ビクター ハイビジョン・ビデオカセット・レコーダー HR-W1 1994年製

ビクターの
ハイビジョン・ビデオカセット・レコーダー
HR-W1です。

P1010859_convert_20160909070931.jpg
P1010893_convert_20160909071721.jpg
Victor Hi-Vision VIDEO CASSETTE
RECORDER HR-W1

P1010890_convert_20160909071616.jpg
P1010908_convert_20160909072226.jpg
“W-VHS”と聞いて
すぐにこの機種がイメージできる人は、
オーディオファンというより
映画ファンかも知れません(笑)。

P1010936_convert_20160909073054.jpg
P1010929_convert_20160909072827.jpg
「映画を家庭で、より鮮明な映像で
楽しみたい」という映画ファンの願いから、
新しいビデオ機器が次々に
開発されてきたと聞いたことがあります。
VHS方式からS-VHS方式へと
画質を向上させたビデオ機器は、
ついにハイビジョン映像の録画・再生を
可能にしたW-VHS方式に発展しました。
地デジに変わる前の話です。

当時(1994年)、
アナログ放送を駆使して
ハイビジョンの試験放送をしていましたが、
HR-W1はW-VHS方式により、
その映像を忠実に記録できる
家庭用ビデオレコーダーの1号機です。

P1320984_convert_20160909073458.jpg
もちろんモニターもそれに対応した
ハイビジョンディスプレイが必要となります。

東芝のハイビジョンディスプレイ32HD1です。
今の4Kテレビを観ても驚かないのは
このモニターの画質の素晴らしさを
知っているからです。
ただし、100kgの重量があります(笑)。

P1360031_convert_20160909185957.jpg
P1360039_convert_20160909190100.jpg
32インチで物足りなければ、
ハイビジョンプロジェクターで投影し
200インチのホームシアターにします。

まあ、20年もすると
笑い話みたいな散財ですが
(モニター98万円、ビデオデッキ62万円、
プロジェクター55万円、電動スクリーン45万円)
当時、
それまで見たことのない
美しい映像の虜になり、
その深みにハマリました(笑)。

P1010869_convert_20160909071135.jpg
W-VHSデッキは、
時代を少し先取りした
新しもの好きのための
ビデオ機器であると同時に、
ものづくり日本の
匠の技が凝縮した
ビデオ機器の金字塔です。

P1360006_convert_20160909081302.jpg
「グレート・アメリカ(GREAT AMERICA)」
(1993年)は、W-VHSのデモビデオです。
これを観たくてデッキを購入した人も
多いと聞いています。
もちろん倒壊前の世界貿易センタービルも
美しく映っています。

ビデオの一部を録画しました。
(ブラウン管テレビの映像を
ビデオカメラで撮影すると
縞のようなフリッカーが発生します)


[広告 ] VPS


映画をビデオコレクションして
楽しむのが好きな私には、
HR-W1は
今も現役の“お宝”です(笑)。

P1360002_convert_20160909081202.jpg
当時3時間のW-VHSテープが
1本6千円程していました。
今は100均にブルーレイディスクが
並んでいます。
メディアが違うとは言え、
ここまで変わるとは全く想定外でした(笑)。

P1360095_convert_20160913151454.jpg
P1360078_convert_20160913151250.jpg
ちなみにハイビジョンLDも導入しましたが、
さすがに一枚2万円を超えるソフトには
ねをあげました(笑)。

P1010948_convert_20160909073251.jpg
HR-W1は、
一応スペアも用意しています。

P1010385_convert_20160909070115.jpg
電源回路が最初に壊れるようです。
電源ユニットの不良コンデンサーを
交換し復旧しました。
もう何年動くか分かりませんが、
動かなくなっても
私にとっては
博物館級の逸品です(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク