シャープ デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム VZ-V2 1980年代

シャープの
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V2です。

CYV6ROTCIUvCxjI1484681115_1484681131[1]
tBjYA7x7JZoEn6l1484681505_1484681522[1]
シャープ 
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V2

lUbfOA7bkSilxF41484681606_1484681623[1]
TKn6iBWC8lkwQmK1484681725_1484681744[1]
lSFXkpdG1Bsgts71484681798_1484681813[1]
シャープの傑作、
両面自動演奏レコードプレーヤー付き
大型ラジカセです。
高性能で操作性も良好な、
完成度の高い逸品です。

fIVxpWt_DCvvRAw1484681171_1484681188[1]
CGA5shJX4CMlVDS1484681917_1484681933[1]
ポストに投函するような
アバウトなレコードセッティングが、
いかにも“アナログ”という感じで
好きです(笑)。

UWOAV96n0Pv626B1484681553_1484681574[1]
背面まで美しく
作り手の愛情を感じます。

80年代の映画では、
映画の主題歌ではない
“イメージソング“なるものが
度々作られていました。

安田成美が歌う
『風の谷のナウシカ』(1984年)と、
沢口靖子が歌う映画「ゴジラ」の挿入歌
『さよならの恋人』(1984年)
を鑑賞しました。

安田成美18歳、沢口靖子19歳。
色々エフェクトをかけていくうちに
声質が似てきます(笑)。


[広告 ] VPS


P1010922_convert_20170120184021.jpg
沢口靖子のシングル「さよならの恋人」と
安田成美のアルバム「安田成美」

AOZ4Atq9hJ71xpj1484681366_1484681383[1]
シャープ 
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム VZ-V2
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

クラウン ステレオ・ラジオ・フォノグラフSPH-100 1960年代

クラウンの
バーチカル・ステレオ
・ラジオ・フォノグラフSPH-100です。

2OPbn7KyRc2B55W1457087132_1457087147[1]
eXcAlDxMLCsMndr1457087220_1457087231[1]
ocFOPo2EPvL9Cdr1457087178_1457087189[1]
CROWN 12-TRANSISTOR STERO
RADIO PHONOGRAPH SPH-100

DFTN7wU6B2547fo1457087535_1457087547[1]
qGpe3fQt4F3ruDb1457087278_1457087289[1]
12個のトランジスタを用い、
スリムに作られています。
背面に壁掛け用の穴があいていますが、
結構重いので
スカスカの石膏ボードの壁では危険です。
ラジオはMWとSWの2バンドで、
感度は極めて良好です。

niQDUkfAaYNtMhe1457087582_1457087595[1]
DFJlUC_hnf6W5IE1457087484_1457087495[1]
プレーヤーは本体から引き倒して
セッティングします。
LPレコードがややはみ出すサイズです。
トーンアームが割れていたので、
サイズの近い他社のものと
交換しました。

トーンコントロールが無く、
結構中高音が強いので、
歌謡曲向きかも知れません。

牧村三枝子の『みちづれ』(1978年)、
松原のぶえの『おんなの出船』(1979年)を
鑑賞しました。

『みちづれ』は遠藤実、
『おんなの出船』は船村徹の作曲です。
やっぱり大御所は違います。
気がつくと首を揺らして
歌っていました(笑)。


[広告 ] VPS


Ph3oOjYUdKkiXjI1457724279_1457724296[1]
18歳の松原のぶえ、
25歳の牧村三枝子。
思わず応援したくなる
アイドル顔でした。

xXWtmq6uaRlJm3s1492162596_1492162620[1]
牧村三枝子のアルバム
「少女は大人になりました」(1972年)
のジャケット写真です。
こういう時代でした(笑)。

Ty5_faurUlin8yg1457428351_1457428372[1]
クラウン
バーチカル・ステレオ
・ラジオ・フォノグラフSPH-100

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

オーギ電子 バンロックレコーダー E-101 1980年代

オーギ電子の
レコードカッティングマシン
バンロックレコーダー E-101です。

kLvgFDpPYiDkI6b1491458845_1491458869[1]
VANROC RECORDER E-101

stqjpS4lQuW9tE41491459936_1491459960[1]
y5pOgl3Dd5Dfe0g1491460028_1491460051[1]
左がバンロックレコーダー、
右がアトムレコーダー。
VUメーターの色が違うだけで、
基本的には同じものです。

実は随分前にバンロックレコーダーの
カッター針を壊してしまい、
お蔵入りしていました。

60fAgXB0JmSrQ5u1491091211_1491091234[1]
最近、
海外のカッティングマシン用の
カッター針を見つけました。
かなり古い物ですが
未使用品だったので
入手しました。

bl_nsFb_PBEefia1491460116_1491460139[1]
針先は金属です。
(ひと目盛り0.5ミリ)
いかにも切れそうです。

pMheimq5cvZOGB11491459110_1491459131[1]
iNPcX_rPLRSj7bS1491459209_1491459239[1]
カッター針の把持部分が、
バンロックレコーダーには
やや太かったので、
少し削ってセットしました。

zq7e6pDpGIQCNdJ1491459622_1491459651[1]
HNaXjxlURYtIYFu1491459331_1491459357[1]
プラバンでのカッティングは
極めて良好で、
ベストな状態で
録音できました。
やはりカッティングマシンは
針が命です。

6vakU2Zq90zcyJm1491459714_1491459759[1]
バンロックレコーダー復活記念に
オリジナルレコードを作製しました。

OL8XK55nLOLY6Gf1491459835_1491459878[1]
外部入力で、
CD・MDコンポと接続しました。
マニュアルモードで、
やや大きめの音量で録音します。

GAyELI4igNq1MAD1491458647_1491458687[1]
サンプル音源は、
私と小2の娘がカラオケで歌った
『True Love Story』(2000年)です。
(郷ひろみと松田聖子のデュエット曲)
“究極の親バカ”承知です(笑)。


[広告 ] VPS


_zcAwzb0B9_krQE1491458752_1491458775[1]
プラバンレコードは、
レーベル作りも含め
一度作ると癖になります(笑)。

さらにタイミングよく、
ポリカーボネート板が入手できたので、
同様に録音実験してみました。
プラバンより硬いので、
若干針圧を上げました。
(コイン2個分)
評判通り、なかなかの音質です。
今後はポリカーボネート板が
カッティングマシンの
主流になるかも知れません。

私がカラオケで歌った
吉幾三の『酒よ』(1988年)を録音しました。
カップリングは、
テレビ番組で坂本冬美がカヴァーした
『酒よ』です。

こんな“あり得ない一枚”が作れるのも
カッティングマシンの醍醐味です(笑)。


[広告 ] VPS


zM_Qz7N_g6bcitL1491902917_1491902952[1]
ポリカーボネートレコード
坂本冬美『酒よ』

YA14ojYqxj2hzdN1491459023_1491459051[1]
バンロックレコーダー E-101

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

テクニクス ダイレクトドライブ・ターンテーブル・システム SL-D2 1979年頃

テクニクスの
ダイレクトドライブ・ターンテーブル・システム
SL-D2です。

lenEEDOH5Tk0HfU1487535052_1487535075[1]
KlwT_aIZCAMPOzY1487534956_1487534971[1]
Technics Direct Drive
Automatic Turntable System SL-D2

vR2nN2clai2v0Fb1487535526_1487535538[1]
oNdzh9yb9YhtC0X1487535199_1487535217[1]
機能的には、
オートリターン、オートストップのみで、
シンプルにまとめています。
スイッチも、
ストップボタンと速度切替ボタンしか
ありません。

k1gA82uAlCuYY7l1487535445_1487535455[1]
1BuBOUq7iA57rJ31487535479_1487535493[1]
きちんとした防振設計で、
正確な回転が得られ、
状態の良いカートリッジが付いていれば、
プレーヤーとして十分です。
むしろフルオートより、
アナログらしいセルフの楽しさが味わえます。

9IYrz_e8JFxdrMn1487535957_1487535968[1]
ダイレクトドライブに必要な回路のみだと、
内部もスカスカです。

6bjwb7JSfq7JsYo1487535682_1487535693[1]
Tcj2j25H6STDxjz1487535636_1487535650[1]
アンプやスピーカーに
品質の高い製品を選べば、
CDとはまた違った
音の深みのようなものを楽しめます。

ソニー・クラークのアルバム
「クール・ストラッティン」(1958年)より、
『クール・ストラッティン』を鑑賞しました。

ちょっときどって
歩きたくなるような、
春風を感じる
ジャズナンバーです。


[広告 ] VPS


wCSHdAVd2M2clWi1487534915_1487534932[1]
ソニー・クラークのアルバム
「クール・ストラッティン」

JKWd54AlvsRrboo1487535006_1487535017[1]
テクニクス
ダイレクトドライブ・ターンテーブル・システム
SL-D2

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

サンスイ コンピューターライズド・フルオート・ターンテーブル P-M70 1980年代

サンスイの
コンピューターライズド・
フルオート・ターンテーブルP-M70
です。

3_t2h2p0Wr4L7Nt1486380649_1486380685[1]
debzYMRfcb_sy_e1486380458_1486380487[1]
Sansui Computerized
Fully Automatic Turntable P-M70

ihNO49XPYzep9AO1486380767_1486380796[1]
ci15CFkC2Qw8Gu71486380553_1486380575[1]
リニアトラッキング方式、
フルオートのダイレクトドライブ
プレーヤーです。
プログラム選曲も可能です。

pGSlMQZvn7Ff4jy1486379421_1486379507[1]
トーンアームを
スライド移動させるための
駆動ゴムベルトの交換は、
ターンテーブルの下の
小窓を開けて行います。
(100均の髪留め用
ポリウレタンゴムで代用可)

P1030201_convert_20170306051342.jpg
プログラム選曲機能が付くと
内部はこうなっちゃいます(笑)。
でも、
正常に音声出力しないのは
案外ピンケーブルの断線だったりします。
本機も左右共に断線していました。

KdyltEwPI6Ip_Mq1486379223_1486379334[1]
kdJjOJlk4GQbQvM1486380017_1486380040[1]
DSC02744_convert_20170209121246.jpg
フォノ入力の無いアンプに
プレーヤーをつなぎたい時は、
フォノイコライザーが必要です。
少しでも真空管のマイルドな音質を
楽しみたいと思い、
真空管フォノイコライザーアンプを
組み立てました。

w0M8uoBI10ngYHu1486379656_1486379688[1]
アル・ディメオラのギターで
アルバム「天地創造」(1985年)より、
『アタヴィズム・オブ・トワイライト』
『コーラル』を鑑賞しました。

アル・ディメオラの
ギターの世界に
引き込まれてしまいます。


[広告 ] VPS


NOkDX6hrmW5sFfm1486380932_1486380960[1]
アル・ディメオラ
アルバム「天地創造」

3TDwHVNRPssYVpS1486379901_1486379942[1]
サンスイ・コンピューターライズド・
フルオート・ターンテーブルP-M70

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク