アライド・ラジオ・コーポレーション フォノグラフ・ワイヤーレコーダー 1940年代

アライド・ラジオ・コーポレーションの
レコードプレーヤー/
ワイヤーレコーダー 「ナイト」です。

IMG_0031_convert_20161122181432.jpg
IMG_0041_convert_20161122181804.jpg
KNIGHT(Allied Radio corp.) PHONOGRAPH
RECORD PLAYER/WIRE RECORDER

P1010354_convert_20161122184336.jpg
記録媒体に
約0.1ミリのステンレスワイヤーを用いた、
磁気録音・再生機です。

P1010357_convert_20161122184435.jpg
P1010359_convert_20161122184541.jpg
右側の小さいドラムに
ワイヤーリールをセットします。
ワイヤーの端には
ガイド用のリーダー紐が付いています。

P1010364_convert_20161122184642.jpg
左の大きなドラムで巻き取ります。
ゴムバンドなどを利用して
紐の端をはさんでおくと
スムーズに巻き取れます。

P1010368_convert_20161122184852.jpg
狭いスリットの中に
録音・再生ヘッドが入っています。
リールの回転に合わせ
白い部分がゆっくり上下するため、
均等に巻き取られます。

P1010987_convert_20161122182132.jpg
P1370105_convert_20161122182951.jpg
GT管を用いた増幅回路は
どの部品も劣化が進み、
断線やショートで発火しそうです。

P1010345_convert_20161122184223.jpg
録音・再生ヘッド不良のため、
壊れたマイクロカセットの
ヘッドを移植して、
当時の録音を聴いてみました。

クラシックやオペラなどが
録音されていました。
高速で走行する極細のワイヤーに、
これだけの録音が可能というのは
ちょっと驚きでした。

P1010337_convert_20161122183847.jpg
P1010332_convert_20161122183622.jpg
大きな巻き取りリールは
そのままターンテーブルとなり、
SP盤を乗せればプレーヤーに
早変わりします。
こういう欲張りな発想が好きです(笑)。

シャンソンのジャン・サブロンで
『我が心の歌』(1937年)を鑑賞しました。

ワイヤーレコーダーがアメリカで
製造されていた頃は、
日本では戦中戦後の物のない時代で、
本機種の輸入は極めて困難だったと
推察します。
そうこうしているうちに
テープレコーダーが登場し、
日本の市場にワイヤーレコーダーが
出回ることはなくなってしまいました。

それでも、
アイデアの斬新さや
製品としての完成度の高さには、
本当に敬服するばかりです。
「♫ こんなこといいな、
できたらいいな・・・」。
ドラえもんのポッケから
出てきそうな機械です(笑)。


[広告 ] VPS


IMG_0047_convert_20161122181925.jpg
ジャン・サブロンのSP盤

IMG_0017_convert_20161122180943.jpg
P1010318_convert_20161122183055.jpg
アライド・ラジオ・コーポレーション
レコードプレーヤー/
ワイヤーレコーダー 「ナイト」
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク