FC2ブログ

ハラ レコーディング・カッター (レコード・カッティングマシン) HF-250 1950年代

ハラ・レコーディング・カッター、
レコード・カッティングマシンの
カッター・ユニットです。

4PqqNp2LQmOwj871562922906_1562922911[1]
fkb3U6f9kK4Y0Da1562488965_1562488971[1]
n5LH2MTODBSj92k1562488489_1562488504[1]
Ea9pqfZw_vZ4lfU1562488537_1562488543[1]
Hara Recording Cutter HF-250

if6p3sP6ok8U_vx1562489264_1562489274[1]
LXoeZzm20WV2IM_1562488703_1562488710[1]
壊れた電蓄の
モーターとターンテーブルを使い、
トーンアームを外したところに
このカッティング・ユニット取り付けてみました。

Ea9pqfZw_vZ4lfU1562488537_1562488543[1]
ターンテーブルの回転力を利用し
ネジ溝が刻まれた金属棒を回し、
それに録音装置の一部をかませることで、
正確にカッティング針を移動させます。
トルクのあるモーターでないと、
ユニットの重さに負けて動きません。

iSloHr0uIjRCTdF1562488890_1562488898[1]
ラッカー盤の代用品として
プラバンで録音テストをするにあたり、
ターンテーブルの上に
プラスチックのプレートをのせました。
0.3ミリや0.4ミリのプラバンは薄いので
ある程度の厚みを確保するためと、
電蓄のターンテーブルの柔らかいフェルトで
プラバンが変形するのを防ぐためです。

ViqsC_yfACPfqu01562488793_1562488800[1]
さらにプラバンの滑り止めのため、
周囲をテープで固定しました。

JizR01kolA8Pkfu1562488732_1562488737[1]
9hSqGMHngHqNS0s1562489297_1562489310[1]
mTmwWlWQXkPjbJL1562922197_1562922210[1]
重い録音装置ですが、
スプリングを使って
針圧の調整ができます。
30~40グラムくらいが
プラバンには良さそうです。

uy8JqiD0LW9d7y51562489118_1562489126[1]
SP(標準)とLP(長時間)の2パターンの
カッティングができます。
LPモードだと78回転の高速でも、
7インチサイズに一曲録音できます。

qdBEZBObnHiXdiB1562489155_1562489162[1]
パワーのあるアンプから
音声を録音装置に送り、
カッティング実験しました。

lsRxMfJjrgsMfHx1562489037_1562489050[1]
坂本冬美のアルバム
「ENKA Ⅱ」(2017年)より
『雨の慕情』をサンプリングしました。


[広告 ] VPS


古い電蓄の再利用に
少し無理がありましたが、
録音状態としては上々の出来です。
もちろんプラバン自体のノイズは
必ず入ります。

オマケとして、
実験をもう一つ。
もし、80年代のダイレクト・ドライブ
ターンテーブルに
このハラ・カッターを付けてみたら…。

j6dPvdGzR1aIluK1562922335_1562922341[1]
iXugQ2ppvB98X0Z1562922256_1562922263[1]
デノンのDP-57Lを180度回して、
本体に傷をつけないように
両面テープを使って
ハラ・カッターを固定しました。

XTAidFQ1fDVrxEf1562922766_1562922773[1]
カッティング中は
さすがにクォーツ・ロックは厳しく、
針圧を軽くしないとプラバンとの摩擦で
ターンテーブルが止まります。

zShwGMim3RG3auG1562922444_1562922449[1]
それでも回転時の振動が少ないので、
カッティングノイズは軽減し、
かなり大きな音で録音できました。

kbbfirWjZdIUdTC1562922481_1562922486[1]
45回転で、
同じく坂本冬美の
『北の宿から』をカッティングしました。


[広告 ] VPS


特殊な機器は実験なくして
何も考察することはできません。
私の手帳には、
今後やってみたい実験が
いくつも記載されています(笑)。

YetGSmAujxXvR_51562610967_1562610978[1]
ShZqgYqDI7ktCAY1562615575_1562615581[1]
余談ですが、
このカッティング・ユニットが、
ターミネーターの超合金の骨格に
見えたのは私だけでしょうか…。(笑)

BDpiX63MIh_beYE1562615428_1562615452[1]
映画「ターミネーター2」のT-800と記念写真
大阪 USJにて

jMwHoma1NoCUdFs1562488567_1562488575[1]
ハラ・レコーディング・カッター HF-250
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

N.S.カンパニー イングランド・ディスク・グラフォフォン 1910年代

ラッパ型蓄音機の
イングランド・ディスク・グラフォフォンです。

RnqV8R_mq9BbYQZ1561280558_1561280565[1]
TUkxJM0lt8pKyCs1561280531_1561280537[1]
N.S.COMPANY
ENGLAND DISC GRAPHOPHONE

d2hmMbhmq7uVR4Q1561280584_1561280590[1]
小ぶりの上品な蓄音機です。
英国製らしい、
落ち着いた良い雰囲気です。

dVvhEdgW4L9e0nE1562353536_1562353572[1]
wFIiTX8d7Yu4kDH1561280684_1561280701[1]
展示してある他の蓄音機と共に、
毎日ゼンマイモーターだけは
動かしているので、
100年モノでもみんな元気に動きます。
メンテの基本は数秒でも
動かすことです。
 
nvzEoCfvbkXV4Zf1561280928_1561280935[1]
クラシックの代表曲が楽しめる
ビクターのSP盤アルバム
「ホーム ライブラリイ」です。

パブロ・カザルスのチェロで、
「白鳥」と「楽興の時」を
鑑賞しました。

音楽の授業も、
こんな蓄音機でレコード鑑賞したら
楽しいかも知れません。


[広告 ] VPS


tGLFAPzJqtIochP1561280474_1561280486[1]
ラッパ型蓄音機
イングランド・ディスク・グラフォフォン

テーマ : クラシックレコード
ジャンル : 音楽

ダイヤトーン セットアップコンポ X-10 1980年製

ダイヤトーンの
セットアップコンポ
X-10です。

2ncDZblssxx_aTd1549791265_1549791270[1]
7iMJMYya9LM_ivp1549791240_1549791245[1]
DIATONE VERTICAL MUSIC CENTER
Setup Compo X-10

AwEu8EtpJJbkA451549791295_1549791300[1]
xysjleT6mm1mdGm1549791317_1549791323[1]
yu8UFWApznlzDhA1549791344_1549791349[1]
_BbDgjaOpiMnBn31549791371_1549791376[1]
誠実さが伝わってくる
知的なフロントデザインです。
製造後40年近くなりますが
シャープで力強い良い音を
聴かせてくれます。

iz1hlUz1qxf3Ebs1549791093_1549791102[1]
2R96nUZg6u2Tf5h1549791137_1549791142[1]
アームは2個のモーターで駆動します。
いつものように
100均の髪留め用のポリウレタンゴムで
代用します。
(2年位で劣化しますが交換が容易です)

五輪真弓の『残り火』(1978年)と
高橋真梨子の『蜃気楼』(1986年)を
鑑賞しました。

ダイナミックな歌声が
心地よく耳に残ります。


[広告 ] VPS


oHqdtm2HhDruwz11549791420_1549791425[1]
高橋真梨子と五輪真弓のシングル

雨の季節には
こちらの方が合うかも知れません。
高橋真梨子の『アフロディーテ』と
『デイブレイク』(1980年)です。
同じくX-10で再生しました。


[広告 ] VPS


ybqR4l5g1Ohs_881503656736_1503656754[1]
高橋真梨子のアルバム
「モノローグ」(1980年)

Oz0DdEuGkyLQSqk1549791165_1549791171[1]
ダイヤトーン X-10

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

ゼネラル・インダストリーズ社 フォノ・レコーダー (レコード・カッター) 1940年代

ゼネラル・インダストリーズ社の
フォノ・レコーダー(レコード・カッター)です。

lBkz4oV4ngeW5P11554361709_1554361714[1]
Uk_RBHi8ME3swK21554361208_1554361214[1]
6LF_EZzmR3e0ZXs1554361412_1554361418[1]
PrIxktydrU01wdp1554361577_1554361583[1]
General Industries
Phono Recorder

MlXvSb6xn3R6nZA1554361238_1554361243[1]
7aSjDoOtXpuf4zU1554361441_1554361446[1]
a4VctYGBrT61NAy1554361480_1554361486[1]
アンプが内蔵されているので、
この機器だけで
ラジオやマイクの音声を
ブランクディスクに直接録音できます。
取っ手付きのポータブルで
出張録音も可能です。
ただし、重いので片手で持って
階段を降りるのはやめましょう(笑)。

tqWssYETgZ3uCTA1554325440_1554325446[1]
tQHiBMSGhUV0Owr1554361508_1554361517[1]
mBc44O3_qAviYzd1554325296_1554325302[1]
重い録音装置の
負荷がかかったカッター針を
しっかり振動させるためには、
かなりハイパワーの増幅が必要です。

QQcPa024cb9FeHV1554325547_1554325553[1]
古い機器ですが、
丁寧に清掃し
ハンダの剥がれを修復すると、
正常に作動しました。

rhYraa6KPzcQkJM1554361546_1554361550[1]
珍しく再生用のピックアップ(鉄針専用)も
生きていました。

yl8I7kzZrXw8S601554361872_1554361876[1]
ジャンクのレーザーディスク(両面ディスク)を
大量に入手したので(20枚箱入り300円也)、
心置きなくカッティング実験してみました。

2qKVTq2C8US76_d1554361839_1554361845[1]
bK6fiSodP8Afyma1554361809_1554361813[1]
両面ディスクは厚みがあるため、
片面ディスクより針が深く入ります。
滑沢なコーティング面を超えたためか
ノイズが多くなりました。
低速(33回転)より高速(78回転)で
カッティングした方が、
針の引っかかりは少なく
音飛びが減ります。

FfysASPU5LMTl5x1554631878_1554631886[1]
中丸三千繪のソプラノで
歌劇「リナルド」第2幕より
『私を泣かせて下さい』をLDに録音し、
本体の再生用ピックアップで
再生しました。
本体の蓋がスピーカーになります。
まさにSP盤を聴いているような
レトロなサウンドになります。


[広告 ] VPS


70年の時間の経過を考えると、
ブランクディスの代用LDで
ここまでカッティングできれば、
本当に素晴らしいことです。

まだまだ遊べそうですが、
第一弾はこのくらいにしておきます。

oZ9TpPeu2njpOpY1554361746_1554361756[1]
ゼネラル・インダストリーズ社
フォノ・レコーダー(レコード・カッター)

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コロムビア ポータブル・プレーヤー GP-3 1980年代

コロムビアの
ポータブル・プレーヤー
GP-3です。

VlkVQkqxxEeiXr81557859841_1557859853[1]
l8KJXWDsm6KDOIj1557859620_1557859633[1]
COLUMBIA PORTABLE
PLAYER GP-3

M2B3NWYX_KftTG71557859527_1557859534[1]
aDyH2YCvDdO0V901557859759_1557859765[1]
使いやすいポータブルで、
シンプルですがしっかりした作りです。
ちょっとした隙間があれば
保管でき助かります。

jvSHtywaWqFaDoJ1557975801_1557975807[1]
内部もコロムビアらしく
きちんとしています。

7n_CIF6wwNFEm081557975760_1557975768[1]
1977年のコロムビアレコード
「テレビまんが うたとおはなしデラックス」から、
『とんちんかんちん一休さん』
『ははうえさま』を鑑賞しました。

06E_EWQSufjEoj71557859801_1557859814[1]
アニソンを聴くと、
瞬時に当時の生活が
蘇ります。
VRのゴーグルなどなくても、
リアルなパノラマ映像が
脳内に現れます(笑)。


[広告 ] VPS


オマケとして母さんつながりで、
『サスケのわらべうた かあさんのうた』も
入れておきます。
サスケが、
亡くなった母を回想するシーンに
流れていました。
美しい歌声で、サスケと母の
入浴シーンを使ったことで
より強烈に記憶されました(笑)。


[広告 ] VPS


AjOf71hTIj20Y5A1559159938_1559160120[1]
子どもがよく聴いたレコードは
盤もジャケットもボロボロです。

ToaKZSJmjN3phQi1560029641_1560029650[1]
先日、
京都国際マンガミュージアムに
行ってきました。
日本のマンガやアニメは
海外でも大人気です。
外国人の団体が、
途切れることなく次々に
やって来るのには本当に驚きました。
(2019年6月)

Cea78OXttcU4ADA1560029579_1560029588[1]
7wih8eXSns3HxUf1560108231_1560108237[1]
W4t_VH3UWxeAGED1560108205_1560108210[1]
gEm3Fns9PXsVtPQ1560108157_1560108175[1]
来館したマンガ家の手を
そのまま型取った石膏模型は
ユニークでした。

3W9hbK4_ANdxw171557859704_1557859720[1]
コロムビアの
ポータブル・プレーヤー GP-3

テーマ : アニソン・キャラソン
ジャンル : 音楽

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク