内外の名機を前に、
縁日の夜店にやって来た小学生のように、
いつまでもいつまでも眺めていました。

i1MOkG5S4NxIJyl1433590751_1433590779[1]
ビクター・ラッパ型蓄音機の前で記念撮影

Cu8UCRCvqSO_JJR1433637755_1433637770[1]
小さなニッパー付きのポストカード

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

エジソン スタンダード・フォノグラフ 1903年製 

エジソンの
スタンダード・フォノグラフです。 

rc7E8Da71Gc5tNF1427610734_1427610759[1]
エジソン・スタンダード・フォノグラフ

3月22(日)のお昼(12時~12時54分)に、
BS日テレで放送された特別番組
「メイド・イン・ジャパン解体新書
~音楽と文化を巡る冒険~」で、
私のコレクションしているエジソンの
蓄音機の写真を使っていただきました。

ドラマの主人公の音大生(藤本泉)が
ゼミの宿題(「日本のポップカルチャーの
源流を探る」がテーマ)のために、
インターネットで検索しているシーンで
使われました。

「電気の無い時代に人々はどうやって音楽を
楽しんでいたのか」を調べていくうち、
エジソンの蓄音機にたどり着きます。

i7HFxJYTIZZfMpr1427400601_1427400654[1]
音大生役の藤本泉。
自然体で楽しそうに演じていました。

9ivDlmgR_Ea_ESe1427450619_1427450652[1]
いつものテーブルで撮影した私の
エジソンの蓄音機の写真をアップで
映していただきました。

vdIetDrBn9zcJvU1427317591_1427317971[1]
89bM4M4WpX6N3yf1427400738_1427400791[1]
C_Iecm9JUD7KD_C1427400924_1427400971[1]
円筒型のロウ管レコードから円盤型の
レコードへの変遷の説明で、私の撮影した
写真が使われました。

gRdyRTYgFdvkIGm1427401080_1427401116[1]
XSetCv7FX6NdcKQ1427401247_1427401302[1]
9Phl0X6hCox1McO1427401396_1427401452[1]
音大生の情報源は、
レコードについて詳しい喫茶店のマスター
(佐野史郎)です。
本当に詳しそうですね。

藤本泉がLPを見て
「実物を見るのは初めてなんです」と言って
いましたが、もはや20代はそんな感じなのかも
知れません。
正直、ちょっとショックでした。(笑)

rareNQkwgwEvobI1427401568_1427401604[1]
バックロールに美術協力として、
個人名で載せていただきました。

決して高い視聴率を取るような番組では
ありませんが、レコードファンには嬉しい、
保存版としてDVD化したくなるような、
質の高い作品になっていました。

番組の企画書や取材申請書や台本を読み、
普段何気なく流れているテレビ番組も、
放送されるまでには大変な労力と
多くの人々の協力が必要と知りました。
担当の山本竹輝プロデューサーをはじめ
スタッフ・出演者の皆さん、
本当にお疲れ様でした。

さて、そんなエジソンの蓄音機に
敬意を表して、
チャールズ・ダルマインの
バイオリン・ソロを鑑賞しました。
1902年録音の古いロウ管です。
シューベルトのセレナードと
メンデルスゾーンのスプリング・ソング。
まさに110年物のタイムカプセルです。


[広告 ] VPS


90WK9YL0uT0FAK41427610845_1427610863[1]
エジソン・スタンダード・フォノグラフ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

エジソン社 ディスク・フォノグラフC-150 1915年製

エジソン社の
ディスク・フォノグラフC-150、
1915年製です。

DHURDKDYSSe7LIq1410257189_1410257202[1]
syb1uDy1X9Yjuev1410257133_1410257146[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフC-150

縦振動の録音にこだわったエジソンですが、
時代の流れには逆らわず、横振動で
録音されたSP盤の再生が可能な
サウンドボックスも用意していました。

o8rZl708minI2ya1409895780_1409895805[1]
このエジソンC-150には、最初から
このサウンドボックスが付いていました。
ただ、他社のサウンドボックスが付けられない
特殊な形状をしています。

今回新たに、自由にサウンドボックスの交換が
楽しめるアダプターを入手しました。

s8up_VliQiYvH2G1409895719_1409895730[1]
上がオリジナルのサウンドボックス
下がサウンドボックスの交換ができるタイプ

xTxQxcJu8yl2jQi1409895856_1409895874[1]
Aa8LsQ0pFzp2wPB1409895926_1409895941[1]
色々なサウンドボックスに交換して楽しめる

付いていたサウンドボックスは
非常に状態の良いマイカ(雲母板)でしたが、
残念ながら針とスタイラスバーをつなぐ
大切な支柱が割れていました。
かなり致命的なジャンクです。

こういう時に便利な材料があります。
歯科で義歯の修理などに使う
常温重合レジンという速やかに固まる
プラスチック様の樹脂です。
強度も結構あり、硬化後はすぐに成形でき
後で追加もできます。
金属面でもサンドブラスト処理すれば、
かなりの強度でくっつきます。

VIKp58JUmbdtptT1408995306_1408995333[1]
アクリル系歯科用常温重合レジン
「プロビナイス」の粉末と液。
液を湿らせた細筆で粉末を採取し、
破損部分に少しずつ積み上げていく。
数分で硬化し研磨可能。

ghFFWMBsn0cleGp1408995143_1408995167[1]
針とスタイラスバーをつなぐ支柱の破損

9ZfwSAjh8mZUXFx1408995482_1408995504[1]
常温重合レジンで修復・研磨。
もちろん色も塗れます。(敢えて塗っていません)
是非お試しを。

なお、劣化したガスケット(ゴムパッキン)も
試しに歯科用精密印象用シリコンに交換し、
しばらくモニターしてみたいと思います。

GRVKiMXUMHBEr_j1410256921_1410256951[1]
gUc7TFQgIBRsEj41410256862_1410256874[1]
修復したサウンドボックスで
SP盤を試聴しました。
今まで聴いたことのないような
パワフルな音量に唖然としました。

パティ・ペイジの
『センチメンタル・ミュージック』
『Would I Love You』(1951年)、
そして多重録音で一人で四重唱した
『With My Eyes Wide Open I'm Dreaming』
(1950年)を鑑賞しました。

初めて聴く曲なのに、
どこか懐かしい。
癒しのトーンが隠れています。


[広告 ] VPS


MHRmcUAbFSGULUV1411864467_1411864486[1]
パティ・ペイジのSP盤
『センチメンタル・ミュージック』
『With My Eyes Wide Open I'm Dreaming』

oAQ9StgN7ANACUf1379821856_1379821869[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフC-150

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

エジソン 円筒型蓄音機 スタンダード・フォノグラフ 1903年製 

エジソンの
円筒型蓄音機 
スタンダード・フォノグラフです。

bL9_2ojdWPgiTlY1417434214_1417434237[1]
3_SavkDg2V95hsa1417434660_1417434670[1]
エジソン 円筒型蓄音機 
スタンダード・フォノグラフ

スタンダード・フォノグラフに装着できる
小さなラッパを入手したので、
録音実験してみました。

大きな声で吹き込む代わりに、
ラッパの中に小型スピーカーを入れ、
やや音声を増幅して出力してみました。

Uyb7HmkMGjZhQZq1417463035_1417463100[1]
タブレットPCに記録した映像の音声を
ラジカセのアンプで増幅して
小型スピーカーで出力。
小型スピーカーはホーン内に入れ密閉。

日テレの「ものまねグランプリ」(9月放送)で、
映画「アナと雪の女王」の劇中歌
『生まれてはじめて』(神田沙也加)と
『レット・イット・ゴー~ありのままで~』
(松たか子)を、西尾夕紀がものまねしたものを
音源として使用してみました。


[広告 ] VPS


西尾夕紀の歌声がノイズにかき消されそうで
申し訳ないのですが、そんな中でも
誰のものまねか分かるのはさすがです。

実際のライブでの歌声は
パンチがあり伸びやかで、
本当に素晴らしい歌唱力だったことを
ご報告申し上げます。(笑)

cn2NQ1sRHB7XCag1417684722_1417684788[1]
西尾夕紀ディナーショーにて、
一緒に撮ってもらいました。
5CHランドisKeSVbJVmPh1417684862_1417684999[1]
グランドエクシブ浜名湖での、
撮影自由のコンサートでした。

ロウ管のシェービングには、
ディクタフォンのシェービングマシンを
用いました。
モーターの代わりに、電動ドリルに
プーリーを付けて、ゴムバンドで
ディクタフォンの滑車とつなぎ
使用しました。

b2q23tE3UbhxEoZ1417434140_1417434167[1]

ロウ管のシェービングの良し悪しが、
再生時の雑音に大いに影響しますが、
あまり景気良く削ると割れそうなので、
やや控えめにしています。

5RHrAtLNC8fkbwP1417434452_1417434464[1]
録音時はエジソンレコーダー(左)を用い、
再生時は通常のリプロデューサー(右)に
交換します。
大きなラッパだと結構手間です。

eAYYYWIYPjl67IF1417434540_1417434562[1]
エジソンレコーダーとロウ管との間に
スペースがあまりないので、
録音時のロウ管の削りカスが針先に
まとわり付くと、カタカタ余計なノイズが
入ってしまいます。
かなりデリケートです。

もともと、
拍手や歓声の入ったライブは、
ロウ管録音の音源としては不向きかも
知れません。
それでも110年前の機器ですから、
やっぱり凄いことです。
よく頑張っています。

エジソン・コンサート・バンドの、
『Ring Out Bells For Christmas』(1907年)
というクリスマスの歌を入手したので、
2014年、エジソンの蓄音機の
仕事納めとします。


[広告 ] VPS


8J745dM0Y2NDw2l1417668145_1417668160[1]
エジソン 円筒型蓄音機 
スタンダード・フォノグラフ

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コロムビア 卓上型蓄音機 No.116 1931年製

コロムビアの 
卓上型蓄音機(グラフォノーラ)
No.116です。

VAUtgiKVN2bvz3c1414036882_1414036916[1]
QHc0CBx4Cq5SGMV1414037438_1414037453[1]
D3z0IxAVbI6YAzX1414037531_1414037560[1]
コロムビア 卓上型蓄音機
グラフォノーラNo.116

3lR_6bsLnocQdgZ1414051028_1414051044[1]
このコロムビアNo.116は、サランネットの
花模様が気に入り入手しました。
当時の広告に
「欧米最新型に日本的趣味を加味」と記載が
ありますが、まさに当時の和モダンだったの
かも知れません。

本体に大きな傷は無く、
清掃すると木調の落ち着いた良い
雰囲気をすぐに取り戻しました。

ただ、ゼンマイモーターが動きません。
確認すると予想通り硬化したグリスが
ギアにまとわり付いていました。

IaLA6T0PawZICa41414093556_1414093576[1]
43AqCcFoVKrZrko1413717276_1413717295[1]
固着した古いグリス

グリスを取り除きゼンマイを巻き上げると、
途中でガクンと嫌な振動と共に空回りします。
残念ながらゼンマイ切れの症状です。

bw4cLIL5Q6ZoQsw1414136678_1414136697[1]
mAzITiNowkk3ZZO1414136863_1414136886[1]
開けてびっくり。
これではゼンマイも切れます。

rF65bpcpd_I9CQs1414136951_1414136971[1]
whsILJ9gGzEhJaU1414137032_1414137051[1]
腐った汚物のような臭いのグリスを
丁寧に清掃すると、ゼンマイの断裂が
確認できました。

幸い端の方なので、
穴を開ければまだ使えそうです。

2BdtViONydxZnP01414236983_1414236999[1]
高速切削器具にて穴あけ

tzIEIe8Tl4dm9y81414237038_1414237055[1]
熱処理してから屈曲

s8OChOhUpAvX5w91414284898_1414284917[1]
5eqqUhB3SZ3GSR21414284976_1414284991[1]
グリスアップしケースに収納します。
握力と根気が勝負。
気を抜くと一気に飛び出しやり直し。

復活したゼンマイモーターで
デモンストレーションです。
静かで安定した回転が得られ、
当時の技術力の高さに感心するばかりです。

Xu25etpnqbwpXQT1414038142_1414038157[1]
オリジナルのサウンドボックスは
コロムビアのNo.9が付いていました。

5hK0Oj0Q5MBWGrH1413717450_1413717462[1]
特徴ある金属製2分割折り曲げホーン。
結構マイルドなサウンドで聴きやすく
感じます。

日本人シャンソン歌手の草分け、
高 英男の『枯葉』(1953年)を鑑賞しました。
ソフトなトーンが、
この蓄音機に似合います。


[広告 ] VPS


xxgY7tZEebYT3an1414478799_1414478812[1]
SP盤 高 英男の『枯葉』

丁度、ヴィクター・ヤング指揮、
ザ・カスティリアンズのタンゴの組アルバム
(1951年)を入手したので聴いてみました。
踊れないけれど、
聴くタンゴも結構いい感じです。
『ヴァレンチノ・タンゴ』
『エル・チョクロ』
『ラ・クンパルシータ』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


NcLJv_Jh0wHV9D31414478924_1414478937[1]
ヴィクター・ヤング指揮
カスティリアンズ 組アルバム
「ヴァレンチノ・タンゴ」

cKHNbyfjGLcgdV01414478482_1414478581[1]
コロムビア 卓上型蓄音機
グラフォノーラ No.116

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ビクター ラッパ型蓄音機 ビクターⅢ(3号) 1904年製

ビクターの
ラッパ型蓄音機 
ビクターⅢ(3号) です。

IXt8EdeWYhBtCxC1412230422_1412230442[1]
LQSbS5HmRE38H2U1412231028_1412231042[1]
_pujwrn9fTsvVG31412231092_1412231107[1]
ビクター・ラッパ型蓄音機 
ビクターⅢ(3号)

立派な木製ホーンが本体にマッチし、
気品と風格を感じます。
100年を超える年月を経て
私の手元に届くまで、
このビクター3号にも様々なドラマが
あったことでしょう。
まさに「浪漫紀行」を感じます。

8ODARNQlyBKdVtE1412231373_1412231387[1]
美しい木製ホーンは金属よりも軽量。
ラッパから出てくるサウンドはマイルド。

rkUsZYIWzM3Iewv1412278595_1412278660[1]
オリジナルのビクター・エキシビション・
サウンドボックス。
完成度の高さに敬服します。

dcdnqFLc1RktKpA1412231432_1412231445[1]
強力な2丁ゼンマイモーター。
110年の使用に耐え、今でも回転は
安定しています。

ビクターのラッパ型蓄音機1号から5号までの
当時の広告が、「The Talking Machine」という雑誌に
載っていました。
それによると、ビクター1号は当時25ドル、
3号は40ドル、5号は60ドルと段々高額に
なっています。
ラッパはセレクトでき、
色も有料で変更可能でした。

2HFpN1CRmSxZ1Ce1412317478_1412317498[1]
ビクター2号とビクター3号の広告
aUEjs6egy8KWDFR1413523129_1413523201[1]
ビクター5号に木製ラッパを付けた広告

当時人気のオペラ歌手を使い、
「肉声とレコードの声、
今のはどっちかわかりますか?」と
ラッパ型蓄音機の再現性の素晴らしさを
PRしています。

ビクターの蓄音機は、商標権の関係で
数年前より米国からの個人輸入が困難と
なっていますから、こうした状態の良い機種は
大変貴重です。
大切に動態保存していきたいと思います。

芸術鑑賞の秋、
お気に入りの蓄音機を展示している
我が家の小ホールで、
ミニミニコンサートです。

エディット・ピアフの『枯葉」 (1945年)、
ルイ・アームストロングの
『キッス・オブ・ファイヤー』(1952年)を
鑑賞しました。

圧倒的にパワフルな音量に、
ビデオカメラの方のキャパが超え、
やや音割れするほどです。
とても100歳超えには思えません。


[広告 ] VPS


iX69XbE1W5Ibnbh1412231985_1412231997[1]
ビクター・ラッパ型蓄音機
ビクターⅢ(3号)

S_xttYF0WQYDA4k1412231928_1412231946[1]
エジソン、コロムビアの蓄音機と共に

ご利益のありそうな写真をお福分け
1YPogshDO2x168K1413544135_1413544205[1]
初冠雪を迎えた富士山。
台風一過の雲一つない青空を背景に、
変わらない美しさでそびえ立っていました。
眺めているだけで心が安らぎます。
(2014年10月17日 山中湖にて撮影)

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

エジソン社 エジソン・ディスク・フォノグラフC-150 1915年製

エジソン社の
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150です。

gneGEyISAm_8DAh1404588081_1404588100[1]
5FcgM2Q648it1HG1404588175_1404588200[1]
jbufoU1Msibli8n1404588419_1404588442[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150

縦振動で録音された、
エジソン・ダイヤモンド・ディスクを
入手しました。

42gwhi7OfXey9FA1383633641_1383633653[1]
上が縦振動で録音された
エジソンのダイヤモンドディスク
下が横振動で録音された通常のSP盤
厚さの違いに注目

ダイヤモンドディスクを再生する時は、
専用の再生装置(リプロデューサー)を
アームに取り付けます。

lPB9PkOnG3qIy3d1384060833_1384060849[1]
ra_VHa1GiY56ZHB1383633418_1383633439[1]
mbvjKfIFkVolk3w1383633555_1383633568[1]
縦振動で録音されたディスクを
再生するリプロデューサーには
ダイヤモンド針が付いている

ダイヤモンド・ディスクは
1912年頃から製造されたため、
円筒式のアンベロールレコードでも
同じ曲が録音されていたりします。
円盤式も円筒式も、縦振動のものは
やがて消えゆく運命をたどり、
横振動のSP盤にシェアを受け渡します。

『マイ・ヨコハマ・ガール
(My Yokohama Girl)』という
1917年のブロードウェイ・
ミュージカルから、
ハリー・ティアニーの楽曲です。
バリトン歌手アーサー・フィールズが
歌っています。
B面は、
『オー ジョニー ,オー ジョニー, オー
(oh Johnny,oh Johnny,oh)』(1917年)
エド・ローズとアベ・オルマンによる楽曲で、
エジソン・プリミア・カルテットが
歌っています。
後に、アンドリュー・シスターズが
カヴァーしヒットしています。

時代的に、どこかのんびりしていて
ちょっと牧歌的です。
日本もその頃(1917年)は大正6年、
ヨコハマ・ガールは天真爛漫な
ハイカラさんだったのかも
知れません。


[広告 ] VPS


もう一枚、さらに古いラブソングを
入手しました。
アグネス・キンボールのソプラノで
『キス・ワルツ(The kiss waltz)』、
エリザベス・スペンサーのソプラノで
『Silver threads among the gold』、
1913年のディスクです。

「私は年をとり、金髪の間に銀の糸を生やして
いるが、愛する人よ、あなたは私にとって、
常に若く美しい」
「年はとっても、愛し合う心は知っている」と歌う
『Silver threads among the gold』には、
大人の深い愛を感じます。
勉強になります。


[広告 ] VPS


_g6WQ2Gh1aJK3A91404588524_1404588552[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150

NijnRb89ch5OIeO1404588989_1404589012[1]
レコード袋は丈夫な厚紙で作られ、
楽曲の作者についての詳細な説明が
記載されている。
100年前の物とは思えない良好な保存状態。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ビクター ビクトローラ VV1-60 1930年代

ビクターの
卓上型蓄音機、ビクトローラ
VV1-60です。

s8sIP5vBrij8SQZ1399074894_1399074917[1]
We3Hql_abJXzfC61399074806_1399074844[1]
jO5cj56fBTbxeGC1399074617_1399074657[1]
ビクター・ビクトローラ VV1-60
型番のVVはWではなく、
ビクタービクトローラの意味でVV

ビクトローラの中では、
トーンアームが左側に付いているものは
珍しく、本体もやや小振りです。
安価な普及型だったようです。
質素で控えめな所に好感が持て、
ディスプレイとして眺めて楽しむことが
多い蓄音機です。

メンテ時には、注油や清掃、塗装し、
十分に動かしてあげます。

jb8ECHY2bCDdnwP1399075037_1399075045[1]
JDfq4NR9cDE4TE31399075087_1399075097[1]
0_QBeA2kCI54PjU1399074968_1399074983[1]

本体もモーターも丁寧な作りで、
80年の使用に十分耐えられます。
さすがビクターです。

モーターの回転は安定しており、
くたびれた電蓄よりもパワフルで
静かです。

サウンドもマイルドで、
リラックスタイムにコーヒーでも
飲みながら鑑賞するにはぴったりです。

映画「ブロードウェイの子守唄」より
『ブロードウェイの子守唄』(1951年)、
映画「情熱の狂想曲」より
『わが心の歌もて』(1950年)、
共に歌はドリス・デイ、
演奏はハリー・ジェームス楽団。
そして、
映画「Hello,Frisco,Hello」より
『You'll Never Know』(1943年)、
映画「Gay Divorcee」より
『The Continental』、
共に歌はローズマリー・クルーニー、
演奏はハリー・ジェームス楽団。
以上4枚続けて鑑賞しました。

全てトランペットはハリー・ジェームスが
吹いています。


[広告 ] VPS


6t0vsmHHONXdYHS1399076202_1399076218[1]
SP盤の袋にドリス・デイ、
ローズマリー・クルーニー、
ハリー・ジェームスが印刷され、
コロムビアの看板アーティスト
だったことがわかる

UKbF14n5SGPAbne1399922873_1399922955[1]
ビクター・ビクトローラ 
VV1-60

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Victoler ポータブル蓄音機 1940年代

Victolerの
ポータブル蓄音機です。

jfQSYJ2EQVl_8xb1387532894_1387532909[1]
Victoler
ポータブル蓄音機

VictorとVictorolaを合わせたような
怪しいメーカーで、ビクターのマークも
粗悪に真似ています。
いつの時代にも必ず出てくる
〝なんちゃって〟商品です。

Lwrh45eYIZZxcql1387533034_1387533046[1]
犬だか猫だか分からない怪しいニッパー

ご丁寧に取っ手の傍に、
日本ビクターのヒット製品、
卓上型蓄音機「Victorola J1-50」の
商標をくっつけています。
さすがにこれはずっと後になって、
誰かがイタズラしたのでしょう。

a0KuZGoOTxgp0Zt1387533166_1387533182[1]
文字通り
〝取って付けたような〟パテント

ゼンマイモーターがやや不安定ですが、
フランス製のサウンドボックスに
助けられ、なんとかレコード鑑賞に
耐えられました。

zgsjJzM2JRqKa_Y1387532662_1387532682[1]
固着したグリスの清掃

CMl6aGbKtIRbRX71387532244_1387532346[1]
小さな本体ではホーンの折り返しも
かなり窮屈

戦後の物の無い時代に、
安価で気軽に音楽を楽しみたい
という庶民の願望から、
こういうコピー製品が出回っていた
のかも知れません。

フランク・シナトラのSP盤で、
『DAY BY DAY』(1945年)、
『CLOSE TO YOU』(1943年)
を鑑賞しました。

20代の若きシナトラ。
甘いマスクと甘い声で
こんなラブソングを歌われたら、
女性ファンはメロメロだった
ことでしょう。


[広告 ] VPS


ZsvP08t9nwQXwil1387532964_1387532984[1]
EqVfViz9n_gZsCa1387533251_1387533264[1]
フランク・シナトラのSP盤組アルバム

bVngoLSdhiNEmTv1392510862_1392510910[1]
2月15日 関東甲信の記録的な大雪
自宅の周辺も80センチ位積もりました

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

エジソン社 円筒型蓄音機 エジソン・スタンダード・フォノグラフA型 1903年製 

エジソン社の円筒型蓄音機 
エジソン・スタンダード・
フォノグラフA型 
1903年製です。

lXJk9f_CnexPLW61383560274_1383560297[1]
エジソン・スタンダード・
フォノグラフA型

110年も前の機器ですが、
注油と清掃のみのメンテで、
良好に作動しています。

m_iZ_aoqdWM4uKv1383560489_1383560501[1]
大きくて立派なホーンが
格調高くそびえ立つ

fUYge8DeKlKZPsf1383560391_1383560404[1]
丈夫で美しいオーク材のボディ

r0KJkYBFr0CSWsh1383560590_1383560604[1]
上蓋の優しい曲面に遊び心を感じる

PpkmmVYshrq5fTe1383560535_1383560546[1]
丁寧に作られたゼンマイモーター
力強く安定した回転が得られる

9U5YM9oyRf9TGG21383560444_1383560456[1]
再生装置のダイヤモンド針
ロウ管の音溝と繊細に接する

貴重なロウ管レコードで、
比較的状態の良いものを
入手しました。

『TELL MOTHER I'LL BE THERE』
ロウ管に1902年の記載があります。

もう一曲は
『Joy to the world』
賛美歌112番「もろびとこぞりて」
です。
12月に聴きたくなるメロディです。

ロウ管レコードは、2分のワックス
レコードから4分の硬質ワックスに
変わり(1908年頃)、さらに
1912年頃からはセルロース
のブルーアンベロールレコードへと
材質を変え、軽量で壊れにくく
改善されていきました。

vnoJ7w0UbkcPHWG1384857596_1384857653[1]
エジソンのロウ管レコードと
ブルーアンベロールレコード

2本共一番初期の2分のロウ管で、
裏打ちの無いロウのみでできています。
少し力を入れて蓄音機のシリンダーに
押し込んだりすると、
見事に割れてしまいます。

緊張感を持って、
姿勢を正してお聴きください。(笑)


[広告 ] VPS


xvnRy1LAJNMXaNG1383560344_1383560356[1]
円筒型蓄音機 
エジソン・スタンダード・
フォノグラフA型(1903年製)

hSo4UOTCfjkPUZY1384057242_1384057255[1]
自宅の蓄音機展示ブース
ミュージアム館長兼学芸員が
丁寧に解説いたします 

オマケとして、
ビング・クロスビーの
『アヴェ・マリア』と、
美空ひばりの
『クリスマス・ワルツ』を、
HMVのポータブル蓄音機で
鑑賞しました。
『クリスマス・ワルツ』は1953年、
美空ひばり16歳の録音です。


[広告 ] VPS


7Z_qCOrKRqZ9i6O1385274232_1385274257[1]
HMV ポータブル蓄音機
モデル102(1930年代)

6JkZSeh8dxNXinK1385274316_1385274327[1]
美空ひばりのSP盤(1953年)
『クリスマス・ワルツ』

昨年アップした、
50年代のナショナル真空管電蓄で
聴くクリスマス・ソングの映像も
観たくなりました。
「クリスマス・ゴールデン・ディスク」より、
『アイル・ビー・ホーム・
フォー・クリスマス』
(グレン・キャンベル)と、
『クリスマスの聖歌』
(ナット・キング・コール)です。


[広告 ] VPS


クリスマスソング
色々な歌手の
クリスマス・ソング・アルバム

メリー・クリスマス!
そして、
来年も良い年になりますように。





テーマ : クリスマスソング
ジャンル : 音楽

エジソン ディスク・フォノグラフ C-150 1915年製

トーマス・エジソンの
ディスク・フォノグラフ
C-150です。

2Q2Z9v6nuLO8Xti1379822290_1379822300[1]
oAQ9StgN7ANACUf1379821856_1379821869[1]
トーマス・エジソン・
ディスク・フォノグラフC-150

fj2cr3UEKZGp7SA1379822076_1379822091[1]
下部はレコードの収納スペース

エジソンがこだわった縦振動により
録音したダイヤモンドディスクを
再生できる蓄音機です。

ダイヤモンドディスクは、
海外のオークションに
時々出品されていますが、
聴きたいと思う楽曲は
あまりありません。

縦振動用のリプロデューサーを
横振動用のサウンドボックスに
交換すれば、
通常のSP盤も再生できます。
実際には、SP盤の方が圧倒的に多く
出回っていますから、
サウンドボックスがメインに
なっています。

N_i1UZYahGM6qvo1379821968_1379821980[1]
縦振動用と横振動用の
再生装置の交換可能
写真は横振動用のサウンドボックス

大きくて重い、
がっしりとしたボディに
再生音が共鳴すると、
ポータブル蓄音機では再現できない
静かな低音が聴こえてきます。
管弦楽に向いているかも知れません。

TmqY9BD43BAy0VF1379822031_1379822041[1]
大型家具並みの重量
大きなラッパが内蔵

1915年製ということは、
まもなく100歳。
触るだけでもご利益がありそうです。
(ありがたや、ありがたや)

「ビクター家庭音楽名盤集」
の第4巻より
『アンダンテ・カンタービレ』
(オルマンディー指揮
ミネアポリス交響管弦楽団)と
第2巻より
『カヴァレリア・ルスティカーナ』
(フィードラー指揮
ボストンポップス管弦楽団)を
鑑賞しました。

GnA_nJt3HT4nQb51379822862_1379822880[1]
bXFWxbFNPq_wDOQ1379822805_1379822820[1]
豪華な作りの
「ビクター家庭音楽名盤集」
様々な楽曲が収録

「ビクター家庭音楽名盤集」は
SP盤12枚入りのアルバムで、
大変豪華で丁寧な作りです。
家族で楽しめる管弦楽、器楽、
声楽などバラエティに富んだ内容で、
10インチのSP盤に収録されています。
すべての曲に分かり易い解説書が
付いています。

R15qlcYYX9V9GRo1379822748_1379822758[1]
丁寧な解説書付き

収録曲の選考委員の挨拶文の抜粋です。
【「家庭音楽名盤集」の委員達が選んだ
12枚のレコードは正真正銘の
「選ばれたる」レコードである。
1936年という時代を十分考慮に入れて、
しかも趣味と品位と興味の三点では
満点のものを選んだ。】

【今や日用諸物資の驚くべき騰貴は、
物質的に広く我国民の家庭生活を
脅かしてきた。
加えて増税の負担を
覚悟しなければならぬ。
我々は出来る限り物質的な欲を節制して
生活しなければならぬ。
しかしながら「生を楽しむ」
ということがなければ、
人生の生活は無意義である。
最も楽にして最も効果の多い
精神的快楽は
言うまでもなく音楽である。】

この「ビクター家庭音楽名盤集」が
発売されたのは1936年。
翌年には日中戦争、
5年後には太平洋戦争が始まります。
世の中が軍事色に染まり始めた頃です。
そんな時代でも、
音楽はいつも身近にあり、
心癒してくれたのかも知れません。

それにしても、
よくこの良好な状態で保管されて
いたものだと、感心するばかりです。


[広告 ] VPS


rAr8IfTLsKRu0zt1380445526_1380445572[1]
山中湖のアンティークショップにて
エジソンのシリンダー型蓄音機と一緒に
E6F55XVnwHDZsnA1380445693_1380445729[1]
爽やかな青空と富士山
眺めているだけで
幸せな気分になれます。
富士山が世界平和の
シンボルになることを祈り、
合掌
2013年9月27日

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

HMV ポータブル型蓄音機 MODEL102 1930年代

HMVの
ポータブル型蓄音機
MODEL102です。

メンテを兼ね時々動かしています。

HMV ポータブル蓄音機
HMV ポータブル型蓄音機 MODEL102

HMV ポータブル型蓄音機

このHMVの品質の高さをすぐに
実感できるのは、
ゼンマイの巻き上げです。
他のどのメーカーの
ポータブル型蓄音機と比べても、
これほど軽やかに巻き上げが
可能な機種はありません。
本体に手を添えることなく、
片手でもスムーズに
巻き上げができるほどです。

オリジナルのサウンドボックスの
状態も極めて良好で、
落ち着いた自然なサウンドを
聴かせてくれます。
他の蓄音機では聴き取れないような、
かなり擦り切れたSP盤でも、
なんとか鑑賞できるくらいまで
頑張って再生してくれます。

まさに「違いのわかる逸品」
と言えるかと思います。

ヴィクター・ヤング楽団が演奏する
映画主題曲のSP盤を入手しました。
1939年のMGM映画
『風と共に去りぬ』と、
1943年のパナマウント映画
『誰が為に鐘は鳴る』。
共に日本公開は1952年です。

もう一枚映画つながりで、
活弁士・泉詩郎の
映画説明のSP盤も聴いてみました。
1938年公開の松竹映画
『愛染かつら』
(田中絹代・上原謙)です。

4枚の組アルバムで
収録されていますが、
主題歌「旅の夜風」が入った
1枚目のA面と、
「悲しき子守唄」が入った
2枚目のA面、
そして前半の山場の2枚目B面です。

この前CSで、
1954年公開の京マチ子・鶴田浩二版を
観ましたが、
美男美女のすれ違いドラマは、
結構ハマります。

ノイズの多い盤ですが、
活弁の記録としても貴重かも知れません。

1938年の『愛染かつら』と
1939年の『風と共に去りぬ』。
スケールの大小は違えど、
大衆の心をとらえた要因には、
多分に共通する所がありそうです。


[広告 ] VPS


風と共に去りぬ 誰が為に鐘は鳴る
映画主題曲収録のレコード
『風と共に去りぬ・誰が為に鐘は鳴る』

映画「愛染かつら」の4枚組SP盤
映画「愛染かつら」の4枚組SP盤

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

イングランド・ディスク・グラフォフォン 1910年代

気品と風格のある
英国製のラッパ型の蓄音機、
イングランド・ディスク・グラフォフォンです。

(前回の映像は
「イングランド・ディスク・グラフォフォン」
でグーグル検索可能)

イングランド・ディスク・グラフォフォン
イングランド・ディスク・グラフォフォン
ラッパ型蓄音機   

エジソンのロウ管式蓄音機と同様、
100年前の製品であることにまず驚き、
さらに正常に作動することに感動します。

ラッパが本体の外に露出しているので、
トランペットなどの
管楽器の音が入ったSP盤を再生すると、
まさに目の前で演奏しているような
錯覚をします。
 
丁度、ルイ・アームストロングのSP盤
『キッス・オブ・ファイヤ』(1952年)
を入手したので、
このラッパ型蓄音機で
聴きたくなりました。

さらに、聴き比べたくなり、
卓上型の蓄音機(ペンギンブランド)、
ポータブル型蓄音機(HMV)でも、
同じSP盤を再生してみました。
収録は2階吹き抜けのホールで
行いました。

ペンギン卓上型蓄音機
ペンギンブランド 卓上型蓄音機 
1930年代

P1160162_convert_20120916123120.jpg
HMV ポータブル型蓄音機 
1930年代

さて、聴き比べの感想は・・・。

パソコンの小さなスピーカーの音では、
みんな同じに聴こえてしまいそうですが、
蓄音機の前で聴くと音の違いを、
空気の振動として
肌で感じることができます。

ラッパ型では、
ホール全体にトランペットの
金属音が広がり、
鼓膜を激しく共振させる
圧倒的な迫力です。
蓄音機が楽器そのものになり、
ライヴ感満点です。     
これがラッパ型の醍醐味です。
  
卓上型では、
再生音がしっかりしたボックスの中で
内蔵ホーンを共振させ、
少しお行儀良くなってから
開放された感じで、
密閉型スピーカーから聴こえてくる
サウンドに似ています。
低音もしっかり出ています。

ポータブル型では、
HMVのサウンドボックスが素晴らしく、
ラッパ型に匹敵するパワーを感じますが、
耳が痛くなるような
大音響ではありません。
バランスの良いサウンドで、
ボーカルも明瞭です。

さあ、
あなたの耳には
どのように聴こえたでしょう。

自宅でミニコンサート。
大きな音でのSP盤の再生が終わると、
一瞬の静寂が訪れます。

そして今度は耳をすますと、
鈴虫の美しい合奏が聴こえてきました。


[広告 ] VPS

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

エジソン・スタンダード・フォノグラフ(エジソン蓄音機) 1903年製 

エジソン・スタンダード・
フォノグラフ(エジソン蓄音機)
A型、1903年製です。

貴重なブランクのロウ管を入手したので、
早速録音実験をしてみました。
録音装置(エジソン・レコーダー)は
所有していたのですが、
なかなか2分のブランクロウ管が
入手できず、
録音はずっと保留になっていました。

エジソン・レコーダー(録音装置)
エジソン蓄音機用録音装置
エジソン・レコーダー

録音用ブランクロウ管(2分用)
録音用のブランクロウ管(2分用)

録音用のダイアモンド針とロウ管
録音用のダイヤモンド針とロウ管

録音時は
エジソン・レコーダーを用いますが、
再生時は再生装置(リプロデューサー)に
交換しないといけません。
一台で行う場合は、
その都度ラッパも外さなければならず、
大きなラッパだと結構手間です。


戦いの歌を吹き込むインディアンの勇士
「LIFE ライフ/人間と科学シリーズ 
音と聴覚」
(タイムライブックス日本語版)に、
大きなラッパに向かって
戦いの歌を吹き込んでいる
インディアンの古い写真が
載っていました。

写真の蓄音機は、
電気モーターで稼働する
タイプのようですが、
大きな蓄電池が写っていたので、
宣伝を兼ねてあちこち出張して、
色々な音を録音していたのかも
知れません。
まさに録音実験という感じの写真です。

私も、この写真のように
大きなラッパで吹き込みたいと
思いました。

録音実験は、
例のごとく「寅さんの口上」です。
ロウ管が2分用なので、
口上も短縮バージョンで録音しました。
100年前にタイムスリップして
録音しているような、
ちょっと不思議な体験でした。
  
「音を蓄える」、
まさにこれが蓄音機の原点です。

ロウ管録音中  ラッパに向かって大きな声で吹き込みます
ロウ管録音中  
ラッパに向かって
大きな声で吹き込みます

エジソン・スタンダード・フォノグラフ(エジソンのロウ管式蓄音機)
エジソン・スタンダード・フォノグラフ
(エジソンのロウ管式蓄音機)



[広告 ] VPS


また、
FC2動画の無料会員のアクセスが
制限されているようなので、
You Tubeにアップした同じ動画を
貼り付けておきます。
経営的に厳しいのかな・・・。

テーマ : コンサート
ジャンル : 音楽

コロムビア ポータブル蓄音機 グラフォノーラ No.164 1920年代

コロムビアの
ポータブル蓄音機グラフォノーラ、
No.164です。

一般的なポータブル蓄音機より、
ひと回り、いやもっと大きく、
卓上型蓄音機に取っ手を付けたような、
重量級の堂々たる蓄音機です。

野外に持ち出すためと言うより、
家の中で少しだけ鑑賞場所を変える、
そんな移動を想定していたのかも
知れません。
とにかく相当な重さです。

内部のボードやSP盤収納ポケットも、
木製で丁寧に光沢仕上げされ、
とても落ち着いた味わい深い色に
なっています。
サウンドボックスや
ゼンマイモーターの状態も良好です。
全体にバランスがとれ、
格調高く高級感があります。

トーンアームが
手前に位置しているため、
正面から針をレコードに
乗せようとすると、
針位置が見えにくくなります。
その代わり内蔵ホーンは開口部まで
ストレートに音が広がり、
迫力ある再生音を聴かせてくれます。

小さなクランクですが、
ゼンマイの巻き上げは
極めてスムーズで、
よくメンテされています。
私の手元に届くまで、
過去のオーナー達が
大切に扱ってきたことが
よく分かります。

眺めているだけで、心癒され、
豊かな気持ちにしてくれる、
そんな蓄音機です。

ドリス・デイの主演映画
「二人でお茶を」より
主題歌の「二人でお茶を」、
映画「情熱の狂想曲」より
「アイ・メイ・ビイ・ロング」と
「ウイズ・ア・ソング・
イン・マイ・ハート」
を鑑賞しました。
共に1950年公開のアメリカ映画です。


[広告 ] VPS


SANY0658_convert_20120607131441.jpg

SANY0665_convert_20120607132558.jpg

SANY0675_convert_20120607131945.jpg

コロムビアG-50,G-224,No.164 大きさ比較
上左:G-241 上右:No.164 下:G-50

ドリス・デイのSP盤 
ドリス・デイのSP盤レコード

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク